アオジ

2016年2月19日 (金)

霜の朝のアオジ

今日の野鳥はアオジです。

霜の降りた朝、山際のブッシュの中で飛び交う数羽の小鳥が居ました。

Aoji574620160211l

アオジです。

瞬時でしたが、霜の着いたの蔓の上に止まったアオジ♂を捉えました。

動きが早くて困りますが、下は、昨季の在庫の中からアオジの雌雄です。

Aoji263320150214

咽、胸の黄色が鮮やかなアオジの雄鳥

Aoji283720150216

そしてこの子は、日陰からなかなか出て来なかったアオジの雌鳥です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 6日 (水)

ダム湖畔のアオジ

最近、ここ3ヶ月ほど、故有って、当ブログへの書き込みを怠っています。 しかし、訪れてくださる方が多く、昨日、開設3年弱でアクセス数が10万を超えました。 拙いブログへのアクセス、大変有難う御座います。 これからも頑張りますので宜しくお願い致します。

と言っても、ここ数ヶ月はこれといった遠出もしておらず、在庫の写真もありません。 そんな中、先日ミヤマホオジロを撮りに行ったダム湖畔で撮ったアオジの写真がありましたので掲載することに致します。

Aoji7773

アオジのオスです。 地面に落ちた草の種子を採餌していました。 ブラインドから撮ったので、地上でも水平目線で撮れました。

Aoji7929

こちらはメスのアオジです。 冬場も番で行動するのですね。

Wikipedia によると、神奈川県では、このアオジが危急種(絶滅危惧Ⅱ類・VU)としてレッドリストに指定されているとか。 よく目にするのですがね。

そしてこのアオジ。 漢字で「蒿(よもぎ)雀」とも書いて、妖怪の「送り雀」の正体とも言われているそうです。 薄暗い山道をあるいていると小さく「チッチ」と鳴いてついてくる何かが。 そんな経験をしたことがあります・・・・・   この続き(詳細)は同じく Wikipedia の「送り雀」の項を参照ください。 では。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月18日 (日)

冬の水場の常連アオジ

今日の野鳥は、先週の山の公園の水場で撮ったアオジです。

Aoji5241

越冬のために低山に降りて来たのか、はたまた、冬鳥として大陸から渡って来たのかは定かでありませんが、毎年、この水場にやって来る常連の一種です。

冬羽のアオジのオスはメスに似た羽色になるため雌雄の区別が付きません。

水場の水盤の上に上がることは殆んどなく、いつも地面で採餌をしていますが、この日は脇の立ち木の枝に登った姿を見せてくれました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月10日 (金)

囀るアオジ

ノジコに良く似たアオジ、と紹介するよりは戸隠に多いアオジと紹介すべきでしょう。この時期の戸隠では良く目にし、良く鳴き声を聞く野鳥です。

冬は、市街地でも、瑞鳥庵の庭先でも良く見かけますが、繁殖期には山地に移って子育てをします。

縄張りを主張しているのか、頭の黒くなったアオジの雄が、朽木の枝先に出て来て大きな美声で囀っていました。

Aoji6303

Aoji6349

ノジコと違い、ここ戸隠では、アオジは「なあんだ・・・か」野鳥になってしまいます。ましてや赤い鳥が出ているともなれば、通りすがりにわざわざカメラを向けるカメラマンも居りません。「なあんだ アオジか」と。 でも、雄の囀る姿は綺麗です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月15日 (火)

河川敷のアオジ

今日の野鳥は在庫の中からのアオジです。

先々週、江戸川河川敷に珍鳥キガシラシトドを撮りに行った際に出て来てくれた冬羽のアオジです。青いホオジロ類=アオシトドからアオジとなったという説があります。

初夏の繁殖期には亜高山帯の野山で、きれいな声で囀る頭の黒くなった雄をよく見かけます。冬場は雌雄同色に近く、一緒に出てくれない限り雌雄の判別は難しいものですが、この子は雌かな?

Aoji8336

Aoji8344

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 1日 (水)

アオジの水浴び

日曜日の午後に山の公園の水場で撮ったアオジの♀です。

夏場は繁殖のために高地に移動し、冬場は暖地に戻って越冬するスズメ大の小鳥です。公園等の茂みで、「チッ、チッ」という小さな声の地鳴きを良く耳にします。

この公園の水場でも冬季の常連としてアオジの番が出てくれますが、高台の水盤には上がらず、周りの暗い地面で採餌をするのがいつものスタイルです。

珍しくアオジの雌が水盤に入り、水浴びをする光景に会いました。

Aoji0232

水場の有名な生木の止まり木に止まったアオジの♀

Aoji0242

Aoji0240

水浴びをするアオジの♀。 頭を除けばスズメに似ています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月28日 (金)

アオジ

今日の野鳥はアオジです。5月15日の戸隠撮影行の第9弾となります。

冬季は、秦野市の我が瑞鳥庵の庭にも出てくれますが、繁殖期を迎えて高山や北の地に移動する様です。

ここ戸隠では若葉の季節に、梢で、大変綺麗な美声を聞かせてくれます。

夏羽の雄の頭は濃緑に変ります。緑のホオジロ類(=昔、シトトと総称された)であることからアオジと呼ばれたらしいのですが、黒いホオジロ類にクロジはいますが、「赤字」を嫌ったのか赤いホオジロ類でもアカジと命名された種はありません。(前々回に続き名の由来になり恐縮です。)

