ベニマシコ

2022年3月11日 (金)

赤いベニマシコも居た

今日のダム湖畔の野鳥は、再登場のベニマシコです。

アオジの番が抜けて行った沢筋の端に赤い小鳥の姿が!

1か月前に湖畔の広場のブッシュで見掛けたベニマシコです。

Benimashiko202202239628

それも、その時は確認出来なかった赤い雄鳥です。

下は拡大した連写の写真です。

Benimashiko20220223z9628 Benimashiko20220223z9629 Benimashiko20220223z9634 Benimashiko20220223z9636

ブッシュの中に飛び込んだ後を追って探すと、

Benimashiko202202239639

込み入った枝先にその姿がありました。

| | | コメント (0)

2022年2月 9日 (水)

そして、ベニマシコも

今日のダム湖畔の野鳥は、ベニマシコです。

広場のブッシュの中でうごめく小さな鳥が・・・・・

Benimashiko202201256689

何と、ベニマシコではありませんか!

Benimashiko202201256694

右下が雌鳥で左上が第1回冬羽の雄鳥でしょうか?

2年前に湖畔で逢ったあの赤い雄鳥に出会いたいものです。

この後、例のルリビタキのポイントに向かいました。

| | | コメント (0)

2020年2月 8日 (土)

ダム湖畔に居たベニマシコ

今日のダム湖畔の野鳥はベニマシコです。

ホオジロに混じって湖畔のブッシュを飛び回る赤い小鳥を目にしました。まさか?

Benimashiko202002041874

いや、何とベニマシコの雄鳥でした。郷里で観るのは初めてです。

Benimashiko202002041935

半逆光下でのベニマシコでしたが何とか。「紅猿子」の名がピッタリの写真でしょ?

Benimashiko202002041981

距離はあり、バックは日の当たらない湖畔の対面。補正してもこれが限界でした。

そして、湖畔を散策していると、

Benimashiko202002042021

今度は日向にベニマシコの雌鳥が現れました。

Benimashiko202002042029Benimashiko202002042031

すぐに飛ばれてしまいましたが、飛んで行った先には数羽の雌の群れが居て、

Benimashiko202002042067Benimashiko202002042069

こんな可愛い姿を撮らせてくれました。

よく見ると右足に金属の足環をしています。かわいそうに何処かのバンディングで捕まったのでしょうかね。

| | | コメント (0)

2019年12月 5日 (木)

やっと会えたのはベニマシコ

今日の野鳥はベニマシコです。

昨日は家事を終えて県北のダム湖の林道へ向かいました。着いた鉄橋の上には黄葉熊鷹狙いのCMが6、7名も居られ、今しがた北の稜線を舞ったとか。

小鳥狙いの私はいつもの冬鳥のポイントへ。しかし、CMの数は多いものの鳥影は無し。久し振りにお会いした知人と他所の情報交換をして引き上げようとすると、ベニマシコが出たとの知らせ。

Benimashiko201912049362s

いつもの日陰の斜面に雌雄2羽のベニマシコが出ていて、いつものように大枝被り。

Benimashiko201912049256Benimashiko201912049328Benimashiko201912049332Benimashiko201912049342

CM5,6人で譲り合いながら、草木の枝の隙間から狙います。

下は、ストレッチを見せてくれた雄のベニマシコ

Benimashiko201912049388

尾羽の次は、

Benimashiko201912049391Benimashiko201912049392

右翼でした。

Benimashiko201912049402

暖冬で出が悪いとはダム湖畔をフィールドにされているさんの話でしたが、やっと撮れたのは被り物無しではなかなか撮れないこのベニマシコだけでした。

| | | コメント (0)

2019年1月 4日 (金)

鳥影の少ない林道に居たベニマシコ

今日の野鳥も、暮の在庫の中からのベニマシコです。

世間では御用納めとか言う暮れの日に、野鳥を求めて県央のダム湖畔の林道に行ってみました。

着いた橋の上には、クマタカ狙いのCMが5、6人。 カップラーメン等を食べて長期戦の兵も。その後ろを抜けて林道へと徘徊の歩みを進めました。

同じく徘徊する(?)同類のCMは多いものの、鳥が居ません。

Benimashiko201812281075

居たのはこのベニマシコの番。

Benimashiko201812281004

後ろの枯れ草の円弧が面白くてアングルを換えましたが、今一でした。

Benimashiko201812281018s

Benimashiko201812281090

Benimashiko201812280983

Benimashiko201812280918

Benimashiko201812281094

枝被りを回避しながら暫く撮って、引き上げました。

下は、ベニマシコ♂の尾羽を広げたバックの姿です。

Benimashiko201812281107

居たのは、ルリビタキジョウビタキエナガシジュウカラ、それに、アトリの群ぐらい。今季は小鳥が少ない?

(撮影日:2018.12.28)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月25日 (火)

葦原のベニマシコ

今日はクリスマス。 Greeting Card  は先日掲載していましたので、何か赤い鳥でもと思い、今日の「伊豆沼・蕪栗沼シリーズ」の野鳥は、ベニマシコと致しました。

既に方々からベニマシコの情報が入ってくる今日この頃ですが、伊豆沼、蕪栗沼の葦原にもその可愛い姿がありました。

下は、伊豆沼の観察センター側の葦原に出たベニマシコ♂です。

Benimashiko201812099608

逆光でしたが、

Benimashiko201812099615

Benimashiko201812099619

何とか・・・。

そして下は、蕪栗沼のブッシュで、

Benimashiko201812089286

Benimashiko201812089289

セイタカアワダチソウの花に止まるベニマシコ♂と、

Benimashiko201812089321

土手の潅木の頂に出たベニマシコ

やはり赤い鳥はツアー客の女性陣にも人気がありました。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月16日 (金)

1羽で居たベニマシコ

今日の野鳥はベニマシコ♂です。

氷上のルリビタキを狙って訪れた谷間の斜面に、1羽の赤いベニマシコの雄鳥が出て来ました。

Benimashiko201802098754s

2週間前に雪の林道で会ったばかりですが、ここでまた会うとは、今季は多いのかな?

それとも、大雪のせいなのかな?

Benimashiko201802098836

Benimashiko201802098881

Benimashiko201802098930

青いルリビタキ♂を追いながら、赤いベニマシコ♂を追うと言った、まさに一石二鳥の撮影行でした。

(撮影日:2018.02.09)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 3日 (土)

採餌する雌雄のベニマシコ

今日の野鳥もベニマシコです。

雪の林道のベニマシコは、枝被りが少なく、お蔭様でショット数が上がりました。

ベストショットとは行きませんでしたが、残りの写真を「採餌する雌雄のベニマシコ」と題して掲載致します。

Benimashiko201801277197s

先ずは苦心したコントラストの強い一枚から。

Benimashiko201801277360

山吹の小さな芽を食べるベニマシコの雌鳥。

Benimashiko201801277403

Benimashiko201801277406

シックな冬羽の雄鳥。

Benimashiko201801277446

Benimashiko201801277457

Benimashiko201801277501

食べているのは一年草の種子の様ですが名前が分かりません。

Benimashiko201801277490

Benimashiko201801277494

餌に取り付く姿を観ていると、「猿子」と名付けた由来が分かる様な気がします。

(撮影日:2018.01.27)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 2日 (金)

