ハイイロチュウヒ

2017年3月21日 (火)

狩場のハイイロチュウヒ

今日の野鳥もハイイロチュウヒ♂です。

前回、陽炎に邪魔されて撮れなかったハイイロチュウヒでしたが、この日は曇り空のせいか気温も低く、風もあり、狩場の低空を飛翔して草叢に降り立つ姿を追いました。

Haiirotyuuhi201703077871

草叢に潜んでいたハイイロチュウヒは、いきなり飛立って、獲物を求めて狩場となった草叢の低空を滑空します。

Haiirotyuuhi201703078016

Haiirotyuuhi201703078017

そして、また、草叢の中に降り立ちますが、どうも、獲物を捕獲したようには思えません。

Haiirotyuuhi201703078030

暫くしてまた飛立って、

Haiirotyuuhi201703078117

Haiirotyuuhi201703078121

草叢に降り立つという行動パターンでしたが、10時過ぎには獲物を求めて他の狩場に飛立って行くようでした。

(撮影日:2017.03.07)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月20日 (月)

深山鴉に追われる灰色沢鵟

今日の野鳥はハイイロチュウヒです。

コミミズクが飛んだハイイロチュウヒの狩場では、我々の到着前に2羽のハイイロチュウヒの雄鳥が草叢の中に降り立ったそうですが、草丈が高くて見えません。

その内、20羽ほどのミヤマガラスの群が三々五々と集まりだし、なんと、ハイイロチュウヒを追い出しました。

Haiirotyuuhi201703077893

Haiirotyuuhi201703077894

Haiirotyuuhi201703077896

多勢に無勢、執拗なミヤマガラスの追跡に、ここは「逃げるが勝ち」と逃げ回りますが、

Haiirotyuuhi201703077907

機を見て反転し、

Haiirotyuuhi201703077908

群の1羽に襲い掛かります。そう、「攻撃は最大の防御」です。

Haiirotyuuhi201703077910

Haiirotyuuhi201703077912

Haiirotyuuhi201703077914

暫くバトルが続きましたが、曇天で撮影条件が悪く、劣悪な写真になってしまいました。

下は、上の写真の中のハイイロチュウヒの拡大です。背打ちの写真ですが、陽光が欲しい写真です。

Haiirotyuuhi201703077907z

Haiirotyuuhi201703077908z

Haiirotyuuhi201703077910z

Haiirotyuuhi201703077912z

ミヤマガラスは大陸から大群で渡って来る冬鳥ですが、勢力をどんどん伸ばしているそうです。 領空侵犯を繰り返す何処かの国の軍用機と見做すと、反撃するハイイロチュウヒはそれにスクランブルを掛ける自衛隊機でしょうか?(深い意味はありませんよ。)

(撮影日:2017.03.07)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年3月 7日 (火)

紺碧の空を舞う灰色沢鵟

今日の野鳥は、ハイイロチュウヒ灰色沢鵟)です。

先月末、天候を見計らって、館林、渡良瀬方面に猛禽類を撮りに出掛けてみました。狙いは、ハイイロチュウヒと、菜の花の土手を舞うコミミズクでした。

現地到着は8時過ぎでしたが、天気が良過ぎて、草原には陽炎が立ち、ハイイロチュウヒが飛んではくれたのですが、陽炎にピントを持って行かれて、皆さん、ボケボケの写真の量産状態。

諦めて引き上げるカメラマンも居る中、雄のハイイロチュウヒが上空を舞ってくれました。

下は、紺碧の空を舞うハイイロチュウヒ♂の雄姿です。

(クイックして大きな画像でご覧下さい。)

Haiirotyuuhi201702255036

Haiirotyuuhi201702255039

Haiirotyuuhi201702255052

Haiirotyuuhi201702255055

Haiirotyuuhi201702255067

Haiirotyuuhi201702255069

Haiirotyuuhi201702255076

Haiirotyuuhi201702255078

Haiirotyuuhi201702255083

存分に上空を旋回してくれた後、

Haiirotyuuhi201702255094

Haiirotyuuhi201702255096

滑るように遊水地の方角に飛んで行ってしまいました。

Haiirotyuuhi201702254972

これは、ハイイロチュウヒの雌鳥です。

(撮影日:2017.02.25)

