エナガ

2024年3月 6日 (水)

ハゼノキの残り実に来たエナガ

オシドリを撮った翌日、また撮影機材の慣らしにダム湖畔に行くと、

Enaga202402280255

3日前にメジロが遣って来ていた同じハゼノキの残り実に、エナガが来ていました。

Enaga202402280257

背景の杉木立に朝日が当たり、露出補正が必要でしたが、

Enaga202402280259

撮影後に現像ソフトで調整しました。

Enaga202402280261 Enaga202402280262

先日の風雨でさすがの残り実も落ちてしまったようです。

老木のハゼノキですが、沢山の実を生らしてくれる様、また来季に期待しましょう。

| | | コメント (0)

2024年2月17日 (土)

ハゼノキに遣って来た小鳥達

例年だと、湖畔に生えるハゼノキには、その実を求めて色々な野鳥が遣って来ます。

昨季まではシロハラアオゲラも姿を見せていましたが、今季はお目に掛れない。

シロハラは居ることは居るようですが、個体数が極端に少ない。

留鳥のアオゲラは、昨年、近くに羽根が落ちていたと、同郷の鳥友が見せてくれましたが、多分、ハイタカに遣られたのかも知れません。

そんな中、ハゼノキの実に遣って来たのは、

Enaga202402123500s

数羽のエナガでした。

Enaga202402123447Enaga202402123497

種の周りの果皮を啄んでいました。

Enaga202402123411

そしてこれは、風でブッシュに引っ掛ったハゼノキの実を突くエナガ

Enaga202402123414

コツコツと音がする上を観ると、

Kogera202402123456

コゲラも遣って来ていました。

Kogera202402123466s Kogera202402123467

間もなく実も無くなるでしょうが、メジロの姿がありませんでした。

| | | コメント (0)

2023年3月 8日 (水)

キャンプ場公園の野鳥達

今日は、ノドアカツグミを撮りに行った帰りに寄ったキャンプ場公園の野鳥達です。

夕暮れまでにはまだ時間があり、前日に関東の鳥友から有名な連雀のポイントにヒレンジャクが入ったとの連絡を貰っていて、以前このキャンプ場公園にもヒレンジャクキレンジャクが大挙して遣って来たことを思い出し寄ってみました。

連雀どころか野鳥の姿も少なかったのですが、それでも、薄暗くなった公園内には、

Ruribitaki202302244019

ルリビタキの雄鳥や、

Binzui202302244028

ビンズイ

Enaga202302244041

エナガや、

Kogera202302244045

コゲラや、

Yamagara202302244035Yamagara202302244046

ヤマガラなどのカラの混群の姿がありました。

今年は連雀の当たり年であって欲しいものです。

| | | コメント (0)

2023年2月14日 (火)

ダム湖畔のその他の野鳥

ダム湖畔のルリビタキの出るポイントでは、昨冬季、クマタカまで入れて37種の野鳥を観察致しました。

今季はハゼノキの実も無く、余り鳥種の期待は出来ませんが、それでも、

Aoji202302051836 Aoji202302051845

アオジの雄鳥や、

Enaga202302052028Enaga202302052034

エナガの群や、

そして、

Miyamahoojiro202302041431Miyamahoojiro202302041437

ミヤマホオジロの雄鳥も出て来てくれました。

| | | コメント (0)

2022年3月 4日 (金)

ハゼノキの実は無くなったけれど

ハゼノキにあれほど残っていた実はすっかり無くなってしまいましたが、ルリビタキのポイントはまだまだ多くの野鳥達で賑わっています。

地主のルリビタキの雄鳥は落ちたハゼノキの実を拾って食べていました。

下は、やっと撮れたハゼノキの実の黄色い核を吐き出すところです。

Ruribitaki202202099191 Ruribitaki202202099192

そして、偶に雌鳥が、

Ruribitaki202202099242

雄鳥が止まる苔生した切り株に出て来ます。

雄鳥が追い払わないのは出来ている証拠でしょうか?(笑)

Ruribitaki202202099268

いつもの枝先に止まる雄鳥。

そしてこの枝先にも

Ruribitaki202202099277 Ruribitaki202202099281

雌鳥が止まる様になりました。やはり出来ている?(笑)

下はブッシュの縁に出て来たアオジ

Aoji202202099233

雄鳥と、

Aoji202202099265

雌鳥です。

Miyamahoojiro202202159330

そして、ミヤマホオジロの群も回って来て、

Enaga202202099275

エナガの群が落ちた実を食べにまだ遣って来ます。

| | | コメント (0)

2022年2月18日 (金)

そして、ハゼノキの実は無くなった。

今日のダム湖畔の野鳥は、度々登場のエナガです。

寒波到来で強風と降雪の荒天が続いた月の変わり目を経て、久し振りにダム湖畔のルリビタキのポイントを訪ねてみました。

なんと、あれほどたわわに生っていたハゼノキの実が殆どありません。万羽アトリでも来たのでしょうか?