日向の枝先に出て来たベニマシコ

今日の野鳥はベニマシコです。

積雪の残る林道脇のブッシュに、雄鳥2羽、雌鳥3羽のベニマシコが居て、

Benimashiko201801277316

いつも枝被りばかりのベニマシコでしたが、珍しく、日向の潅木の枝先に出て来てくれました。

Benimashiko201801276541

小さな芽をつけた山吹の細い枝先に出て来たベニマシコの雌鳥。

Benimashiko201801276592

赤い雄鳥も好いですが、シックな装いの雌鳥もなかなかのものです。 英名の Long-tailed Rosefinch が示す様に、長い尾羽が特徴ですね。

Benimashiko201801277102

Benimashiko201801277086

何の木なのか分かりませんが、青空バックに雌雄見上げの写真です。

Benimashiko201801277285

Benimashiko201801277321

Benimashiko201801277380

白い雪の上に降り立つ赤いベニマシコを撮りたかったのですが・・・

Benimashiko201801277343

雪解けのアスファルトが露出した林道に降り立った姿だけに終わりました。

Benimashiko201801277438

Benimashiko201801277506

何時になく羽色が綺麗なのは、林道に積もった雪がレフ板の役目をしているからです。雪の日の効果はここでもありました。

明日は、雌雄の採餌のシーンを。

(撮影日:2018.01.27)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 8日 (水)

葦原のベニマシコ

今日の野鳥はベニマシコです。

陽炎のハイイロチュウヒから早々に引き上げ、コミミズクの出る渡良瀬遊水地に向かうのですが、コミミズクの出る時間にはまだ早い。

時間潰しに谷中湖の中の島に向かうことに。お目当ては、ベニマシコでした。

ツグミシメカワラヒワアトリの群が飛び交う広場を出て、舗装道路を進むと、

Benimashiko201702255178

葦原の際にベニマシコの雄鳥の姿がありました。

Benimashiko201702255181

Benimashiko201702255183

Benimashiko201702255197

先日、ダム湖の林道で観たベニマシコに比べ、赤色が濃い個体でした。

Watarase201702255168

渡良瀬遊水地から望む雪を被った日光連山と、

Atori201702255221

広場に集うアトリカワラヒワの群です。

(撮影日:2017.02.25)

この日は午後2時前にコミミズクのポイントに移り、300名ほどのカメラマンの中でコミミズクの御出座しを5時近くまで待ちましたが、その姿を見ることなく撤収致しました。

