アオバト

2023年9月 5日 (火)

大磯照ヶ崎のアオバトに(続)

昨日からの続きで、大磯照ヶ崎のアオバトです。

荒波の打ち寄せる岩礁に飛来し、波を被るリスクを冒してまで海水を飲んで行くアオバトです。

中には今年生まれの若鳥も多く含まれます。これからの台風シーズンに荒波に打たれて落鳥する若鳥も出てくるのでしょう。

多くのCMのお目当ては、岩礁に打ち上げる波しぶきを掻い潜って逃げ惑うアオバトの躍動感ある写真ですが、

Aobato202309028527

残念ながらこの日の波は比較的穏やかで、

Aobato202309028529Aobato202309028297Aobato202309028574

期待するほどのものではありませんでした。

それでも、

Aobato202309028542Aobato202309028543

油断していると・・・・・ほら、この通り。

Aobato202309028407Aobato202309028408Aobato202309028416

久し振りの大磯照ヶ崎のアオバトでした。

| | | コメント (0)

2023年9月 4日 (月)

大磯照ヶ崎のアオバトに

郷里の岡山の田舎に旧盆まで居て、今、自宅の神奈川に居る。

猛暑を避けながら庭木の剪定や芝刈りを少し済ませて、周辺のMFに探鳥に出掛けてみることに。

この時期、運が良ければ渡り途中のシギチにまだ会えるかもと、水を張った休耕田を探すが、シギチどころか肝心の休耕田も見当たらない。

諦めて、翌日アオバトが群をなして海水を飲みに来る大磯照ヶ崎に言ってみることに。

Oisoterugasaki202309020022

自宅からは愛車で15分。満潮を2時間ほど過ぎた8時に着くと、ピーカンの浜には既に3、40人ほどのアオバト狙いのCM の姿がありました。

Oisoterugasaki20230902

上は、携帯で撮った写真を元にパノラマ合成をした写真です。箱根の山々と伊豆半島を望む相模湾西部です。

さて、お目当てのアオバトですが、

Oisoterugasaki202309020031

休日ともあって釣り人も多く、      

Aobato202309028445s

アオバトの群は逆光となる東の離れた岩礁にしか降り立ちません。

Aobato202309028374

もう撮り過ぎた感のある磯のアオバトですが、逆光気味のシルエットも乙なものです。

Aobato202309028177

なるべく浜の東側に陣取って、西の空に飛来してくる群の姿を追いました。

Aobato202309028455 Aobato202309028479 Aobato202309028480

偶に頭上を通過する群を手持ちのカメラで狙います。

Aobato202309028065

飛翔する雌雄ですが、羽色の違いは順光でしか分かりません。

Aobato202309028385

これは上手く2羽が重なったシーンで、怪鳥ではありません。(笑)

(明日に続く)

| | | コメント (0)

2021年3月 6日 (土)

居眠りするアオバト

期待した連雀には会えず、車で30分ほどの例のハシビロガモの白化個体の居た「真備の岡田大池」に移動しようとした時、川を隔てたの木の下で、樹冠にレンズを向けられた3名ほどのCMが居られました。

近寄って聞くと、上にアオバトが居るとのこと。ご親切に枝葉被りの無いポイントを譲って下さり、そこから見るとこの前の(?)アオバトのオス鳥が一羽、ジッとしていました。

Aobato202103012214

他に抜けて見える所は無いかとの木を離れて周りから伺っていると、三脚を立てられたCMの方に見覚えが・・・・・。何と、時に素晴らしい野鳥情報を下さる倉敷のMさんではありませんか!

