ハチジョウツグミ

2018年6月13日 (水)

舳倉島の鳥(ハチクマ他)

今日の舳倉島の野鳥は、ハチクマと、同じハチの付く亜種ハチジョウツグミです。

上空を注意していると、猛禽が渡って行くのを目にすることがあります。

Hachikuma201805169915

はるか上空を飛ぶ猛禽を捉えて、モニターで確認すると・・・

淡色型の綺麗なハチクマの雄鳥でした。

Hachikuma201805169917

運良く島の上空を旋回してくれたので、何とか、証拠写真は撮れました。

Hachikuma201805169918

Hachikuma201805169920

Hachikuma201805169921

Hachikuma201805169927

そして、下は、

夕暮れ時、民宿の東の電線に止まっていた亜種ハチジョウツグミです。

Hachijyoutsugumi201805161031

Hachijyoutsugumi201805161037

この子も綺麗な個体でしたが、電線から降り立った場所を探しても、なかなか見付けることは出来ませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月17日 (金)

こども自然公園のハチジョウツグミ

今日の野鳥は、亜種ハチジョウツグミです。

いつもはタイトルに場所の固有名詞の使用は避けるのですが、方々のブログに載り、既知の情報となっているようで・・・。

ハチジョウツグミには何回かお目に掛かっておりますが、8畳まで行かず、四畳半かせいぜい6畳止まり。今回は、かなり綺麗な個体との情報で、鳥友Sさんと出掛けてみました。

の老木を伐採されたのか、切り株の並ぶ斜面で、ハチジョウツグミは採餌をしていましたが、ボサの斜面で絵にならず、順光側に廻って切り株の上に止まる瞬間を待つことに。

そこに、只のツグミが遣って来て縄張り争いが始まり、ハチジョウツグミが只ツグミを追い遣った後に・・・、

なんと、、運良く、近くの切り株の上に止まりました。 願っても無いチャンス、否、願っていたシーンです。

Hachijyoutsugumi201702151911

こんなこともあるんですね。

Tsugumi201702151917

お隣でバトルを交わす只ツグミに感謝、感謝でした。

下は、芝の斜面で採餌するハチジョウツグミです。

Hachijyoutsugumi201702151908

Hachijyoutsugumi201702151922

Hachijyoutsugumi201702151950_2

7畳位ですかね?

公園に居た只ツグミを比較の参考にどうぞ。

Tsugumi201702151961

(撮影日:2017.02.15)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年2月26日 (水)

君は本当にハチジョウツグミ?

一昨日は、情報を貰っていた県央の公園に出ている亜種ハチジョウツグミを撮りに出掛けました。

この公園は、ハスカワで有名な小さな公園で、昨シーズンはアリスイでも賑わっていました。着くやいなや、少しふざけて、隣のカメラマンの方に、「何畳くらいの個体ですか?」と、鳥屋特有の冗談でもってお聞きすると、「白いだけで本当にハチジョウツグミでしょうか?」と期待薄の返事が帰って来ました。

Hachijyoutsugumi0116

斜面に出て来た個体は、ツグミの白色タイプの様に見えましたが、

Hachijyoutsugumi0125

胸の斑は確かに赤茶色ではあります。

Hachijyoutsugumi0159

亜種ツグミも、そして、亜種ハチジョウツグミも、羽色には変異が多いそうで、希望的に判断して、「四畳半ツグミ」よりも下位の「三畳ツグミ」とすることにして、早々に引き上げ、次なる湘南のポイントに珍客を求めて移動致しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 5日 (土)

藪の中のハチジョウツグミ

今日は久し振りに遠出をし、情報を貰っていた埼玉県のハチジョウツグミを撮りに行きました。

ツグミの亜種で、少数が渡来するそうですが、観るのは初めてでした。少し前までは餌付がされていて開けたところに出ていたそうですが、近くに棲むモズ♀に追われて小川を隔てた藪の中に回避してしまったとか。今日は10時頃から3時間ほど他の野鳥を撮りながら粘ってみましたが藪の外には出て来てくれませんでした。

そういう訳で、初見初撮りのハチジョウツグミは、枝被りばかりのしかも逆光の証拠写真に終わりました。

Hachijyoutsugumi9368

藪の中のほぼ同じ場所を繰り返し移動しながら、落葉を掻き分けて採餌をするハチジョウツグミ

Hachijyoutsugumi9411

喉から胸にかけての赤茶色の羽毛と下腹の白い羽毛のコントラストが綺麗です。

Hachijyoutsugumi9416

背はグレーで、スイスで観たノハラツグミに良く似ていました。 下の写真は、ハチジョウツグミを追いやったと聞いた近くに棲むモズの雌です。

Mozu9379

そして、小川の草むらにはイタチが棲んでいます。もしかしてイタチを警戒して開けたところに出てこないのかも?

