アカウソ

2017年2月22日 (水)

湖畔の林道で採餌するアカウソ

今日の野鳥は、亜種アカウソです。

Akauso201702182721

Akauso201702182783

ダム湖畔の林道に、4羽のアカウソの群が居て、

Akauso201702182733

Akauso201702182736

膨らみ始めた新芽を啄ばんでいましたが、

好物の木の実は前日の春一番で落ちてしまったのでしょうか?

Akauso201702182806

Akauso201702182820

Akauso201702182828

アカウソの採餌場は、もっぱら、アスファルト敷きの林道の上で、

Akauso201702182831

Akauso201702182832

Akauso201702182833

移動も両足併せのピョンピヨン跳びです。

Akauso201702182839

Akauso201702182841

吹き溜まりで黙々と採餌に勤しんでいました。

Akauso201702182849

(撮影日:2017.02.18)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月15日 (水)

紫式部の実を食べるアカウソ

今日の野鳥も亜種アカウソです。

Akauso201702131758

水場に遣って来たアカウソ達は、覗き穴の側のムラサキシキブの枝先に止まってしきりに実を食べ始めました。

初秋に小さな紫色の実を付けるムラサキシキブですが、大抵はメジロに食べ尽くされてしまいます。そのムラサキシキブの実がカラカラに乾燥して、枝先に残っているようです。

アカウソにしてみれば、美味しいドライフルーツなのでしょうか?

Akauso201702131753

Akauso201702131764

Akauso201702131773

下は、食欲旺盛なアカウソの雌鳥です。

Akauso201702131712

水場の覗き穴からカメラマンの顔や機材が見え隠れする中、一心不乱に食べていました。

Akauso201702131725

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月14日 (火)

水場に遣って来たアカウソ

今日の野鳥は、亜種アカウソです。

昨日は午前中に少し時間が出来たので、神奈川に帰宅して初めての鳥撮りに、近くの山の公園に出掛けてみました。

水場に着くと暫くして、アカウソの雄鳥が水盤に遣って来ました。

Akauso201702131620

いつもの、覗き穴専用の34の調子でいると大写しになってしまい、

Akauso201702131624

ズームを絞って撮り直しです。

Akauso201702131643

渡来に波があるアカウソですが、昨季に続いて少数(♂1、♀2)が渡って来たようです。

Akauso201702131652

止まり木に止まるアカウソ♂ お腹を見せないとウソ

Akauso201702131653

お腹を見せると・・・ 真っ赤なアカウソcoldsweats01

天気が良過ぎてハイコントラストの写真になりましたが、アカウソの腹部の赤い羽色が綺麗に出ました。

以下、止まり木止まりの写真です。

Akauso201702131656

Akauso201702131668

Akauso201702131784

Akauso201702131802

最後の写真は、舌を出したシーンですが、美味しい花芽でも見付けたのか、舌なめずりの所作の様に見えますね。

山の公園のアカウソ。 毎年一度は会いたい野鳥です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年3月10日 (木)

紅葉の種子を食べる鷽

今日の野鳥はウソ亜種アカウソ)♀です。

先週末に行った山の公園には、紅葉の種子を食べるウソの雌鳥が居ました。

Akauso016820160305l

この時期、紅葉の木には、もう殆ど種子は残っていませんが、枝先に僅かに残る種子を小枝に絡まりながら巧みに採餌していました。

Akauso018720160305l_7

Akauso019520160305l

Akauso021620160305l

Akauso022220160305l

正にアクロバット姿勢での採餌でしたが、枝被りを避けながらの撮影も大変でした。

Akauso015220160305

時にはこんなホバリングも披露してくれましたが、残念ながら、雄鳥の姿は観えませんでした。

(撮影日:2016.03.05)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月 8日 (火)

鷽に会いに山の公園に

今日の野鳥はウソ亜種アカウソ)です。

ここのところ遠征が続き、近所の山の公園の水場には行っていませんでしたが、ウソミヤマホオジロが出ているとの情報を貰い、先週末に出掛けてみました。

好天が3、4日続いたので、サンクチュアリーの水場はさぞかし盛況なことと思っていましたがそうでもない様子。

Akauso001920160305

Akauso001320160305

お昼前にウソの雌が一羽だけ水場に出て来てくれましたが・・・、あとはさっぱり。

殆んどのカメラマンの方が撤収して行かれる中で、奇跡のゴールデンタイムを期待して、3時半まで粘ることに。 

ウソの雌を撮って、赤い雄が撮れないで帰るなどということは、大変惨めです。(良くあることですがね。coldsweats01

3時を過ぎて、とうとう二人になってしまいました。

そして、刻限の3時半。 水場に2、3羽のミヤマホオジロが現れ、ルリビタキの♂も飛び交い始めました。 ついに、期待していたゴールデンタイムの始まりです。smile

ミヤマホオジロルリビタキを撮っていると、枝にシメが?

Akauso050820160305

否、待っていたウソの雄鳥でした。

その後約1時間、嘘のような、オールキャストのゴールデンアワーが続きました。もちろん、途中でのCMも入りません。happy01

Akauso055220160305

胸に赤みを帯びた亜種アカウソです。

Akauso057020160305

の花芽を沢山食べたのでしょう。何度も顔を浸けて水を飲んでいました。

Akauso061220160305

Akauso063120160305l

(クリックで少し大きな写真になります。)

Akauso059520160305

Akauso065920160305

朝出た同じ個体かどうか分かりませんが、連れ添って来た雌鳥も綺麗な個体でした。

いつもこうだとは問屋が卸しませんが、この日は久々の粘り勝ち。気が付くとカメラマンは5人に増えていました。そして、残った二人が意気揚々と山を降りて来たのは言うまでもありません。(偶には自慢もさせて下さい。)

爆写した残りのミヤマホオジロルリビタキの写真は後日披露致します。

(撮影日:2016.03.05)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月22日 (月)

山の公園のアカウソ

好天に恵まれた一昨日、残っている庭木の剪定を午前中に終えて(と言うより放棄して)、ウソが出ていると聞いたいつもの山の公園の水場に出掛けてみました。

午後1時を過ぎた水場には常連客の姿はなく、それでもウソ待ちの4名ほどのカメラマンが居られ、聞くと、朝から4回ほど水場に降り立ち、先ほど5分前にも出たとのこと。 情報は嘘では有りませんでした。 ここの常連さん達は午前中で飽くほど撮って帰られた?のでしょう。

辛抱強く待つこと1時間半、ゴールデンタイムと常連さん達が呼ぶ?3時前に出て来てくれました。

Akauso271520141219

お腹の赤いアカウソのオスです。

Akauso296820141219

日陰、半逆光の水場に降り立ち

Akauso299520141219

Akauso300920141219

余程のどが渇いていたのか何度も水を飲んで

Akauso301520141219

やがて飛び去って行きました。

劣化したバッテリーを新調したこともあって、我がカメラの連写性能は言うことなし。自分が発する機関銃の様な連写音に恥ずかしさを覚えつつ、撮った写真は300ショットを遥かに超えていました。

今年は4年ぶりにウソの多い年になるのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月30日 (日)

山の水場のアカウソ

今日の野鳥は、昨日、近くの山の公園の水場で撮った亜種アカウソです。

昨日は、トラフズクの場所から、毎年この時期になると営巣して2月の中旬に雛を孵すカワガラスの場所に状況確認に出向き、午後1時半には、いつもの山の公園に居ました。

水場に着くと久し振りの鳥友達数名に会い、早速冗談混じりのウソの話になりましたが、ものの5分もしないうちに、なんとそのウソが番で出て来てくれました。 本当に間の良い嘘の様な出来ごとに撮影を終えて皆で大笑いでした。

この山の公園は桜の名所で、ずい分と昔のことになりますが、ウソの群れが桜の花芽を食い荒らし、花見を台無しにした年もあったそうですが、去年は姿を見せず、期待した今年もやっと2週間ほど前から偶に一番が出ているそうです。

Akauso6680

赤い頬の輪郭がはっきりせず、胸から下腹にかけて薄いピンク色が入っていることから亜種アカウソと判定します。

Akauso6681

水浴びシーンを期待しましたが、水飲みの後に飛立ちました。

Akauso6683

番の雌です。

Akauso6700

シメの雌もやって来て一時期水場がにぎやかになりましたが、この日はその後(4時までは)出て来てはくれませんでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年1月 4日 (火)

亜種アカウソに遇えた

今日の野鳥は、胸が紅色に染まるウソの一亜種アカウソです。

オオマシコを撮りに行った林道で、撮影を終えて機材を車に片付けた後、高い梢に2羽の鳥影を見付け、確認したところ何とアカウソ。急いで機材を取り出して再度撮影モードに復帰しました。