早速ご挨拶してお互いの近況報告に入りました。

Aobato202103012225

Mさんに聞くと、この樫の木はアオバトが良く止まる木だとか。

道理でリラックスしている筈です。

観ているとアオバトは居眠りを始めました。

Aobato20210301z2227Aobato20210301z2229Aobato20210301z2230Aobato20210301z2231

この日は気温もぐんぐん上がり、最高気温は20℃近くになりました。

ドングリをたらふく食べて眠くなったのでしょうかね?(笑)

久し振りにお会いしたMさんに別れを告げて、次なる真備の大池に向かいました。

| | | コメント (0)

2021年2月25日 (木)

キャンプ公園の鳥(アオバト)

キャンプサイトに戻り鳥の出を待っていると、炊事場の横のの木に大型の鳥が飛び込みました。

・・・・・?

Aobato202102191794

込み合う枝葉の間から覗き込むと、アオバトでした。

アオバト狙いと仰ったお二人に大声でお伝えして、枝葉被りを避けながらなんとか撮影です。

大磯の照ヶ崎で観るアオバトに比べ顔と上半身がやけに黄色く見えました。

Aobato202102191800 Aobato202102191804

青葉の背景に溶け込み、目を離すと見失いそうでした。

Aobato202102191810

葡萄色の肩羽のきれいなオス鳥です。もう一羽もこの木に飛び込みましたが何処に居るか分かりません。

Aobato202102191844

暫くして、隣の高木の枝に出て来ました。

Aobato202102191857

止まり枝に欲情は言えませんが、青空バックにきれいな姿が収められました。

確か、木止まりのアオバトを撮ったのは初めてでは? それも岡山で。

| | | コメント (0)

2019年9月25日 (水)

秋空を飛翔するアオバトの群

今日の野鳥もアオバトです。

青空を期待して行った照ヶ崎の海岸でしたが、なんとか心と秋の空。

Aobato201909194238Aobato201909194239

青空は早朝の一時のみ

Aobato201909194329Aobato201909194331

やがて長い筋雲が幾重にも天空を覆い、

Aobato201909194231

いつもの湘南の紺碧の海は姿を消してしまいました。

Aobato201909194340

箱根の山をバックの飛翔姿と

Aobato201909194348

富士山バックの飛翔姿を納めて早々に引き上げました。また来年挑戦です。

| | | コメント (0)

2019年9月24日 (火)

アオバトの様子を見に

今日の野鳥はアオバトです。

毎年同じ様な写真を撮るのですが、しかし、毎年その時期に撮らないと気が済まない鳥が幾つも居ます。そのひとつが大磯照ヶ崎のアオバトです。

久し振りに青空が覗くという朝方に出掛けて見ました。

Aobato201909194271Aobato201909194295l

真夏のような大きな群れではありませんが、2、30羽の群れで岩礁に降り立っていました。

Aobato201909194224Aobato201909194226Aobato201909194227

下は拡大です。

Aobato201909194227s

波穏やかで、大きな波しぶきの中で逃げ惑う究極のシーンは望めず、飛翔姿を追っかけてみました。

Aobato201909194377Aobato201909194379

繁殖期を過ごした雄の成鳥です。羽がボロボロです。

Aobato201909194388Aobato201909194389

こちらは雄の若鳥でしょうか?

(撮影日:2019.09.19)

| | | コメント (0)

2018年8月28日 (火)

処暑の候の磯のアオバト(飛翔)

今日の野鳥は昨日に続きアオバトです。

Aobato201808269787

Aobato201808269617

青空を群飛する鳥の姿は、アオバトに限らず美しいものですが、

Aobato201808269627

碧い海原を飛び交うアオバトは、海の色に嘴の青い色が同化した様で綺麗でした。

Aobato201808269633

Aobato20180826z9637

Aobato201808269889

Aobato201808269890

Aobato201808269892

アオバトにもこの猛暑はキツイのか、嘴を開いて飛翔する個体が多かった様な。

**********************************************************************

(以下、まったくの余談):鳥以外には興味の無いお方はスルーして下さい。

スマホデビュー

 帰省先の岡山の実家での豪雨被災の復旧作業中に、ガラケーの液晶画面を破損させるという再発事故をやってしまいました。

 そしてとうとうスマホデビューです。

 月遅れの盆に帰省した奥さんや娘達が複雑な利用設定を(一部強引に)やってくれて、現在は、少し大きくなって常時持ち歩けないことによる万歩計機能の利用を断念しただけで、快適に利用しています。