Itachi9354

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

Birds of North America Greetings Unknown その他 アオアシシギ アオゲラ アオサギ アオシギ アオジ アオバズク アオバト アカアシカツオドリ アカアシシギ アカウソ アカエリカイツブリ アカエリヒレアシシギ アカオネッタイチョウ アカガシラカラスバト アカガシラサギ アカゲラ アカコッコ アカショウビン アカツクシガモ アカハシハジロ アカハジロ アカハラ アカヒゲ アジサシ アトリ アナドリ アビ アホウドリ アマサギ アマツバメ アマミコゲラ アメリカウズラシギ アメリカコガモ アメリカコハクチョウ アメリカヒドリ アリスイ イイジマムシクイ イカル イカルチドリ イシガキシジュウカラ イシガキヒヨドリ イスカ イソシギ イソヒヨドリ イヌワシ イワツバメ イワヒバリ インドクジャク インドハッカ ウグイス ウズラ ウズラシギ ウソ ウタツグミ ウチヤマセンニュウ ウトウ ウミアイサ ウミウ ウミスズメ ウミネコ エゾアカゲラ エゾビタキ エゾフクロウ エゾムシクイ エトピリカ エトロフウミスズメ エナガ エリグロアジサシ エリマキシギ オウチュウ オオアカゲラ オオアカハラ オオアジサシ オオカラモズ オオカワラヒワ オオクイナ オオグンカンドリ オオコノハズク オオシロハラミズナギドリ オオジシギ オオジュリン オオセグロカモメ オオセッカ オオソリハシシギ オオタカ オオトウゾクカモメ オオノスリ オオハクチョウ オオハシシギ オオハム オオバン オオヒシクイ オオホシハジロ オオマシコ オオミズナギドリ オオムシクイ オオモズ オオヨシキリ オオルリ オオワシ オカヨシガモ オガサワラノスリ オガサワラヒヨドリ オガサワラメジロ オグロシギ オサハシブトガラス オシドリ オジロトウネン オジロビタキ オジロワシ オナガ オナガガモ オナガドリ オナガミズナギドリ オニアジサシ オバシギ オーストンオオアカゲラ オーストンヤマガラ カイツブリ カケス カササギ カシラダカ カタグロトビ カッコウ カツオドリ カナダヅル カモメ カヤクグリ カラアカハラ カラシラサギ カラスバト カラフトワシ カラムクドリ カリガネ カルガモ カワアイサ カワウ カワガラス カワセミ カワラヒワ カンムリウミスズメ カンムリカイツブリ カンムリワシ ガビチョウ キアシシギ キガシラシトド キクイタダキ キジ キジバト キセキレイ キタツメナガセキレイ キタヤナギムシクイ キバシリ キバラガラ キビタキ キマユホオジロ キマユムシクイ キョウジョシギ キョクアジサシ キリアイ キレンジャク キンクロハジロ キンバト ギンザンマシコ ギンムクドリ クイナ クサシギ クビワキンクロ クマゲラ クマタカ クロアシアホウドリ クロアジサシ クロウタドリ クロガモ クロサギ クロジ クロツグミ クロツラヘラサギ クロヅル クロハラアジサシ ケアシノスリ ケイマフリ ケリ コアオアシシギ コアカゲラ コアジサシ コアホウドリ コイカル コウノトリ コウライアイサ コウライウグイス コウライキジ コオバシギ コオリガモ コガモ コガラ コクガン コクマルガラス コグンカンドリ コゲラ コサギ コサメビタキ コシアカツバメ コシジロオオソリハシシギ コシャクシギ コジュケイ コジュリン コチドリ コチョウゲンボウ コノハズク コハクチョウ コブハクチョウ コホオアカ コマドリ コマミジロタヒバリ コミミズク コムクドリ コヨシキリ コルリ ゴイサギ ゴジュウカラ サカツラガン ササゴイ サシバ サバクヒタキ サバンナシトド サメビタキ サルハマシギ サンカノゴイ サンコウチョウ サンショウクイ シジュウカラ シジュウカラガン シチトウメジロ シノリガモ シベリアアオジ シベリアオオハシシギ シベリアジュリン