多分、連日の暴風雪により落ちてしまったのでしょう。

この場も今季はこれで終了かと、暫し佇んでいると・・・・・

上空からいつものエナガの20羽程の群が、ブッシュの上にパラパラと降って来ました。実のないハゼノキの枝先には止まりません。

よく見ると、

Enaga202202027564 Enaga202202027565

ブッシュの上に引っ掛ったハゼノキの実を啄んでいます。

周囲を見渡すと、

Hazenokinomi202202027746

イタドリの枯れ枝にも

Hazenokinomi202202027749

枯れた立木にも、そこら中に引っ掛っています。

そして、ハゼノキの下の山道は

Hazenokinomi202202027742

種で一杯でした。

| | | コメント (0)

2022年2月15日 (火)

山手のブッシュから撮った野鳥達

今日のダム湖畔の野鳥は、山手のブッシュに隠れて狙った野鳥達です。

Aoji202201287288 Aoji202201287293

これは、なかなか撮れなかったアオジの雄鳥。

Yamagara202201287153 Yamagara202201287286

ご存じのヤマガラ

Enaga202201287275s

そして、いつものエナガ

アオゲラでも出てくれないかと期待したのですが、常連達ばかりで、余りブラインド効果はありませんでした。(汗)

そしてこの日は、

Mahiwa202201287171 Mahiwa202201287196

久し振りに、遠くの高木の枝先にマヒワの小群が現れました。

| | | コメント (0)

2022年2月 1日 (火)

エナガは間も無く繁殖期?

今日のダム湖畔の野鳥は、度々登場のエナガです。

いつも十数羽の群で雨が降る様にウルシの木に降り立つエナガですが、このところ少し行動が変わって来ました。

Enaga202201226317 Enaga202201226449

いつもの様にウルシの実を啄むのですが、

Enaga202201226475

枯れ枝の先を啄んだり、

Enaga202201226468

この様な二羽での行動が目立ち始めました。

Enaga202201226476 Enaga202201226479 Enaga202201226480 Enaga202201226481

この二羽は、腹が足りたのかウルシの実には見向きもせず、何やら地衣類の付いた枝を物色していて、

Enaga202201226482 Enaga202201226483 Enaga202201226492

仲良く枝の股を覗いていました。

Enaga202201226496

エナガの繁殖期は早く、今月中には営巣が始まり、来月には雛の姿が観えるでしょう。ひょっとして、この二羽はペアで、これから営巣場所を探すのかも知れませんね。

Enaga202201226539

これは、左足でウルシの実を掴んだところです。(笑)

| | | コメント (0)

2022年1月29日 (土)

ウルシの実に来たエナガ(再々)

今日のダム湖畔の野鳥は、再々登場のエナガシジュウカラコゲラです。

Enaga202201196153

この日もカラの混群が遣って来て、日を追うごとに徐々に少なくなってゆくウルシの実を食べて行きました。

Enaga202201196194 Enaga202201196206s

上下でつながった二羽のエナガや、

Enaga202201196211

青空バックに枝先の実にぶら下る姿も撮らせてくれました。

Kogera202201196142s

これはご存じコゲラです。

この日も単独でした。

| | | コメント (0)

2022年1月20日 (木)

ウルシの実に来るエナガ(再)

今日のダム湖畔の野鳥は、再登場のエナガです。

青空バックで日の当たるウルシの実に来たエナガを連写です。

Enaga202201085229 Enaga202201085256

実にぶら下るエナガ。撮りたかったシーンです。

Enaga202201085268 Enaga202201085307 Enaga202201085322

エナガの繁殖期は早く、多分、老母の介護とコロナで春先も郷里で過ごすことになりそうですので、久し振りにこのダム湖畔で「エナガ団子」でも観てみたいものですね。

下は、飛び立ちの連写。

Enaga202201085338 Enaga202201085339 Enaga202201085340

群でやって来て、その内の一羽が飛び去ると一斉に後を追う様に行ってしまいます。

| | | コメント (0)