全くの余談ですが、当ブログも本日を持ちまして8年目を迎えました。いつもこの拙いブログにアクセスしていただき大変有り難く思っております。 まだまだ頑張って鳥撮りに精進する所存ですので、今後とも、宜しくお願い致します。

2017.03.07  瑞鳥庵の住人

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年12月 7日 (水)

余裕でハイイロチュウヒを

今日の諫早湾干拓地の野鳥はハイイロチュウヒ♂です。

ナベコウを撮ったその足でハイイロチュウヒのポイントに戻りました。気持ちもなんとなく軽くて余裕綽々でした。

遠くを飛ぶハイイロチュウヒの雌鳥を追っていると、いきなりでした。

Haiirotyuuhi162020161115l

Haiirotyuuhi162420161115l

Haiirotyuuhi162520161115l

二人で陣取っていた隣の方の脇からハイイロチュウヒの♂が飛び出しました。 土手の背後から飛び出して来たのでした。

シャッターを押すのがやっと。手持ちで良かった!

Haiirotyuuhi162820161115l

Haiirotyuuhi162920161115l

至近で撮れたハイイロチュウヒ♂でした。

背後からと言えば、

Itachi094320161115

Itachi094420161115

土手の背後からイタチが出て来ました。

そして、これは、

Itachi094720161115

イタチの飛び物(?)です。happy01

Isahayakantakusunset243420161115

土手から望む夕日です。

明日もう一日。天気予報も晴れの予想。早朝からお昼まで、またこの土手で頑張ることにしました。

(撮影日:2016.11.15)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年12月 3日 (土)

諦めてハイイロチュウヒに

今日の諫早湾干拓地の野鳥は、ハイイロチュウヒです。

凄いタイトルでしょ?

ナベコウ探しの私にとっては、ハイイロチュウヒは順位が低かっただけです。

3日目の午前中もナベコウ探しは不発に終わり、泣く泣く(これは本当のことです。)ハイイロチュウヒのポイントへ。

土手の上で、北九州からのカメラマンさんにお会いし、暫し歓談しながらの撮影です。平日とあって二人だけでした。

Haiirotyuuhi088020161115l

朝方の霧も晴れ、ハイイロチュウヒが良く飛んでくれました。

Haiirotyuuhi088120161115l

Haiirotyuuhi089320161115l

Haiirotyuuhi088620161115l

Haiirotyuuhi089920161115l

雄も、そして、

Haiirotyuuhi159120161115l

Haiirotyuuhi160420161115l

Haiirotyuuhi160620161115l

Haiirotyuuhi161520161115l

雌も。

何て言う場所でしょうか!?、昼間からこんなハイイロチュウヒの飛翔姿が撮れるなんて、

諫早湾干拓地は凄いところです。・・・・・しかし、ナベコウが・・・・・。think

(撮影日:2016.11.15)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月29日 (月)

ハイイロチュウヒのメス?

オオモズを撮っている最中に、朝方ハイイロチュウヒのオスが飛び込んだ葦原の方角からチュウヒ類が一羽飛び出して、周りを旋回しました。

Haiirotyuuhi444220141224

隣に陣取った地元?のカメラマンが、「ハイチュウのメス!」 と叫びます。

Haiirotyuuhi444420141224

Haiirotyuuhi444620141224

朝方の狩りが終わっていないのか、葦原の上を隈なく旋回して、眼つきは戦闘モードです。

Haiirotyuuhi445720141224

「あーァ! ハイチュウのオスだったら良かったのに!」 とは贅沢でしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月27日 (月)

なんとか撮れたハイイロチュウヒ

今日は朝3時半に発って、鳥友達と3人でハイイロチュウヒの雄の撮影に再チャレンジしました。

夕刻、4時過ぎに塒入りの場所に陣取り、帰って来るチュウヒ類の群れを待ちましたが、3週間前と異なり4時半を廻っても姿が観えません。

殆んどシャッターが下ろせない程暗くなった5時前に、同行の友人が、一羽のハイイロチュウヒの雄を見付けてくれて、駄目元でシャッターを切った写真が下の写真です。2回目にしてやっと何とかハイイロチュウヒの雄の写真が撮れました。