鳥友からの報告では、5時過ぎに2羽が出たそうです。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

Birds of North America Greetings Unknown その他 アオアシシギ アオゲラ アオサギ アオシギ アオジ アオハライソヒヨドリ アオバズク アオバト アカアシカツオドリ アカアシシギ アカウソ アカエリカイツブリ アカエリヒレアシシギ アカオネッタイチョウ アカガシラカラスバト アカガシラサギ アカゲラ アカコッコ アカショウビン アカツクシガモ アカハシハジロ アカハジロ アカハラ アカハラダカ アカヒゲ アジサシ アトリ アナドリ アビ アホウドリ アマサギ アマツバメ アマミコゲラ アマミヒヨドリ アマミヤマシギ アメリカウズラシギ アメリカコガモ アメリカコハクチョウ アメリカヒドリ アリスイ イイジマムシクイ イカル イカルチドリ イシガキシジュウカラ イシガキヒヨドリ イスカ イソシギ イソヒヨドリ イヌワシ イワツバメ イワヒバリ インドクジャク インドハッカ ウグイス ウズラ ウズラシギ ウソ ウタツグミ ウチヤマセンニュウ ウトウ ウミアイサ ウミウ ウミスズメ ウミネコ エゾアカゲラ エゾビタキ エゾフクロウ エゾムシクイ エトピリカ エトロフウミスズメ エナガ エリグロアジサシ エリマキシギ オウチュウ オオアカゲラ オオアカハラ オオアジサシ オオカラモズ オオカワラヒワ オオクイナ オオグンカンドリ オオコノハズク オオシロハラミズナギドリ オオジシギ オオジュリン オオセグロカモメ オオセッカ オオソリハシシギ オオタカ オオトウゾクカモメ オオトラツグミ オオノスリ オオハクチョウ オオハシシギ オオハム オオバン オオヒシクイ オオホシハジロ オオマガン オオマシコ オオミズナギドリ オオムシクイ オオモズ オオヨシキリ オオルリ オオワシ オカヨシガモ オガサワラノスリ オガサワラヒヨドリ オガサワラメジロ オグロシギ オサハシブトガラス オシドリ オジロトウネン オジロビタキ オジロワシ オナガ オナガガモ オナガドリ オナガミズナギドリ オニアジサシ オバシギ オーストンオオアカゲラ オーストンヤマガラ カイツブリ カケス カササギ カシラダカ カタグロトビ カッコウ カツオドリ カナダヅル カモメ カヤクグリ カラアカハラ カラシラサギ カラスバト カラフトビンズイ カラフトムジセッカ カラフトワシ カラムクドリ カリガネ カルガモ カワアイサ カワウ カワガラス カワセミ カワラヒワ カンムリウミスズメ カンムリカイツブリ カンムリワシ ガビチョウ キアシシギ キガシラシトド キクイタダキ キジ キジバト キセキレイ キタツメナガセキレイ キタヤナギムシクイ キバシリ キバラガラ キビタキ キマユホオジロ キマユムシクイ キョウジョシギ キョクアジサシ キリアイ キレンジャク キンクロハジロ キンバト ギンザンマシコ ギンムクドリ クイナ クサシギ クビワキンクロ クマゲラ クマタカ クロアシアホウドリ クロアジサシ クロウタドリ クロガモ クロサギ クロジ クロツグミ クロツラヘラサギ クロヅル クロハラアジサシ ケアシノスリ ケイマフリ ケリ コアオアシシギ コアカゲラ コアジサシ コアホウドリ コイカル コウノトリ コウライアイサ コウライウグイス コウライキジ コオバシギ コオリガモ コガモ コガラ コクガン コクマルガラス コグンカンドリ コゲラ コサギ コサメビタキ コシアカツバメ コシジロオオソリハシシギ コシャクシギ コジュケイ コジュリン コチドリ コチョウゲンボウ コノドジロムシクイ コノハズク コハクチョウ コブハクチョウ コホオアカ コマドリ コマミジロタヒバリ コミミズク コムクドリ コモンシギ コヨシキリ コリンウズラ コルリ ゴイサギ ゴジュウカラ サカツラガン ササゴイ サシバ サバクヒタキ サバンナシトド サメビタキ サルハマシギ サンカノゴイ サンコウチョウ サンショウクイ シジュウカラ シジュウカラガン シチトウメジロ シノリガモ シベリアアオジ シベリアオオハシシギ シベリアジュリン シベリアハクセキレイ シマアオジ シマアカモズ シマアジ シマエナガ シマキンパラ シマゴマ シマセンニュウ シマフクロウ シメ シラオネッタイチョウ シラガホオジロ シラコバト シロアジサシ シロエリオオハム シロカモメ シロガシラ シロチドリ シロハラ シロハラクイナ シロハラゴジュウカラ シロハラホオジロ シロハラミズナギドリ ジャワアカガシラサギ ジュウイチ ジョウビタキ スイスの野鳥 スズガモ スズメ ズアカアオバト ズグロカモメ ズグロチャキンチョウ ズグロミゾゴイ セアカモズ セイタカシギ セキレイ(白化変異) セグロカッコウ セグロカモメ セグロサバクヒタキ セグロセキレイ セッカ センダイムシクイ ソウシチョウ ソデグロヅル ソリハシシギ ソリハシセイタカシギ タイミルセグロカモメ タイワンハクセキレイ タイワンヒヨドリ タカサゴクロサギ タカサゴモズ タカブシギ タゲリ タシギ タネコマドリ タヒバリ タマシギ タンチョウ ダイサギ ダイシャクシギ ダイゼン チゴハヤブサ チゴモズ チフチャフ チュウサギ チュウシャクシギ チュウダイサギ チュウヒ チョウゲンボウ チョウセンチョウゲンボウ チョウセンメジロ ツクシガモ ツグミ ツツドリ ツバメ ツバメチドリ ツミ ツメナガセキレイ ツルシギ テンニンチョウ トウゾクカモメ トウネン トキ トビ トモエガモ トラツグミ トラフズク ドバト ナベコウ ナベヅル ニシオジロビタキ ニシセグロカモメ ニュウナイスズメ ノグチゲラ ノゴマ ノジコ ノスリ ノドアカツグミ ノハラツグミ ノビタキ ハイイロオウチュウ ハイイロガン ハイイロチュウヒ ハイイロヒレアシシギ ハイイロミズナギドリ ハイタカ ハギマシコ ハクガン ハクセキレイ ハシナガウグイス ハシビロガモ ハシビロガモ(白化個体) ハシブトアジサシ ハシブトウミガラス ハシブトガラ ハシブトガラス ハシボソガラス ハシボソミズナギドリ ハジロカイツブリ ハジロクロハラアジサシ ハジロコチドリ ハチクマ ハチジョウツグミ ハッカチョウ ハマシギ ハマヒバリ ハヤブサ ハリオアマツバメ ハリオシギ ハリスホーク(飼育) バライロムクドリ バン ヒガラ ヒクイナ ヒシクイ ヒドリガモ ヒバリ ヒバリシギ ヒメアマツバメ ヒメイソヒヨ ヒメウ ヒメクイナ ヒメハジロ ヒヨドリ ヒレンジャク ビロードキンクロ ビンズイ フクロウ フルマカモメ ブッポウソウ ヘラサギ ベニアジサシ ベニバト ベニヒワ ベニマシコ ホウロクシギ ホオアカ ホオジロ ホオジロガモ ホオジロハクセキレイ ホシガラス ホシハジロ ホシムクドリ ホトトギス ホロホロチョウ(飼育) ホントウアカヒゲ マガモ マガン マキノセンニュウ マキバタヒバリ マナヅル マヒワ マミジロ マミジロキビタキ マミジロタヒバリ マミジロツメナガセキレイ マミチャジナイ ミコアイサ ミサゴ ミソサザイ ミゾゴイ ミツユビカモメ ミフウズラ ミミカイツブリ ミヤケコゲラ ミヤコドリ ミヤマカケス ミヤマガラス ミヤマホオジロ ミヤマホオジロ(部分白化) ミユビシギ ムギマキ ムクドリ ムナグロ ムネアカタヒバリ ムラサキサギ メグロ メジロ メジロガモ メダイチドリ メボソムシクイ メリケンキアシシギ モスケミソサザイ モズ ヤイロチョウ ヤイロチョウ(飼育下) ヤツガシラ ヤドリギツグミ ヤブサメ ヤマガラ ヤマゲラ ヤマシギ ヤマセミ ヤマドリ ヤマヒバリ ヤンバルクイナ ユキホオジロ ユリカモメ ヨシガモ ヨタカ ヨナグニカラスバト ヨーロッパトウネン ヨーロッパムナグロ ライチョウ リュウキュウアカショウビン リュウキュウキジバト リュウキュウキビタキ リュウキュウコゲラ リュウキュウコノハズク リュウキュウサンコウチョウ リュウキュウサンショウクイ リュウキュウツバメ リュウキュウハシブトガラス リュウキュウヒヨドリ リュウキュウメジロ リュウキュウヨシゴイ ルリカケス ルリビタキ ワカケホンセイインコ ワシカモメ 三宅島 三重県中勢地域 下甑島 九州 伊豆沼・蕪栗沼 倉敷フクロウの森 創作珍鳥 哺乳類 図鑑 大洗~苫小牧航路 奄美大島 宮古島 小笠原 年賀状 手料理 掛川花鳥園 撮影機材 昆虫 東京~八丈島航路 沖縄 爬虫類 短歌 石垣・与那国島 石垣・西表島 粟国島 絵ぶたまつり 羅臼のシャチ 舳倉島 蜻蛉 趣味 釣り 雨遊庵 魚類 鯨類&海獣 鵜飼