アオサギ

2018年10月11日 (木)

谷津干潟に渡来したオナガガモの群

シギチを求めて赴いた東京湾は船橋三番瀬はあまりパットせず、適当に切り上げて、お隣の谷津干潟に行ってみました。

結果は、ここもパットせず成果無し。 と思いきや・・・

Onagagamo201810033301

水深を増してきた干潟の中ほどに、の群が・・・

エクリプス羽のオスが観受けられるオナガガモの群でした。 毎年この谷津干潟で越冬する群の渡来でしょう。

多くの白鷺の群が採餌する干潟の脇の葦原に

Aosagi201810033313l

首を伸ばした綺麗な羽色のアオサギが居て、この子を撮って引き上げました。

(撮影日:2018.10.03)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 5日 (水)

婚姻色となった漁港のアオサギ

今日の野鳥はアオサギです。

最近、その勢力範囲を拡げて来たと言われるアオサギですが、岡山県南の養殖牡蠣の水揚で有名な漁港に居座るアオサギは、早春を迎えて綺麗な婚姻色なっていました。

Aosagi201703288887

Aosagi201703288880

繁殖期を前に、一段と綺麗になったアオサギの成鳥。 赤い嘴と脚。長い冠羽と胸の飾羽。 漁港に停泊した漁船の上で休息していました。

Aosagi201703288906

水産加工場のスレート屋根で上空を伺うアオサギ。お天道様でも伺っていたのかな?

Aosagi201703288920

嘴の付け根は赤く、先端は黄色で、眼先は赤紫色。 脚は赤く、足の先端まで赤く換わっていました。

Aosagi201703288965

丁度、新月(大潮)の干潮の時刻、アオサの露出した堤防脇を餌を求めて闊歩するアオサギ

Aosagi201703288995

Aosagi201703289011

Aosagi201703289012

漁獲を待ったのですが、痺れを切らせてワカメ獲りに移動しました。

**********************************************************************

先日、帰省先の郷里岡山の田舎から鳥取倉吉市の山間(大山と蒜山の間)部にある管理釣り場にヤマメ釣りに行って来ました。

下が釣果ですが、

Yamame170330_163558

小さいのを選んで早速塩焼きで一杯やりました。右は、ワカメ獲りで得られたメカブです。美味しかったこと、この上ありませんでした。

Yamame170330_175740

なんか、鳥友「茅ヶ崎さん」風のブログになりましたね。?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年2月 6日 (月)

漁協の屋上のアオサギ

今日の野鳥はアオサギです。

場所は瀬戸内の養殖カキの水揚げで賑わうとある漁港。 普通だとカモメ類トビで占拠されてしまう堤防や漁船のマスト、さらに漁協の建物の屋上は、なんと、アオサギの群れに占拠されていました。

Aosagi201701191055

加工場の屋根に居座ったアオサギが何か口にしています。

Aosagi201701191067

口から出した獲物を見ると・・・、  アラーッ! あらあら、大きな魚のアラ(粗)ではないですか!?

こんな大きなアラを呑み込めるのでしょうか?

Aosagi201701191070

屋根の上からは別のアオサギが虎視(鷺視?)眈々と狙っています。

Aosagi201701191081

Aosagi201701191084

方向を変えて咥え直してみたりしていましたが、

Aosagi201701191097

Aosagi201701191101

なんと!強引に

Aosagi201701191107

Aosagi201701191108

呑み込んでしまいました。

Aosagi201701191112

トビに占拠された湘南横須賀の漁港もありますが、アオサギに占拠された瀬戸内の漁港も珍しいのでは?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年11月18日 (水)

堰のアオサギ

今日の野鳥はアオサギです。

最近その数を増し、何処でも目にする野鳥となったアオサギです。

スローシャッターで取水堰の亜種ダイサギを撮っていると、何時の間にか手前にアオサギが来ていました。

Aosagi418220151112s

縦構図で一枚。

Aosagi418920151112l

そして、ズームを400mmに落として横構図で。

撮影データは、ISO100、F25、シャッタースピード 1/20でした。

(撮影日:2015.11.12)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月22日 (火)

湧水池のアオサギ

今日の野鳥はアオサギです。

山の公園に行ってもパッとせず、シルバーウイークの混雑を避けて鳥撮りは暫し休憩です。

と言うわけで、在庫の中から一般種のアオサギの登場となりました。

Aosagi815620150903

もう渡りの早いコガモの姿でも観えるかなと思って立ち寄ってみた駅裏の湧水池でしたが、居るのはカルガモだけで・・・、いや、池の一番奥に一羽のアオサギの姿がありました。