Haiirotyuuhi4766

データ:2010年12月27日 16:48 ISO 3200 1/30 F 5.6

Tyuuhi4193

朝6時過ぎ、筑波山をバックに飛ぶ塒立ちをしたチュウヒ

Asahi5986

朝日が昇り、7時半過ぎまで待ちましたが、チュウヒ類の姿は殆んど観えませんでした。一説には、何かの理由で塒を替えたのかも知れません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

Greetings | その他 | アオアシシギ | アオゲラ | アオサギ | アオシギ | アオジ | アオバズク | アオバト | アカアシシギ | アカウソ | アカエリカイツブリ | アカエリヒレアシシギ | アカガシラサギ | アカゲラ | アカコッコ | アカショウビン | アカハシハジロ | アカハジロ | アカハラ | アカヒゲ | アジサシ | アトリ | アビ | アマサギ | アマツバメ | アマミコゲラ | アメリカウズラシギ | アメリカコガモ | アメリカコハクチョウ | アメリカヒドリ | アリスイ | イイジマムシクイ | イカル | イカルチドリ | イシガキシジュウカラ | イシガキヒヨドリ | イソシギ | イソヒヨドリ | イヌワシ | イワツバメ | イワヒバリ | インドクジャク | インドハッカ | ウグイス | ウズラ | ウズラシギ | ウソ | ウタツグミ | ウチヤマセンニュウ | ウトウ | ウミアイサ | ウミウ | ウミスズメ | ウミネコ | エゾビタキ | エゾフクロウ | エゾムシクイ | エトピリカ | エナガ | エリグロアジサシ | エリマキシギ | オオアカゲラ | オオアカハラ | オオアジサシ | オオカワラヒワ | オオコノハズク | オオジシギ | オオジュリン | オオセグロカモメ | オオセッカ | オオソリハシシギ | オオタカ | オオハクチョウ | オオハシシギ | オオハム | オオバン | オオヒシクイ | オオホシハジロ | オオマシコ | オオミズナギドリ | オオモズ | オオヨシキリ | オオルリ | オオワシ | オカヨシガモ | オグロシギ | オサハシブトガラス | オシドリ | オジロトウネン | オジロワシ | オナガ | オナガガモ | オナガドリ | オニアジサシ | オバシギ | オーストンオオアカゲラ | オーストンヤマガラ | カイツブリ | カケス | カササギ | カシラダカ | カッコウ | カナダヅル | カモメ | カヤクグリ | カラアカハラ | カラシラサギ | カラスバト | カラフトワシ | カラムクドリ | カルガモ | カワアイサ | カワウ | カワガラス | カワセミ | カワラヒワ | カンムリカイツブリ | カンムリワシ | ガビチョウ | キアシシギ | キガシラシトド | キクイタダキ | キジ | キジバト | キセキレイ | キタヤナギムシクイ | キバシリ | キバラガラ | キビタキ | キマユホオジロ | キマユムシクイ | キョウジョシギ | キョクアジサシ | キリアイ | キレンジャク | キンクロハジロ | キンバト | ギンザンマシコ | ギンムクドリ | クイナ | クサシギ | クビワキンクロ | クマゲラ | クマタカ | クロウタドリ | クロガモ | クロサギ | クロジ | クロツグミ | クロツラヘラサギ | クロヅル | ケアシノスリ | ケイマフリ | ケリ | コアオアシシギ | コアカゲラ | コアジサシ | コイカル | コウノトリ | コウライアイサ | コウライキジ | コオバシギ | コオリガモ | コガモ | コガラ | コクガン | コクマルガラス | コグンカンドリ | コゲラ | コサギ | コサメビタキ | コシアカツバメ | コシジロオオソリハシシギ | コジュケイ | コジュリン | コチドリ | コチョウゲンボウ | コノハズク | コハクチョウ | コブハクチョウ | コホオアカ | コマドリ | コミミズク | コムクドリ | コヨシキリ | コルリ | ゴイサギ | ゴジュウカラ | サカツラガン | ササゴイ | サシバ | サバクヒタキ | サバンナシトド | サメビタキ | サルハマシギ | サンカノゴイ | サンコウチョウ | サンショウクイ | シジュウカラ | シジュウカラガン | シチトウメジロ | シノリガモ | シベリアアオジ | シベリアオオハシシギ | シベリアハクセキレイ | シマアオジ | シマアカモズ | シマアジ | シマキンパラ | シマゴマ | シマセンニュウ | シマフクロウ | シメ | シラガホオジロ | シラコバト | シロエリオオハム | シロカモメ | シロガシラ | シロチドリ | シロハラ | シロハラクイナ | シロハラゴジュウカラ | シロハラホオジロ | ジュウイチ | ジョウビタキ | スイスの野鳥 | スズガモ | スズメ | ズアカアオバト | ズグロカモメ | ズグロミゾゴイ | セアカモズ | セイタカシギ | セキレイ(白化変異) | セグロカモメ | セグロサバクヒタキ | セグロセキレイ | セッカ | センダイムシクイ | ソウシチョウ | ソデグロヅル | ソリハシシギ | ソリハシセイタカシギ | タイミルセグロカモメ | タイワンハクセキレイ | タカサゴクロサギ | タカサゴモズ | タカブシギ | タゲリ | タシギ | タネコマドリ | タヒバリ | タマシギ | タンチョウ | ダイサギ | ダイシャクシギ | ダイゼン | チゴハヤブサ | チフチャフ | チュウサギ | チュウシャクシギ | チュウダイサギ | チュウヒ | チョウゲンボウ | チョウセンチョウゲンボウ | ツクシガモ | ツグミ | ツツドリ | ツバメ | ツバメチドリ | ツミ | ツメナガセキレイ | ツルシギ | テンニンチョウ | トウネン | トキ | トビ | トモエガモ | トラツグミ | トラフズク | ドバト | ナベコウ | ナベヅル | ニシオジロビタキ | ニシセグロカモメ | ニュウナイスズメ | ノグチゲラ | ノゴマ | ノジコ | ノスリ | ノハラツグミ | ノビタキ | ハイイロチュウヒ | ハイタカ | ハギマシコ | ハクガン | ハシビロガモ | ハシブトアジサシ | ハシブトガラ | ハシブトガラス | ハシボソミズナギドリ | ハジロカイツブリ | ハジロクロハラアジサシ | ハジロコチドリ | ハチクマ | ハチジョウツグミ | ハッカチョウ | ハマシギ | ハヤブサ | ハリスホーク(飼育) | バン | ヒガラ | ヒクイナ | ヒドリガモ | ヒバリ | ヒバリシギ | ヒメウ | ヒメクイナ | ヒヨドリ | ヒレンジャク | ビロードキンクロ | ビンズイ | フクロウ | フルマカモメ | ブッポウソウ | ヘラサギ | ベニヒワ | ベニマシコ | ホウロクシギ | ホオアカ | ホオジロ | ホオジロガモ | ホオジロハクセキレイ | ホシガラス | ホシハジロ | ホシムクドリ | ホトトギス | ホロホロチョウ(飼育) | ホントウアカヒゲ | マガモ | マガン | マキノセンニュウ | マナヅル | マヒワ | マミジロキビタキ | マミジロタヒバリ | マミチャジナイ | ミコアイサ | ミサゴ | ミソサザイ | ミゾゴイ | ミツユビカモメ | ミミカイツブリ | ミヤケコゲラ | ミヤコドリ | ミヤマガラス | ミヤマホオジロ | ミユビシギ | ムギマキ | ムクドリ | ムナグロ | ムネアカタヒバリ | ムラサキサギ | メジロ | メダイチドリ | メボソムシクイ | メリケンキアシシギ | モスケミソサザイ | モズ | ヤイロチョウ(飼育下) | ヤツガシラ | ヤブサメ | ヤマガラ | ヤマゲラ | ヤマシギ | ヤマセミ | ヤマドリ | ヤマヒバリ | ヤンバルクイナ | ユキホオジロ | ユリカモメ | ヨシガモ | ヨーロッパトウネン | ライチョウ | リュウキュウキジバト | リュウキュウキビタキ | リュウキュウコゲラ | リュウキュウコノハズク | リュウキュウサンショウクイ | リュウキュウツバメ | リュウキュウメジロ | リュウキュウヨシゴイ | ルリカケス | ルリビタキ | ワカケホンセイインコ | ワシカモメ | 倉敷フクロウの森 | 創作珍鳥 | 図鑑 | 年賀状 | 絵ぶたまつり | 羅臼のシャチ | 趣味