その他のカテゴリー

Birds of North America Greetings Unknown その他 アオアシシギ アオゲラ アオサギ アオシギ アオジ アオハライソヒヨドリ アオバズク アオバト アカアシカツオドリ アカアシシギ アカウソ アカエリカイツブリ アカエリヒレアシシギ アカオネッタイチョウ アカガシラカラスバト アカガシラサギ アカゲラ アカコッコ アカショウビン アカツクシガモ アカハシハジロ アカハジロ アカハラ アカハラダカ アカヒゲ アジサシ アトリ アナドリ アビ アホウドリ アマサギ アマツバメ アマミコゲラ アマミヒヨドリ アマミヤマシギ アメリカウズラシギ アメリカコガモ アメリカコハクチョウ アメリカヒドリ アリスイ イイジマムシクイ イカル イカルチドリ イシガキシジュウカラ イシガキヒヨドリ イスカ イソシギ イソヒヨドリ イヌワシ イワツバメ イワヒバリ インドクジャク インドハッカ ウグイス ウズラ ウズラシギ ウソ ウタツグミ ウチヤマセンニュウ ウトウ ウミアイサ ウミウ ウミスズメ ウミネコ エゾアカゲラ エゾビタキ エゾフクロウ エゾムシクイ エトピリカ エトロフウミスズメ エナガ エリグロアジサシ エリマキシギ オウチュウ オオアカゲラ オオアカハラ オオアジサシ オオカラモズ オオカワラヒワ オオクイナ オオグンカンドリ オオコノハズク オオシロハラミズナギドリ オオジシギ オオジュリン オオセグロカモメ オオセッカ オオソリハシシギ オオタカ オオトウゾクカモメ オオトラツグミ オオノスリ オオハクチョウ オオハシシギ オオハム オオバン オオヒシクイ オオホシハジロ オオマガン オオマシコ オオミズナギドリ オオムシクイ オオモズ オオヨシキリ オオルリ オオワシ オカヨシガモ オガサワラノスリ オガサワラヒヨドリ オガサワラメジロ オグロシギ オサハシブトガラス オシドリ オジロトウネン オジロビタキ オジロワシ オナガ オナガガモ オナガドリ オナガミズナギドリ オニアジサシ オバシギ オーストンオオアカゲラ オーストンヤマガラ カイツブリ カケス カササギ カシラダカ カタグロトビ カッコウ カツオドリ カナダヅル カモメ カヤクグリ カラアカハラ カラシラサギ カラスバト カラフトビンズイ カラフトムジセッカ カラフトワシ カラムクドリ カリガネ カルガモ カワアイサ カワウ カワガラス カワセミ カワラヒワ カンムリウミスズメ カンムリカイツブリ カンムリワシ ガビチョウ キアシシギ キガシラシトド キクイタダキ キジ キジバト キセキレイ キタツメナガセキレイ キタヤナギムシクイ キバシリ キバラガラ キビタキ キマユホオジロ キマユムシクイ キョウジョシギ キョクアジサシ キリアイ キレンジャク キンクロハジロ キンバト ギンザンマシコ ギンムクドリ クイナ クサシギ クビワキンクロ クマゲラ クマタカ クロアシアホウドリ クロアジサシ クロウタドリ クロガモ クロサギ クロジ クロツグミ クロツラヘラサギ クロヅル クロハラアジサシ ケアシノスリ ケイマフリ ケリ コアオアシシギ コアカゲラ コアジサシ コアホウドリ コイカル コウノトリ コウライアイサ コウライウグイス コウライキジ コオバシギ コオリガモ コガモ コガラ コクガン コクマルガラス コグンカンドリ コゲラ コサギ コサメビタキ コシアカツバメ コシジロオオソリハシシギ コシャクシギ コジュケイ コジュリン コチドリ コチョウゲンボウ コノドジロムシクイ コノハズク コハクチョウ コブハクチョウ コホオアカ コマドリ コマミジロタヒバリ コミミズク コムクドリ コモンシギ コヨシキリ コリンウズラ コルリ ゴイサギ ゴジュウカラ サカツラガン ササゴイ サシバ サバクヒタキ サバンナシトド サメビタキ サルハマシギ サンカノゴイ サンコウチョウ サンショウクイ シジュウカラ シジュウカラガン シチトウメジロ シノリガモ シベリアアオジ シベリアオオハシシギ シベリアジュリン シベリアハクセキレイ シマアオジ シマアカモズ シマアジ シマエナガ シマキンパラ シマゴマ シマセンニュウ シマフクロウ シメ シラオネッタイチョウ シラガホオジロ シラコバト シロアジサシ シロエリオオハム シロカモメ シロガシラ シロチドリ シロハラ シロハラクイナ シロハラゴジュウカラ シロハラホオジロ シロハラミズナギドリ ジャワアカガシラサギ ジュウイチ ジョウビタキ スイスの野鳥 スズガモ スズメ ズアカアオバト ズグロカモメ ズグロチャキンチョウ ズグロミゾゴイ セアカモズ セイタカシギ セキレイ(白化変異) セグロカッコウ セグロカモメ セグロサバクヒタキ セグロセキレイ セッカ センダイムシクイ ソウシチョウ ソデグロヅル ソリハシシギ ソリハシセイタカシギ タイミルセグロカモメ タイワンハクセキレイ タイワンヒヨドリ タカサゴクロサギ タカサゴモズ タカブシギ タゲリ タシギ タネコマドリ タヒバリ タマシギ タンチョウ ダイサギ ダイシャクシギ ダイゼン チゴハヤブサ チゴモズ チフチャフ チュウサギ チュウシャクシギ チュウダイサギ チュウヒ チョウゲンボウ チョウセンチョウゲンボウ チョウセンメジロ ツクシガモ ツグミ ツツドリ ツバメ ツバメチドリ ツミ ツメナガセキレイ ツルシギ テンニンチョウ トウゾクカモメ トウネン トキ トビ トモエガモ トラツグミ トラフズク ドバト ナベコウ ナベヅル ニシオジロビタキ ニシセグロカモメ ニュウナイスズメ ノグチゲラ ノゴマ ノジコ ノスリ ノドアカツグミ ノハラツグミ ノビタキ ハイイロオウチュウ ハイイロガン ハイイロチュウヒ ハイイロヒレアシシギ ハイイロミズナギドリ ハイタカ ハギマシコ ハクガン ハクセキレイ ハシナガウグイス ハシビロガモ ハシビロガモ(白化個体) ハシブトアジサシ ハシブトウミガラス ハシブトガラ ハシブトガラス ハシボソガラス ハシボソミズナギドリ ハジロカイツブリ ハジロクロハラアジサシ ハジロコチドリ ハチクマ ハチジョウツグミ ハッカチョウ ハマシギ ハマヒバリ ハヤブサ ハリオアマツバメ ハリオシギ ハリスホーク(飼育) バライロムクドリ バン ヒガラ ヒクイナ ヒシクイ ヒドリガモ ヒバリ ヒバリシギ ヒメアマツバメ ヒメイソヒヨ ヒメウ ヒメクイナ ヒメハジロ ヒヨドリ ヒレンジャク ビロードキンクロ ビンズイ フクロウ フルマカモメ ブッポウソウ ヘラサギ ベニアジサシ ベニバト ベニヒワ ベニマシコ ホウロクシギ ホオアカ ホオジロ ホオジロガモ ホオジロハクセキレイ ホシガラス ホシハジロ ホシムクドリ ホトトギス ホロホロチョウ(飼育) ホントウアカヒゲ マガモ マガン マキノセンニュウ マキバタヒバリ マナヅル マヒワ マミジロ マミジロキビタキ マミジロタヒバリ マミジロツメナガセキレイ マミチャジナイ ミコアイサ ミサゴ ミソサザイ ミゾゴイ ミツユビカモメ ミフウズラ ミミカイツブリ ミヤケコゲラ ミヤコドリ ミヤマカケス ミヤマガラス ミヤマホオジロ ミヤマホオジロ(部分白化) ミユビシギ ムギマキ ムクドリ ムナグロ ムネアカタヒバリ ムラサキサギ メグロ メジロ メジロガモ メダイチドリ メボソムシクイ メリケンキアシシギ モスケミソサザイ モズ ヤイロチョウ ヤイロチョウ(飼育下) ヤツガシラ ヤドリギツグミ ヤブサメ ヤマガラ ヤマゲラ ヤマシギ ヤマセミ ヤマドリ ヤマヒバリ ヤンバルクイナ ユキホオジロ ユリカモメ ヨシガモ ヨタカ ヨナグニカラスバト ヨーロッパトウネン ヨーロッパムナグロ ライチョウ リュウキュウアカショウビン リュウキュウキジバト リュウキュウキビタキ リュウキュウコゲラ リュウキュウコノハズク リュウキュウサンコウチョウ リュウキュウサンショウクイ リュウキュウツバメ リュウキュウハシブトガラス リュウキュウヒヨドリ リュウキュウメジロ リュウキュウヨシゴイ ルリカケス ルリビタキ ワカケホンセイインコ ワシカモメ 三宅島 三重県中勢地域 下甑島 九州 伊豆沼・蕪栗沼 倉敷フクロウの森 創作珍鳥 哺乳類 図鑑 大洗~苫小牧航路 奄美大島 宮古島 小笠原 年賀状 手料理 掛川花鳥園 撮影機材 昆虫 東京~八丈島航路 沖縄 爬虫類 短歌 石垣・与那国島 石垣・西表島 粟国島 絵ぶたまつり 羅臼のシャチ 舳倉島 蜻蛉 趣味 釣り 雨遊庵 魚類 鯨類&海獣 鵜飼