アマサギ

2018年6月20日 (水)

舳倉島の鳥(アマサギ)

今日の舳倉島の野鳥は、アマサギです。

Amasagi201805160244

北の海岸に数羽のアマサギの群が居ました。

Amasagi201805160252

Amasagi201805160257

咄嗟のことで全て白飛びです。

空抜けの飛び物を狙いました。

Amasagi201805169930

Amasagi201805171449

Amasagi201805171450

Amasagi201805171451

Amasagi201805171478

Amasagi201805171479

アマサギの名は夏羽の「亜麻色」からとの説。 しかし、「亜麻色」は比較的新しい造語で、「あめ色」をしたと言うのが名の由来とか?

Amasagi201805202881

海岸縁の草叢で若鳥を観ていたら、何と!ムカデを捕食しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 5日 (金)

甑島の野鳥(アマサギ)

今日の野鳥はアマサギです。

下甑島の農耕地では、昨日掲載のアカガシラサギの他、アマサギダイサギチュウサギコサギと、それにアオサギが観られました。

今日は、アカガシラサギと群で一緒に居たアマサギです。 花絡みを狙ってみましたが、今一でした。

Amasagi201704252926

シロツメグサの咲く農道に出て来たアマサギの番(?)です。

Amasagi201704241887

日本では夏鳥ですが、世界的にその分布域を増やしているそうです。代掻きのトラクターの後を追い駆けて虫を採餌する夏羽のアマサギは十分に撮影対象になりますよね。?

飛びものを少し、

Amasagi201704241495

Amasagi201704241501

下はやっとフレームに入った2羽並びです。

Amasagi201704241538

Amasagi201704263189

完全な婚姻色になるにはもう少し時間が掛かるようでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 4日 (土)

舳倉島のアマサギ

今日の舳倉島の野鳥はアマサギです。

一時期、どんどん勢力を伸ばして来て、関東一円でも群れの姿をよく目にしていましたが、未だ時期が早いのか、その姿は見えません。

訪れた舳倉島には2羽のアマサギが居て、島の東部の空を飛び廻っていました。

Amasagi575220160508l

Amasagi575420160508l

青空に白い翼が透けて綺麗でした。

そして次の日には、2羽が1羽に。

Amasagi643020160509

Amasagi643120160509

1羽は昨夜の内に抜けて行ったようでした。

(撮影日:2016.05.08&09)

**********************************************************************

話は変わって、

今日から郷里岡山の田舎に帰省しました。 明日からは、老母にお守を頼んでいた菜園の作業を始めます。

今回は、旧盆明けまで、恒例となった田舎暮らしをエンジョイする予定です。

野鳥撮影用に幾つか設定したMFのメンテナンスもしながら、岡山の野鳥の紹介も予定していますのでご期待を!

と言っても、もう少し舳倉島の野鳥を続けた後に三宅島の野鳥を掲載し、そして、帰省前に撮った地元神奈川を含む関東の野鳥をブログにと・・・、当分連載が続きますので宜しくお願い致します。

以上、ご報告まで   瑞鳥庵の住人

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年5月14日 (土)

代掻きの田で採餌するアマサギ

今日の野鳥もアマサギです。

トラクターが田植え前の代掻き(しろかき)をする田で、ムクドリと一緒にアマサギ達が昆虫類を採餌していました。代掻きが始まると、一斉に集まって来て、トラクターが掻いた後を追って行き、土の中から水面に出てきた昆虫類を啄ばみます。

Amasagi3779

Amasagi3781

今回の撮影で失態をやらかしました。トラクターの運転をされていた方に「撮るな!」と怒鳴られてしまいました。アマサギしか取っていないとの身勝手な思いで、断りもせずにレンズを向けましたこと、申し訳ありませんでした(*_ _)。 以後大反省です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月13日 (金)

渡来した夏羽のアマサギ

今日の野鳥はアマサギです。

ここ湘南の地では5月中旬頃から田植えの準備が本格的に始まります。先週の土曜日、ケリを撮りに行った帰りに寄った田圃では未だ水を入れる田はほとんど無く、今週に入ってから水入れが始まった様です。

それでも、季節の到来に合わせアマサギのペアーが水場にやって来ており、亜麻色の繁殖羽を風になびかせ、偶に冠羽の様に頭の羽を逆立てる様な仕草をしていました。

Amasagi3758

Amasagi3764

Amasagi3770

アマサギは世界中の熱帯、温帯域に生息域を持ち、近年そのエリアを拡大しているそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