Aoji0438

Aoji0425

Aoji0435

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

Greeting | Unknown | その他 | アオアシシギ | アオゲラ | アオサギ | アオシギ | アオジ | アオバズク | アオバト | アカアシシギ | アカウソ | アカエリカイツブリ | アカエリヒレアシシギ | アカガシラサギ | アカゲラ | アカショウビン | アカハシハジロ | アカハジロ | アカハラ | アカヒゲ | アジサシ | アトリ | アマサギ | アマツバメ | アマミコゲラ | アメリカウズラシギ | アメリカコガモ | アメリカコハクチョウ | アメリカヒドリ | アリスイ | イカル | イカルチドリ | イシガキシジュウカラ | イシガキヒヨドリ | イソシギ | イソヒヨドリ | イヌワシ | イワツバメ | イワヒバリ | インドクジャク | インドハッカ | ウグイス | ウズラ | ウソ | ウタツグミ | ウトウ | ウミアイサ | ウミウ | ウミスズメ | ウミネコ | エゾビタキ | エゾフクロウ | エゾムシクイ | エトピリカ | エナガ | エリグロアジサシ | エリマキシギ | オオアカゲラ | オオアカハラ | オオアジサシ | オオカワラヒワ | オオコノハズク | オオジシギ | オオジュリン | オオセグロカモメ | オオセッカ | オオソリハシシギ | オオタカ | オオハクチョウ | オオハシシギ | オオハム | オオバン | オオヒシクイ | オオホシハジロ | オオマシコ | オオミズナギドリ | オオモズ | オオヨシキリ | オオルリ | オオワシ | オカヨシガモ | オグロシギ | オサハシブトガラス | オシドリ | オジロトウネン | オジロワシ | オナガ | オナガガモ | オナガドリ | オニアジサシ | オバシギ | オーストンオオアカゲラ | カイツブリ | カケス | カササギ | カシラダカ | カッコウ | カナダヅル | カモメ | カヤクグリ | カラアカハラ | カラシラサギ | カラフトワシ | カラムクドリ | カルガモ | カワアイサ | カワウ | カワガラス | カワセミ | カワラヒワ | カンムリカイツブリ | カンムリワシ | ガビチョウ | キアシシギ | キガシラシトド | キクイタダキ | キジ | キジバト | キセキレイ | キバシリ | キバラガラ | キビタキ | キマユムシクイ | キョウジョシギ | キョクアジサシ | キリアイ | キレンジャク | キンクロハジロ | キンバト | ギンザンマシコ | ギンムクドリ | クイナ | クサシギ | クビワキンクロ | クマゲラ | クマタカ | クロウタドリ | クロガモ | クロサギ | クロジ | クロツグミ | クロツラヘラサギ | クロヅル | ケアシノスリ | ケイマフリ | ケリ | コアオアシシギ | コアカゲラ | コアジサシ | コイカル | コウノトリ | コウライアイサ | コウライキジ | コオバシギ | コオリガモ | コガモ | コガラ | コクガン | コクマルガラス | コグンカンドリ | コゲラ | コサギ | コサメビタキ | コシアカツバメ | コシジロオオソリハシシギ | コジュケイ | コジュリン | コチドリ | コチョウゲンボウ | コノハズク | コハクチョウ | コブハクチョウ | コマドリ | コミミズク | コムクドリ | コヨシキリ | コルリ | ゴイサギ | ゴジュウカラ | サカツラガン | ササゴイ | サシバ | サバクヒタキ | サバンナシトド | サンカノゴイ | サンコウチョウ | サンショウクイ | シジュウカラ | シジュウカラガン | シノリガモ | シベリアアオジ | シベリアオオハシシギ | シベリアハクセキレイ | シマアオジ | シマアカモズ | シマアジ | シマキンパラ | シマゴマ | シマセンニュウ | シマフクロウ | シメ | シラガホオジロ | シラコバト | シロカモメ | シロガシラ | シロチドリ | シロハラ | シロハラクイナ | シロハラゴジュウカラ | ジュウイチ | ジョウビタキ | スイスの野鳥 | スズガモ | スズメ | ズアカアオバト | ズグロカモメ | ズグロミゾゴイ | セアカモズ | セイタカシギ | セキレイ(白化変異) | セグロカモメ | セグロサバクヒタキ | セグロセキレイ | セッカ | センダイムシクイ | ソウシチョウ | ソデグロヅル | ソリハシシギ | ソリハシセイタカシギ | タイミルセグロカモメ | タイワンハクセキレイ | タカサゴモズ | タカブシギ | タゲリ | タシギ | タヒバリ | タマシギ | タンチョウ | ダイサギ | ダイシャクシギ | ダイゼン | チゴハヤブサ | チュウサギ | チュウシャクシギ | チュウダイサギ | チュウヒ | チョウゲンボウ | チョウセンチョウゲンボウ | ツクシガモ | ツグミ | ツツドリ | ツバメ | ツバメチドリ | ツミ | ツメナガセキレイ | テンニンチョウ | トウネン | トキ | トビ | トモエガモ | トラツグミ | トラフズク | ドバト | ナベヅル | ニシオジロビタキ | ニシセグロカモメ | ニュウナイスズメ | ノグチゲラ | ノゴマ | ノジコ | ノスリ | ノハラツグミ | ノビタキ | ハイイロチュウヒ | ハイタカ | ハギマシコ | ハクガン | ハシビロガモ | ハシブトアジサシ | ハシブトガラ | ハシブトガラス | ハシボソミズナギドリ | ハジロカイツブリ | ハジロクロハラアジサシ | ハジロコチドリ | ハチクマ | ハチジョウツグミ | ハマシギ | ハヤブサ | ハリスホーク(飼育) | バン | ヒガラ | ヒクイナ | ヒドリガモ | ヒバリ | ヒバリシギ | ヒメウ | ヒメクイナ | ヒヨドリ | ヒレンジャク | ビロードキンクロ | ビンズイ | フクロウ | フルマカモメ | ブッポウソウ | ヘラサギ | ベニヒワ | ベニマシコ | ホウロクシギ | ホオアカ | ホオジロ | ホオジロガモ | ホオジロハクセキレイ | ホシガラス | ホシハジロ | ホシムクドリ | ホトトギス | ホロホロチョウ(飼育) | ホントウアカヒゲ | マガモ | マガン | マキノセンニュウ | マナヅル | マヒワ | マミチャジナイ | ミコアイサ | ミサゴ | ミソサザイ | ミゾゴイ | ミツユビカモメ | ミミカイツブリ | ミヤコドリ | ミヤマガラス | ミヤマホオジロ | ミユビシギ | ムギマキ | ムクドリ | ムナグロ | ムネアカタヒバリ | ムラサキサギ | メジロ | メダイチドリ | メボソムシクイ | モズ | ヤイロチョウ(飼育下) | ヤツガシラ | ヤブサメ | ヤマガラ | ヤマゲラ | ヤマシギ | ヤマセミ | ヤマドリ | ヤマヒバリ | ヤンバルクイナ | ユキホオジロ | ユリカモメ | ヨウロッパトウネン | ヨシガモ | ライチョウ | リュウキュウキジバト | リュウキュウキビタキ | リュウキュウコゲラ | リュウキュウコノハズク | リュウキュウサンショウクイ | リュウキュウツバメ | リュウキュウメジロ | リュウキュウヨシゴイ | ルリカケス | ルリビタキ | ワカケホンセイインコ | ワシカモメ | 創作珍鳥 | 図鑑 | 年賀状 | 趣味