 中でも多用しているのが、家族5人でのLINEです。 飽きるまで当分は遊べ、遊ばれそうです。

LINE(利用事例)

 さくらももこさんの訃報に際して:(まったくの内輪の話ですがLINEから。)

 息子: さくらももこさんがお亡くなりになったね。

 父: 優秀な人は、いつもキラ星の様に輝いて、早く視界から消えて行くんだよ。それに引き換え、父さんは、長生きしそうだな。

 息子:憎まれっ子世に憚るって言うしね(笑)

 父:だよね。?

 妻:ちびまる子ちゃんねー、懐かしい。 58だって、残念だね

 息子:おうちにあったちびまる子ちゃんのマンガは誰が買ったやつ?

 父:53だよ。

 娘①:すごくショック。悲しい。 娘達も日曜にアニメ見てるし、私もマンガ読んだりアニメ見てたの。 家にあるのは私が小学生の時に買ったやつだと思う。憎き乳がん・・・

 息子:ねーちゃんのだったんだね。小さい時からあったから、なんかショックだった。

 (日が変わり)

 父:おはよう!皆さんお勤めお疲れさま。今日も蒸し暑そうだね? 今朝、ちびまる子のマンガを探していたら、母さんが、桃の缶詰ならここにあるよ!って出してくれたのが、ももこさんのエッセイ集の「もものかんづめ」。 かじり読みしたら、こりゃ面白いは!

Momonokandume201808280314

 娘②:面白いよね! 闘病中とも知らず、突然でびっくりしたね。

こんなちびまる子一家の様な家族のLINEでしたが、

さくらももこさんのご冥福をお祈り致します。 合掌

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月27日 (月)

処暑の候の磯のアオバト

まだまだ続く猛暑にはうんざりしますね?鳥撮りに出掛けたくもこう暑くては・・・。

台風20号の余波が収まりかけた昨日、今季まだ行っていない近くのアオバトの磯に出掛けてみました。

Terugasaki20180826sp0320

朝7時前に着いた磯では今までに見たこともないほどの大勢のバーダーが。(数年前のキョクアジサシ以来でしょうか?) それもその筈。 夏休み最後の日曜日、台風一過の晴天。しかし、朝から猛暑!

Aobato201808269784

アオバトは、数十羽の群で頻繁に遣って来ました。

Aobato201808269603

台風の余波はすっかり収まっていて、大きな波は期待出来ません。

Aobato201808269690

偶に近場にも降り立ちましたが・・・これだけの人波ではね。

Aobato201808269695

遠くの岩場の雄鳥。

干潮を迎え、やがて磯遊びの家族連れも増えて来て

Terugasaki20180826sp0325

外れの岩礁を狙います。

Aobato201808269657

Aobato201808269775

磯遊びの子供や釣り人には警戒心が薄い様で

Aobato201808269789

こんな光景も。

2時間ほど居て、猛暑に耐え切れず引き上げました。

Aobato201808269795

夏富士をバックに飛翔するアオバトの群です。

近年は大幅に遅れているそうですが、富士山の初冠雪は通年9月30日とか。 あとひと月もすれば初冠雪が見えるのですね。

この暑さ、何とかして貰いたいものです。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 6日 (水)