シベリアハクセキレイ シマアオジ シマアカモズ シマアジ シマエナガ シマキンパラ シマゴマ シマセンニュウ シマフクロウ シメ シラオネッタイチョウ シラガホオジロ シラコバト シロアジサシ シロエリオオハム シロカモメ シロガシラ シロチドリ シロハラ シロハラクイナ シロハラゴジュウカラ シロハラホオジロ シロハラミズナギドリ ジュウイチ ジョウビタキ スイスの野鳥 スズガモ スズメ ズアカアオバト ズグロカモメ ズグロチャキンチョウ ズグロミゾゴイ セアカモズ セイタカシギ セキレイ(白化変異) セグロカモメ セグロサバクヒタキ セグロセキレイ セッカ センダイムシクイ ソウシチョウ ソデグロヅル ソリハシシギ ソリハシセイタカシギ タイミルセグロカモメ タイワンハクセキレイ タイワンヒヨドリ タカサゴクロサギ タカサゴモズ タカブシギ タゲリ タシギ タネコマドリ タヒバリ タマシギ タンチョウ ダイサギ ダイシャクシギ ダイゼン チゴハヤブサ チゴモズ チフチャフ チュウサギ チュウシャクシギ チュウダイサギ チュウヒ チョウゲンボウ チョウセンチョウゲンボウ チョウセンメジロ ツクシガモ ツグミ ツツドリ ツバメ ツバメチドリ ツミ ツメナガセキレイ ツルシギ テンニンチョウ トウゾクカモメ トウネン トキ トビ トモエガモ トラツグミ トラフズク ドバト ナベコウ ナベヅル ニシオジロビタキ ニシセグロカモメ ニュウナイスズメ ノグチゲラ ノゴマ ノジコ ノスリ ノハラツグミ ノビタキ ハイイロオウチュウ ハイイロチュウヒ ハイイロヒレアシシギ ハイイロミズナギドリ ハイタカ ハギマシコ ハクガン ハシナガウグイス ハシビロガモ ハシブトアジサシ ハシブトウミガラス ハシブトガラ ハシブトガラス ハシボソガラス ハシボソミズナギドリ ハジロカイツブリ ハジロクロハラアジサシ ハジロコチドリ ハチクマ ハチジョウツグミ ハッカチョウ ハマシギ ハヤブサ ハリオアマツバメ ハリスホーク(飼育) バン ヒガラ ヒクイナ ヒシクイ ヒドリガモ ヒバリ ヒバリシギ ヒメアマツバメ ヒメイソヒヨ ヒメウ ヒメクイナ ヒヨドリ ヒレンジャク ビロードキンクロ ビンズイ フクロウ フルマカモメ ブッポウソウ ヘラサギ ベニアジサシ ベニヒワ ベニマシコ ホウロクシギ ホオアカ ホオジロ ホオジロガモ ホオジロハクセキレイ ホシガラス ホシハジロ ホシムクドリ ホトトギス ホロホロチョウ(飼育) ホントウアカヒゲ マガモ マガン マキノセンニュウ マナヅル マヒワ マミジロ マミジロキビタキ マミジロタヒバリ マミジロツメナガセキレイ マミチャジナイ ミコアイサ ミサゴ ミソサザイ ミゾゴイ ミツユビカモメ ミフウズラ ミミカイツブリ ミヤケコゲラ ミヤコドリ ミヤマカケス ミヤマガラス ミヤマホオジロ ミユビシギ ムギマキ ムクドリ ムナグロ ムネアカタヒバリ ムラサキサギ メグロ メジロ メジロガモ メダイチドリ メボソムシクイ メリケンキアシシギ モスケミソサザイ モズ ヤイロチョウ ヤイロチョウ(飼育下) ヤツガシラ ヤブサメ ヤマガラ ヤマゲラ ヤマシギ ヤマセミ ヤマドリ ヤマヒバリ ヤンバルクイナ ユキホオジロ ユリカモメ ヨシガモ ヨタカ ヨナグニカラスバト ヨーロッパトウネン ライチョウ リュウキュウアカショウビン リュウキュウキジバト リュウキュウキビタキ リュウキュウコゲラ リュウキュウコノハズク リュウキュウサンコウチョウ リュウキュウサンショウクイ リュウキュウツバメ リュウキュウヒヨドリ リュウキュウメジロ リュウキュウヨシゴイ ルリカケス ルリビタキ ワカケホンセイインコ ワシカモメ 三宅島 下甑島 伊豆沼・蕪栗沼 倉敷フクロウの森 創作珍鳥 図鑑 大洗~苫小牧航路 奄美大島 宮古島 小笠原 年賀状 掛川花鳥園 東京~八丈島航路 沖縄 短歌 石垣・与那国島 石垣・西表島 絵ぶたまつり 羅臼のシャチ 舳倉島 蜻蛉 趣味 雨遊庵 鯨類&海獣 鵜飼