Aosagi816020150903

馴れたもので、近寄って来ます。暫し観察をしましたが餌が少ないのでしょうか捕食シーンは見えませんでした。

Mishishippiakamimigame816120150903

この池のミドリガメです。 大量に生息しているようで、日向ぼっこをする姿が良く見られます。駅裏で、隣にお寺さんが在ることからこの池に放たれたのでしょうね。

今年7月に、環境省からアカミミガメ(通称ミドリガメ)対策推進プロジェクトが発表されたそうです。以下はその内容で

アカミミガメは外来種として生態系への被害の懸念がある一方で、大量に飼育されているために、特定外来生物への指定によって返って野外への大量遺棄が発生するおそれがあることから、その対策を慎重に検討してきた。今後、国外からの輸入を禁止し、その一方で個人や業者が飼育している個体は捨てガメが生じないように、段階的な規制をかけるとともに啓発活動も行う方針。野外個体の防除も必要な場所については推進していく。』としています。

ミドリガメの寿命は25~40年とか。気の長くなるプロジェクトですが、推進に協力致しましょう。

下は、公園のコブシの木がつけたピンク色の綺麗なコブシの実です。

Kobushi816320150903

集合果と呼ばれる幾つかの実がくっ付いた形をしています。この形が「にぎりこぶし」に似ているところからコブシと言うようになったとか。

(撮影日:2015.09.03)

連休明けは鳥撮りに精進致します。それまで少し、例の「創作珍鳥」の残りを掲載致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 4日 (日)

雷魚を捕食したアオサギ

渡良瀬遊水地でツクシガモを撮っていると、隣で、「アッツ! 大きな魚を捕った」との女性カメラマンの声。

ファインダー内のツクシガモは未だ水中に頭を浸けています。?・・・。 ファインダーから眼を離すと、ツクシガモの10mほど横に何か大きな魚を咥えたアオサギの姿がありました。

Aosagi488720141224

久し振りに観るアオサギの大魚捕獲シーンです。

Aosagi489720141224

ツクシガモの後ろを横切って、

Aosagi495020141224

安全な岸辺に上がってこれから落ち着いて飲み込む算段でしょう。

捕らえた大魚はどうやら外来魚の雷魚(別名タイワンドジョウ)のようです。渡良瀬遊水地の水路にも雷魚が居るんですね。

Aosagi501520141224

何度も咥え直したり、一旦は途中まで飲み込んだものを吐き出したり、大魚に悪戦苦闘していましたが、ツクシガモに眼を向けた隙に飲み込んでいました。

Aosagi507220141224

雷魚を飲み込んで首周りが太くなったアオサギ

距離が遠くて画質の悪い写真になってしまいましたが、久し振りのアオサギでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月27日 (金)

日野川のアオサギ

「おしどり観察小屋」の脇から日野川に流れ込む小さな支流の落合に、成鳥と思われるアオサギが餌の小魚を狙って長時間佇んでいました。

Aosagi0874

下は、採食の連続写真です。捉えた餌は何だか分かりません。パクリと飲み込んでしまいました。

Aosagi0878Aosagi0879Aosagi0880Aosagi0881Aosagi0884Aosagi0890

下に採餌のところの拡大写真を載せますが、餌は何でしょう?

Aosagi0884z

そう云えばカワアイサの雄もこの場所で同じ様な餌を捕獲して食べました。

Kawaaisa9590

下は拡大写真です。

Kawaaisa9590z

生き物とは思えません。ふやけたドングリでしょうか?意外な発見です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 7日 (月)

婚姻色のアオサギ

今日の野鳥は埼玉県の河川敷で撮ったアオサギです。

三寒四温とは良く言ったもので、3月に入り日中の最高気温が20℃を越える日があると思えば10℃を下回る日が続きます。こうやって何時しか春が訪れます。

河川敷の草木の芽は未だ芽吹いてはいませんが、枯れたブッシュの上に止まるアオサギは既に婚姻色が出て、嘴が赤くなり、長い脚もピンク色に染まっていました。背の色も光の加減か、「蒼鷺(あおさぎ)」の名の如く、青灰色よりも蒼に近い淡青色に見えました。

Aosagi9507

下は、雰囲気を出すために青空を入れて縦構図にしてみた写真です。

Aosagi9510

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月19日 (火)

磯で観たアオサギの飛立ち

昨日の出張時に、市ヶ谷の御濠にキンクロハジロが3羽やって来ていたのを観ました。朝夕はすっかり冷え込む季節となり、もう冬鳥の渡来のシーズンとなりました。

今日の野鳥は先週の土曜日に磯で見かけたアオサギです。

日本中の何処ででも見かけることができます。奥丹沢の桧洞丸の青ヶ岳山荘にも出て、この鳥何て鳥?との問い合わせがあったり、蓑毛のマス釣り場のニジマスの稚魚を失敬したりと神出鬼没です。