アオバトの様子を見に照ヶ崎に

今日の野鳥はアオバトです。

帰宅してからやっと先日、大磯照ヶ崎のアオバトの様子を見に行くことが出来ました。

Aobato201709012329

Aobato201709012330

小笠原周辺に停滞する大型の台風15号。その影響で、大波が打ち寄せる岩場にも、いつものアオバトの姿がありました。

Aobato20170901z2336

打ち寄せる大波の波間に隙を見て海水を飲みますが、

Aobato201709012257

Aobato201709012258

波に飲まれることも、

いつもの照ヶ崎の光景です。

今回は、大波の襲撃から逃れて帰って来るアオバトを狙ってみました。

Aobato201709012338

Aobato201709012339

Aobato201709012340

Aobato201709012341

運良く、胸の色鮮やかな雄鳥の正面を捉えることが出来ました。

下は、当日の Big Wave

Bigwave20170901p004

後ろの山並は箱根の外輪山です。

(撮影日:2017.09.01)

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年10月 1日 (土)

波と戦うアオバト

今日の野鳥は、昨日に続き、先月の上旬に撮ったアオバトです。

Aobato2798z20160906ss

いきなりの縦長拡大写真ですが、打ち寄せる波から逃れるアオバト♂の姿です。

Aobato226420160906l

潮が引き、姿を現した岩礁をめがけて遣って来て、

Aobato235520160906l_2

我先にと降り立ちます。

Aobato236220160906l

小さな窪みに溜まった海水を飲んでいると・・・・・。いきなり大波が襲い掛かり、

Aobato237320160906l_2

Aobato237420160906l

Aobato237520160906l

Aobato237620160906l

Aobato237720160906l

岩礁はこんなパニックに。

それが、一度や二度ではありません。

Aobato248720160906l

Aobato248820160906l

Aobato248920160906l


Aobato276620160906l

Aobato276720160906l

Aobato276820160906l

こんな命がけのシーンが観えるのですから、アオバト目当ての大勢のバーダー達で賑わっていました。

Aobato280620160906l

Aobato241320160906l

上手く波から逃れて帰還するアオバト達。

この日は特に、海の色が綺麗でした。

(撮影日:2016.09.06)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

Birds of North America Greetings Unknown その他 アオアシシギ アオゲラ アオサギ アオシギ アオジ アオハライソヒヨドリ アオバズク アオバト アカアシカツオドリ アカアシシギ アカウソ アカエリカイツブリ アカエリヒレアシシギ アカオネッタイチョウ アカガシラカラスバト アカガシラサギ アカゲラ アカコッコ アカショウビン アカツクシガモ アカハシハジロ アカハジロ アカハラ アカハラダカ アカヒゲ アジサシ アトリ アナドリ アビ アホウドリ アマサギ アマツバメ アマミコゲラ アマミヒヨドリ アマミヤマシギ アメリカウズラシギ アメリカコガモ アメリカコハクチョウ アメリカヒドリ アリスイ イイジマムシクイ イカル イカルチドリ イシガキシジュウカラ イシガキヒヨドリ イスカ イソシギ イソヒヨドリ イヌワシ イワツバメ イワヒバリ インドクジャク インドハッカ ウグイス ウズラ ウズラシギ ウソ ウタツグミ ウチヤマセンニュウ ウトウ ウミアイサ ウミウ ウミスズメ ウミネコ エゾアカゲラ エゾビタキ エゾフクロウ エゾムシクイ エトピリカ エトロフウミスズメ エナガ エリグロアジサシ エリマキシギ オウチュウ オオアカゲラ オオアカハラ オオアジサシ オオカラモズ オオカワラヒワ オオクイナ オオグンカンドリ オオコノハズク オオシロハラミズナギドリ オオジシギ オオジュリン オオセグロカモメ オオセッカ オオソリハシシギ オオタカ オオトウゾクカモメ オオトラツグミ オオノスリ オオハクチョウ オオハシシギ オオハム オオバン オオヒシクイ オオホシハジロ オオマガン オオマシコ オオミズナギドリ オオムシクイ オオモズ オオヨシキリ オオルリ オオワシ オカヨシガモ オガサワラノスリ オガサワラヒヨドリ オガサワラメジロ オグロシギ オサハシブトガラス オシドリ オジロトウネン オジロビタキ オジロワシ オナガ オナガガモ オナガドリ オナガミズナギドリ オニアジサシ オバシギ オーストンオオアカゲラ オーストンヤマガラ カイツブリ カケス カササギ カシラダカ カタグロトビ カッコウ カツオドリ カナダヅル カモメ カヤクグリ カラアカハラ カラシラサギ カラスバト カラフトビンズイ カラフトムジセッカ カラフトワシ カラムクドリ カリガネ カルガモ カワアイサ カワウ カワガラス カワセミ カワラヒワ カンムリウミスズメ カンムリカイツブリ カンムリワシ ガビチョウ キアシシギ キガシラシトド キクイタダキ キジ キジバト キセキレイ キタツメナガセキレイ キタヤナギムシクイ キバシリ キバラガラ キビタキ キマユホオジロ キマユムシクイ キョウジョシギ キョクアジサシ キリアイ キレンジャク キンクロハジロ キンバト ギンザンマシコ ギンムクドリ クイナ クサシギ クビワキンクロ クマゲラ クマタカ クロアシアホウドリ クロアジサシ クロウタドリ クロガモ クロサギ クロジ クロツグミ クロツラヘラサギ クロヅル クロハラアジサシ ケアシノスリ ケイマフリ ケリ コアオアシシギ コアカゲラ コアジサシ コアホウドリ コイカル コウノトリ コウライアイサ コウライウグイス コウライキジ コオバシギ コオリガモ コガモ コガラ コクガン コクマルガラス コグンカンドリ コゲラ コサギ コサメビタキ コシアカツバメ コシジロオオソリハシシギ コシャクシギ コジュケイ コジュリン コチドリ コチョウゲンボウ コノドジロムシクイ コノハズク コハクチョウ コブハクチョウ コホオアカ コマドリ コマミジロタヒバリ コミミズク コムクドリ コモンシギ コヨシキリ コリンウズラ コルリ ゴイサギ ゴジュウカラ サカツラガン ササゴイ サシバ サバクヒタキ サバンナシトド サメビタキ サルハマシギ サンカノゴイ サンコウチョウ サンショウクイ シジュウカラ シジュウカラガン シチトウメジロ シノリガモ シベリアアオジ シベリアオオハシシギ シベリアジュリン シベリアハクセキレイ シマアオジ シマアカモズ シマアジ シマエナガ シマキンパラ シマゴマ シマセンニュウ シマフクロウ シメ シラオネッタイチョウ シラガホオジロ シラコバト シロアジサシ シロエリオオハム シロカモメ シロガシラ シロチドリ シロハラ シロハラクイナ シロハラゴジュウカラ シロハラホオジロ シロハラミズナギドリ ジャワアカガシラサギ ジュウイチ ジョウビタキ スイスの野鳥 スズガモ スズメ ズアカアオバト ズグロカモメ ズグロチャキンチョウ ズグロミゾゴイ セアカモズ セイタカシギ セキレイ(白化変異) セグロカッコウ セグロカモメ セグロサバクヒタキ セグロセキレイ セッカ センダイムシクイ ソウシチョウ ソデグロヅル ソリハシシギ ソリハシセイタカシギ タイミルセグロカモメ タイワンハクセキレイ タイワンヒヨドリ タカサゴクロサギ タカサゴモズ タカブシギ タゲリ タシギ タネコマドリ タヒバリ タマシギ タンチョウ ダイサギ ダイシャクシギ ダイゼン チゴハヤブサ チゴモズ チフチャフ チュウサギ チュウシャクシギ チュウダイサギ チュウヒ チョウゲンボウ チョウセンチョウゲンボウ チョウセンメジロ ツクシガモ ツグミ ツツドリ ツバメ ツバメチドリ ツミ ツメナガセキレイ ツルシギ テンニンチョウ トウゾクカモメ トウネン トキ トビ トモエガモ トラツグミ トラフズク ドバト ナベコウ ナベヅル ニシオジロビタキ ニシセグロカモメ ニュウナイスズメ ノグチゲラ ノゴマ ノジコ ノスリ ノドアカツグミ ノハラツグミ ノビタキ ハイイロオウチュウ ハイイロガン ハイイロチュウヒ ハイイロヒレアシシギ ハイイロミズナギドリ ハイタカ ハギマシコ ハクガン ハクセキレイ ハシナガウグイス ハシビロガモ ハシビロガモ(白化個体) ハシブトアジサシ ハシブトウミガラス ハシブトガラ ハシブトガラス ハシボソガラス ハシボソミズナギドリ ハジロカイツブリ ハジロクロハラアジサシ ハジロコチドリ ハチクマ ハチジョウツグミ ハッカチョウ ハマシギ ハマヒバリ ハヤブサ ハリオアマツバメ ハリオシギ ハリスホーク(飼育) バライロムクドリ バン ヒガラ ヒクイナ ヒシクイ ヒドリガモ ヒバリ ヒバリシギ ヒメアマツバメ ヒメイソヒヨ ヒメウ ヒメクイナ ヒメハジロ ヒヨドリ ヒレンジャク ビロードキンクロ ビンズイ フクロウ フルマカモメ ブッポウソウ ヘラサギ ベニアジサシ ベニバト ベニヒワ ベニマシコ ホウロクシギ ホオアカ ホオジロ ホオジロガモ ホオジロハクセキレイ ホシガラス ホシハジロ ホシムクドリ ホトトギス ホロホロチョウ(飼育) ホントウアカヒゲ マガモ マガン マキノセンニュウ マキバタヒバリ マナヅル マヒワ マミジロ マミジロキビタキ マミジロタヒバリ マミジロツメナガセキレイ マミチャジナイ ミコアイサ ミサゴ ミソサザイ ミゾゴイ ミツユビカモメ ミフウズラ ミミカイツブリ ミヤケコゲラ ミヤコドリ ミヤマカケス ミヤマガラス ミヤマホオジロ ミヤマホオジロ(部分白化) ミユビシギ ムギマキ ムクドリ ムナグロ ムネアカタヒバリ ムラサキサギ メグロ メジロ メジロガモ メダイチドリ メボソムシクイ メリケンキアシシギ モスケミソサザイ モズ ヤイロチョウ ヤイロチョウ(飼育下) ヤツガシラ ヤドリギツグミ ヤブサメ ヤマガラ ヤマゲラ ヤマシギ ヤマセミ ヤマドリ ヤマヒバリ ヤンバルクイナ ユキホオジロ ユリカモメ ヨシガモ ヨタカ ヨナグニカラスバト ヨーロッパトウネン ヨーロッパムナグロ ライチョウ リュウキュウアカショウビン リュウキュウキジバト リュウキュウキビタキ リュウキュウコゲラ リュウキュウコノハズク リュウキュウサンコウチョウ リュウキュウサンショウクイ リュウキュウツバメ リュウキュウハシブトガラス リュウキュウヒヨドリ リュウキュウメジロ リュウキュウヨシゴイ ルリカケス ルリビタキ ワカケホンセイインコ ワシカモメ 三宅島 三重県中勢地域 下甑島 九州 伊豆沼・蕪栗沼 倉敷フクロウの森 創作珍鳥 哺乳類 図鑑 大洗~苫小牧航路 奄美大島 宮古島 小笠原 年賀状 手料理 掛川花鳥園 撮影機材 昆虫 東京~八丈島航路 沖縄 爬虫類 短歌 石垣・与那国島 石垣・西表島 粟国島 絵ぶたまつり 羅臼のシャチ 舳倉島 蜻蛉 趣味 釣り 雨遊庵 魚類 鯨類&海獣 鵜飼