Birds of North America Greetings Unknown その他 アオアシシギ アオゲラ アオサギ アオシギ アオジ アオバズク アオバト アカアシカツオドリ アカアシシギ アカウソ アカエリカイツブリ アカエリヒレアシシギ アカオネッタイチョウ アカガシラカラスバト アカガシラサギ アカゲラ アカコッコ アカショウビン アカツクシガモ アカハシハジロ アカハジロ アカハラ アカヒゲ アジサシ アトリ アナドリ アビ アホウドリ アマサギ アマツバメ アマミコゲラ アメリカウズラシギ アメリカコガモ アメリカコハクチョウ アメリカヒドリ アリスイ イイジマムシクイ イカル イカルチドリ イシガキシジュウカラ イシガキヒヨドリ イスカ イソシギ イソヒヨドリ イヌワシ イワツバメ イワヒバリ インドクジャク インドハッカ ウグイス ウズラ ウズラシギ ウソ ウタツグミ ウチヤマセンニュウ ウトウ ウミアイサ ウミウ ウミスズメ ウミネコ エゾアカゲラ エゾビタキ エゾフクロウ エゾムシクイ エトピリカ エトロフウミスズメ エナガ エリグロアジサシ エリマキシギ オウチュウ オオアカゲラ オオアカハラ オオアジサシ オオカラモズ オオカワラヒワ オオクイナ オオグンカンドリ オオコノハズク オオシロハラミズナギドリ オオジシギ オオジュリン オオセグロカモメ オオセッカ オオソリハシシギ オオタカ オオトウゾクカモメ オオノスリ オオハクチョウ オオハシシギ オオハム オオバン オオヒシクイ オオホシハジロ オオマシコ オオミズナギドリ オオムシクイ オオモズ オオヨシキリ オオルリ オオワシ オカヨシガモ オガサワラノスリ オガサワラヒヨドリ オガサワラメジロ オグロシギ オサハシブトガラス オシドリ オジロトウネン オジロビタキ オジロワシ オナガ オナガガモ オナガドリ オナガミズナギドリ オニアジサシ オバシギ オーストンオオアカゲラ オーストンヤマガラ カイツブリ カケス カササギ カシラダカ カタグロトビ カッコウ カツオドリ カナダヅル カモメ カヤクグリ カラアカハラ カラシラサギ カラスバト カラフトムジセッカ カラフトワシ カラムクドリ カリガネ カルガモ カワアイサ カワウ カワガラス カワセミ カワラヒワ カンムリウミスズメ カンムリカイツブリ カンムリワシ ガビチョウ キアシシギ キガシラシトド キクイタダキ キジ キジバト キセキレイ キタツメナガセキレイ キタヤナギムシクイ キバシリ キバラガラ キビタキ キマユホオジロ キマユムシクイ キョウジョシギ キョクアジサシ キリアイ キレンジャク キンクロハジロ キンバト ギンザンマシコ ギンムクドリ クイナ クサシギ クビワキンクロ クマゲラ クマタカ クロアシアホウドリ クロアジサシ クロウタドリ クロガモ クロサギ クロジ クロツグミ クロツラヘラサギ クロヅル クロハラアジサシ ケアシノスリ ケイマフリ ケリ コアオアシシギ コアカゲラ コアジサシ コアホウドリ コイカル コウノトリ コウライアイサ コウライウグイス コウライキジ コオバシギ コオリガモ コガモ コガラ コクガン コクマルガラス コグンカンドリ コゲラ コサギ コサメビタキ コシアカツバメ コシジロオオソリハシシギ コシャクシギ コジュケイ コジュリン コチドリ コチョウゲンボウ コノハズク コハクチョウ コブハクチョウ コホオアカ コマドリ コマミジロタヒバリ コミミズク コムクドリ コヨシキリ コルリ ゴイサギ ゴジュウカラ サカツラガン ササゴイ サシバ サバクヒタキ サバンナシトド サメビタキ サルハマシギ サンカノゴイ サンコウチョウ サンショウクイ シジュウカラ シジュウカラガン シチトウメジロ シノリガモ シベリアアオジ シベリアオオハシシギ シベリアジュリン シベリアハクセキレイ シマアオジ シマアカモズ シマアジ シマエナガ シマキンパラ シマゴマ シマセンニュウ シマフクロウ シメ シラオネッタイチョウ シラガホオジロ シラコバト シロアジサシ シロエリオオハム シロカモメ シロガシラ シロチドリ シロハラ シロハラクイナ シロハラゴジュウカラ シロハラホオジロ シロハラミズナギドリ ジュウイチ ジョウビタキ スイスの野鳥 スズガモ スズメ ズアカアオバト ズグロカモメ ズグロチャキンチョウ ズグロミゾゴイ セアカモズ セイタカシギ セキレイ(白化変異) セグロカモメ セグロサバクヒタキ セグロセキレイ セッカ センダイムシクイ ソウシチョウ ソデグロヅル ソリハシシギ ソリハシセイタカシギ タイミルセグロカモメ タイワンハクセキレイ タイワンヒヨドリ タカサゴクロサギ タカサゴモズ タカブシギ タゲリ タシギ タネコマドリ タヒバリ タマシギ タンチョウ ダイサギ ダイシャクシギ ダイゼン チゴハヤブサ チゴモズ チフチャフ チュウサギ チュウシャクシギ チュウダイサギ チュウヒ チョウゲンボウ チョウセンチョウゲンボウ チョウセンメジロ ツクシガモ ツグミ ツツドリ ツバメ ツバメチドリ ツミ ツメナガセキレイ ツルシギ テンニンチョウ トウゾクカモメ トウネン トキ トビ トモエガモ トラツグミ トラフズク ドバト ナベコウ ナベヅル ニシオジロビタキ ニシセグロカモメ ニュウナイスズメ ノグチゲラ ノゴマ ノジコ ノスリ ノハラツグミ ノビタキ ハイイロオウチュウ ハイイロチュウヒ ハイイロヒレアシシギ ハイイロミズナギドリ ハイタカ ハギマシコ ハクガン ハシナガウグイス ハシビロガモ ハシブトアジサシ ハシブトウミガラス ハシブトガラ ハシブトガラス ハシボソガラス ハシボソミズナギドリ ハジロカイツブリ ハジロクロハラアジサシ ハジロコチドリ ハチクマ ハチジョウツグミ ハッカチョウ ハマシギ ハヤブサ ハリオアマツバメ ハリスホーク(飼育) バン ヒガラ ヒクイナ ヒシクイ ヒドリガモ ヒバリ ヒバリシギ ヒメアマツバメ ヒメイソヒヨ ヒメウ ヒメクイナ ヒヨドリ ヒレンジャク ビロードキンクロ ビンズイ フクロウ フルマカモメ ブッポウソウ ヘラサギ ベニアジサシ ベニヒワ ベニマシコ ホウロクシギ ホオアカ ホオジロ ホオジロガモ ホオジロハクセキレイ ホシガラス ホシハジロ ホシムクドリ ホトトギス ホロホロチョウ(飼育) ホントウアカヒゲ マガモ マガン マキノセンニュウ マナヅル マヒワ マミジロ マミジロキビタキ マミジロタヒバリ マミジロツメナガセキレイ マミチャジナイ ミコアイサ ミサゴ ミソサザイ ミゾゴイ ミツユビカモメ ミフウズラ ミミカイツブリ ミヤケコゲラ ミヤコドリ ミヤマカケス ミヤマガラス ミヤマホオジロ ミユビシギ ムギマキ ムクドリ ムナグロ ムネアカタヒバリ ムラサキサギ メグロ メジロ メジロガモ メダイチドリ メボソムシクイ メリケンキアシシギ モスケミソサザイ モズ ヤイロチョウ ヤイロチョウ(飼育下) ヤツガシラ ヤブサメ ヤマガラ ヤマゲラ ヤマシギ ヤマセミ ヤマドリ ヤマヒバリ ヤンバルクイナ ユキホオジロ ユリカモメ ヨシガモ ヨタカ ヨナグニカラスバト ヨーロッパトウネン ライチョウ リュウキュウアカショウビン リュウキュウキジバト リュウキュウキビタキ リュウキュウコゲラ リュウキュウコノハズク リュウキュウサンコウチョウ リュウキュウサンショウクイ リュウキュウツバメ リュウキュウヒヨドリ リュウキュウメジロ リュウキュウヨシゴイ ルリカケス ルリビタキ ワカケホンセイインコ ワシカモメ 三宅島 下甑島 伊豆沼・蕪栗沼 倉敷フクロウの森 創作珍鳥 図鑑 大洗~苫小牧航路 奄美大島 宮古島 小笠原 年賀状 掛川花鳥園 東京~八丈島航路 沖縄 短歌 石垣・与那国島 石垣・西表島 絵ぶたまつり 羅臼のシャチ 舳倉島 蜻蛉 趣味 雨遊庵 鯨類&海獣 鵜飼