殺風景なモノトーンの写真になりましたが、下の写真は、こちらに向かって岩礁から飛び立った瞬間の連続写真です。

Aosagi4407

Aosagi4408

Aosagi4409

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

Birds of North America Greetings Unknown その他 アオアシシギ アオゲラ アオサギ アオシギ アオジ アオバズク アオバト アカアシカツオドリ アカアシシギ アカウソ アカエリカイツブリ アカエリヒレアシシギ アカオネッタイチョウ アカガシラカラスバト アカガシラサギ アカゲラ アカコッコ アカショウビン アカツクシガモ アカハシハジロ アカハジロ アカハラ アカヒゲ アジサシ アトリ アナドリ アビ アホウドリ アマサギ アマツバメ アマミコゲラ アメリカウズラシギ アメリカコガモ アメリカコハクチョウ アメリカヒドリ アリスイ イイジマムシクイ イカル イカルチドリ イシガキシジュウカラ イシガキヒヨドリ イスカ イソシギ イソヒヨドリ イヌワシ イワツバメ イワヒバリ インドクジャク インドハッカ ウグイス ウズラ ウズラシギ ウソ ウタツグミ ウチヤマセンニュウ ウトウ ウミアイサ ウミウ ウミスズメ ウミネコ エゾアカゲラ エゾビタキ エゾフクロウ エゾムシクイ エトピリカ エトロフウミスズメ エナガ エリグロアジサシ エリマキシギ オウチュウ オオアカゲラ オオアカハラ オオアジサシ オオカラモズ オオカワラヒワ オオクイナ オオグンカンドリ オオコノハズク オオシロハラミズナギドリ オオジシギ オオジュリン オオセグロカモメ オオセッカ オオソリハシシギ オオタカ オオトウゾクカモメ オオノスリ オオハクチョウ オオハシシギ オオハム オオバン オオヒシクイ オオホシハジロ オオマシコ オオミズナギドリ オオムシクイ オオモズ オオヨシキリ オオルリ オオワシ オカヨシガモ オガサワラノスリ オガサワラヒヨドリ オガサワラメジロ オグロシギ オサハシブトガラス オシドリ オジロトウネン オジロビタキ オジロワシ オナガ オナガガモ オナガドリ オナガミズナギドリ オニアジサシ オバシギ オーストンオオアカゲラ オーストンヤマガラ カイツブリ カケス カササギ カシラダカ カタグロトビ カッコウ カツオドリ カナダヅル カモメ カヤクグリ カラアカハラ カラシラサギ カラスバト カラフトワシ カラムクドリ カリガネ カルガモ カワアイサ カワウ カワガラス カワセミ カワラヒワ カンムリウミスズメ カンムリカイツブリ カンムリワシ ガビチョウ キアシシギ キガシラシトド キクイタダキ キジ キジバト キセキレイ キタツメナガセキレイ キタヤナギムシクイ キバシリ キバラガラ キビタキ キマユホオジロ キマユムシクイ キョウジョシギ キョクアジサシ キリアイ キレンジャク キンクロハジロ キンバト ギンザンマシコ ギンムクドリ クイナ クサシギ クビワキンクロ クマゲラ クマタカ クロアシアホウドリ クロアジサシ クロウタドリ クロガモ クロサギ クロジ クロツグミ クロツラヘラサギ クロヅル クロハラアジサシ ケアシノスリ ケイマフリ ケリ コアオアシシギ コアカゲラ コアジサシ コアホウドリ コイカル コウノトリ コウライアイサ コウライウグイス コウライキジ コオバシギ コオリガモ コガモ コガラ コクガン コクマルガラス コグンカンドリ コゲラ コサギ コサメビタキ コシアカツバメ コシジロオオソリハシシギ コシャクシギ コジュケイ コジュリン コチドリ コチョウゲンボウ コノハズク コハクチョウ コブハクチョウ コホオアカ コマドリ コマミジロタヒバリ コミミズク コムクドリ コヨシキリ コルリ ゴイサギ ゴジュウカラ サカツラガン ササゴイ サシバ サバクヒタキ サバンナシトド サメビタキ サルハマシギ サンカノゴイ サンコウチョウ サンショウクイ シジュウカラ シジュウカラガン シチトウメジロ シノリガモ シベリアアオジ シベリアオオハシシギ シベリアジュリン シベリアハクセキレイ シマアオジ シマアカモズ シマアジ シマエナガ シマキンパラ シマゴマ シマセンニュウ シマフクロウ シメ シラオネッタイチョウ シラガホオジロ シラコバト シロアジサシ シロエリオオハム シロカモメ シロガシラ シロチドリ シロハラ シロハラクイナ シロハラゴジュウカラ シロハラホオジロ シロハラミズナギドリ ジュウイチ ジョウビタキ スイスの野鳥 スズガモ スズメ ズアカアオバト ズグロカモメ ズグロチャキンチョウ ズグロミゾゴイ セアカモズ セイタカシギ セキレイ(白化変異) セグロカモメ セグロサバクヒタキ セグロセキレイ セッカ センダイムシクイ ソウシチョウ ソデグロヅル ソリハシシギ ソリハシセイタカシギ タイミルセグロカモメ タイワンハクセキレイ タイワンヒヨドリ タカサゴクロサギ タカサゴモズ タカブシギ タゲリ タシギ タネコマドリ タヒバリ タマシギ タンチョウ ダイサギ ダイシャクシギ ダイゼン チゴハヤブサ チゴモズ チフチャフ チュウサギ チュウシャクシギ チュウダイサギ チュウヒ チョウゲンボウ チョウセンチョウゲンボウ チョウセンメジロ ツクシガモ ツグミ ツツドリ ツバメ ツバメチドリ ツミ ツメナガセキレイ ツルシギ テンニンチョウ トウゾクカモメ トウネン トキ トビ トモエガモ トラツグミ トラフズク ドバト ナベコウ ナベヅル ニシオジロビタキ ニシセグロカモメ ニュウナイスズメ ノグチゲラ ノゴマ ノジコ ノスリ ノハラツグミ ノビタキ ハイイロオウチュウ ハイイロチュウヒ ハイイロヒレアシシギ ハイイロミズナギドリ ハイタカ ハギマシコ ハクガン ハシナガウグイス ハシビロガモ ハシブトアジサシ ハシブトウミガラス ハシブトガラ ハシブトガラス ハシボソガラス ハシボソミズナギドリ ハジロカイツブリ ハジロクロハラアジサシ ハジロコチドリ ハチクマ ハチジョウツグミ ハッカチョウ ハマシギ ハヤブサ ハリオアマツバメ ハリスホーク(飼育) バン ヒガラ ヒクイナ ヒシクイ ヒドリガモ ヒバリ ヒバリシギ ヒメアマツバメ ヒメイソヒヨ ヒメウ ヒメクイナ ヒヨドリ ヒレンジャク ビロードキンクロ ビンズイ フクロウ フルマカモメ ブッポウソウ ヘラサギ ベニアジサシ ベニヒワ ベニマシコ ホウロクシギ ホオアカ ホオジロ ホオジロガモ ホオジロハクセキレイ ホシガラス ホシハジロ ホシムクドリ ホトトギス ホロホロチョウ(飼育) ホントウアカヒゲ マガモ マガン マキノセンニュウ マナヅル マヒワ マミジロ マミジロキビタキ マミジロタヒバリ マミジロツメナガセキレイ マミチャジナイ ミコアイサ ミサゴ ミソサザイ ミゾゴイ ミツユビカモメ ミフウズラ ミミカイツブリ ミヤケコゲラ ミヤコドリ ミヤマカケス ミヤマガラス ミヤマホオジロ ミユビシギ ムギマキ ムクドリ ムナグロ ムネアカタヒバリ ムラサキサギ メグロ メジロ メジロガモ メダイチドリ メボソムシクイ メリケンキアシシギ モスケミソサザイ モズ ヤイロチョウ ヤイロチョウ(飼育下) ヤツガシラ ヤブサメ ヤマガラ ヤマゲラ ヤマシギ ヤマセミ ヤマドリ ヤマヒバリ ヤンバルクイナ ユキホオジロ ユリカモメ ヨシガモ ヨタカ ヨナグニカラスバト ヨーロッパトウネン ライチョウ リュウキュウアカショウビン リュウキュウキジバト リュウキュウキビタキ リュウキュウコゲラ リュウキュウコノハズク リュウキュウサンコウチョウ リュウキュウサンショウクイ リュウキュウツバメ リュウキュウヒヨドリ リュウキュウメジロ リュウキュウヨシゴイ ルリカケス ルリビタキ ワカケホンセイインコ ワシカモメ 三宅島 下甑島 伊豆沼・蕪栗沼 倉敷フクロウの森 創作珍鳥 図鑑 大洗~苫小牧航路 奄美大島 宮古島 小笠原 年賀状 掛川花鳥園 東京~八丈島航路 沖縄 短歌 石垣・与那国島 石垣・西表島 絵ぶたまつり 羅臼のシャチ 舳倉島 蜻蛉 趣味 雨遊庵 鯨類&海獣 鵜飼