ウソは3亜種(世界では11亜種)に分けられるそうですが、夏の富士山5合目の様な亜高山帯に棲むウソの雄の頬の赤色部分が際立ち、胸の灰色との境がはっきりしています。別亜種に、胸の下部まで、全体が紅色をしたベニバラウソが居るそうですが、まだお目にかかったことはありません。このアカウソは極東ロシアの地で繁殖し冬鳥として渡来するそうで、一説には、各地で観られるウソの大部分はこのアカウソだそうです。

Akauso5401

胸が赤く染まるアカウソの雄

Akauso5407

手前のもう一羽は頬の赤色も薄く、胸の灰色との境もはっきりしません。後ろのアカウソとは個体差が大きいようです。

Akauso5428_2 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

Greetings | その他 | アオアシシギ | アオゲラ | アオサギ | アオシギ | アオジ | アオバズク | アオバト | アカアシシギ | アカウソ | アカエリカイツブリ | アカエリヒレアシシギ | アカガシラサギ | アカゲラ | アカコッコ | アカショウビン | アカハシハジロ | アカハジロ | アカハラ | アカヒゲ | アジサシ | アトリ | アビ | アマサギ | アマツバメ | アマミコゲラ | アメリカウズラシギ | アメリカコガモ | アメリカコハクチョウ | アメリカヒドリ | アリスイ | イイジマムシクイ | イカル | イカルチドリ | イシガキシジュウカラ | イシガキヒヨドリ | イソシギ | イソヒヨドリ | イヌワシ | イワツバメ | イワヒバリ | インドクジャク | インドハッカ | ウグイス | ウズラ | ウズラシギ | ウソ | ウタツグミ | ウチヤマセンニュウ | ウトウ | ウミアイサ | ウミウ | ウミスズメ | ウミネコ | エゾビタキ | エゾフクロウ | エゾムシクイ | エトピリカ | エナガ | エリグロアジサシ | エリマキシギ | オオアカゲラ | オオアカハラ | オオアジサシ | オオカワラヒワ | オオコノハズク | オオジシギ | オオジュリン | オオセグロカモメ | オオセッカ | オオソリハシシギ | オオタカ | オオハクチョウ | オオハシシギ | オオハム | オオバン | オオヒシクイ | オオホシハジロ | オオマシコ | オオミズナギドリ | オオモズ | オオヨシキリ | オオルリ | オオワシ | オカヨシガモ | オグロシギ | オサハシブトガラス | オシドリ | オジロトウネン | オジロワシ | オナガ | オナガガモ | オナガドリ | オニアジサシ | オバシギ | オーストンオオアカゲラ | オーストンヤマガラ | カイツブリ | カケス | カササギ | カシラダカ | カッコウ | カナダヅル | カモメ | カヤクグリ | カラアカハラ | カラシラサギ | カラスバト | カラフトワシ | カラムクドリ | カルガモ | カワアイサ | カワウ | カワガラス | カワセミ | カワラヒワ | カンムリカイツブリ | カンムリワシ | ガビチョウ | キアシシギ | キガシラシトド | キクイタダキ | キジ | キジバト | キセキレイ | キタヤナギムシクイ | キバシリ | キバラガラ | キビタキ | キマユホオジロ | キマユムシクイ | キョウジョシギ | キョクアジサシ | キリアイ | キレンジャク | キンクロハジロ | キンバト | ギンザンマシコ | ギンムクドリ | クイナ | クサシギ | クビワキンクロ | クマゲラ | クマタカ | クロウタドリ | クロガモ | クロサギ | クロジ | クロツグミ | クロツラヘラサギ | クロヅル | ケアシノスリ | ケイマフリ | ケリ | コアオアシシギ | コアカゲラ | コアジサシ | コイカル | コウノトリ | コウライアイサ | コウライキジ | コオバシギ | コオリガモ | コガモ | コガラ | コクガン | コクマルガラス | コグンカンドリ | コゲラ | コサギ | コサメビタキ | コシアカツバメ | コシジロオオソリハシシギ | コジュケイ | コジュリン | コチドリ | コチョウゲンボウ | コノハズク | コハクチョウ | コブハクチョウ | コホオアカ | コマドリ | コミミズク | コムクドリ | コヨシキリ | コルリ | ゴイサギ | ゴジュウカラ | サカツラガン | ササゴイ | サシバ | サバクヒタキ | サバンナシトド | サメビタキ | サルハマシギ | サンカノゴイ | サンコウチョウ | サンショウクイ | シジュウカラ | シジュウカラガン | シチトウメジロ | シノリガモ | シベリアアオジ | シベリアオオハシシギ | シベリアハクセキレイ | シマアオジ | シマアカモズ | シマアジ | シマキンパラ | シマゴマ | シマセンニュウ | シマフクロウ | シメ | シラガホオジロ | シラコバト | シロエリオオハム | シロカモメ | シロガシラ | シロチドリ | シロハラ | シロハラクイナ | シロハラゴジュウカラ | シロハラホオジロ | ジュウイチ | ジョウビタキ | スイスの野鳥 | スズガモ | スズメ | ズアカアオバト | ズグロカモメ | ズグロミゾゴイ | セアカモズ | セイタカシギ | セキレイ(白化変異) | セグロカモメ | セグロサバクヒタキ | セグロセキレイ | セッカ | センダイムシクイ | ソウシチョウ | ソデグロヅル | ソリハシシギ | ソリハシセイタカシギ | タイミルセグロカモメ | タイワンハクセキレイ | タカサゴクロサギ | タカサゴモズ | タカブシギ | タゲリ | タシギ | タネコマドリ | タヒバリ | タマシギ | タンチョウ | ダイサギ | ダイシャクシギ | ダイゼン | チゴハヤブサ | チフチャフ | チュウサギ | チュウシャクシギ | チュウダイサギ | チュウヒ | チョウゲンボウ | チョウセンチョウゲンボウ | ツクシガモ | ツグミ | ツツドリ | ツバメ | ツバメチドリ | ツミ | ツメナガセキレイ | ツルシギ | テンニンチョウ | トウネン | トキ | トビ | トモエガモ | トラツグミ | トラフズク | ドバト | ナベコウ | ナベヅル | ニシオジロビタキ | ニシセグロカモメ | ニュウナイスズメ | ノグチゲラ | ノゴマ | ノジコ | ノスリ | ノハラツグミ | ノビタキ | ハイイロチュウヒ | ハイタカ | ハギマシコ | ハクガン | ハシビロガモ | ハシブトアジサシ | ハシブトガラ | ハシブトガラス | ハシボソミズナギドリ | ハジロカイツブリ | ハジロクロハラアジサシ | ハジロコチドリ | ハチクマ | ハチジョウツグミ | ハマシギ | ハヤブサ | ハリスホーク(飼育) | バン | ヒガラ | ヒクイナ | ヒドリガモ | ヒバリ | ヒバリシギ | ヒメウ | ヒメクイナ | ヒヨドリ | ヒレンジャク | ビロードキンクロ | ビンズイ | フクロウ | フルマカモメ | ブッポウソウ | ヘラサギ | ベニヒワ | ベニマシコ | ホウロクシギ | ホオアカ | ホオジロ | ホオジロガモ | ホオジロハクセキレイ | ホシガラス | ホシハジロ | ホシムクドリ | ホトトギス | ホロホロチョウ(飼育) | ホントウアカヒゲ | マガモ | マガン | マキノセンニュウ | マナヅル | マヒワ | マミジロキビタキ | マミジロタヒバリ | マミチャジナイ | ミコアイサ | ミサゴ | ミソサザイ | ミゾゴイ | ミツユビカモメ | ミミカイツブリ | ミヤケコゲラ | ミヤコドリ | ミヤマガラス | ミヤマホオジロ | ミユビシギ | ムギマキ | ムクドリ | ムナグロ | ムネアカタヒバリ | ムラサキサギ | メジロ | メダイチドリ | メボソムシクイ | メリケンキアシシギ | モスケミソサザイ | モズ | ヤイロチョウ(飼育下) | ヤツガシラ | ヤブサメ | ヤマガラ | ヤマゲラ | ヤマシギ | ヤマセミ | ヤマドリ | ヤマヒバリ | ヤンバルクイナ | ユキホオジロ | ユリカモメ | ヨシガモ | ヨーロッパトウネン | ライチョウ | リュウキュウキジバト | リュウキュウキビタキ | リュウキュウコゲラ | リュウキュウコノハズク | リュウキュウサンショウクイ | リュウキュウツバメ | リュウキュウメジロ | リュウキュウヨシゴイ | ルリカケス | ルリビタキ | ワカケホンセイインコ | ワシカモメ | 倉敷フクロウの森 | 創作珍鳥 | 図鑑 | 年賀状 | 絵ぶたまつり | 羅臼のシャチ | 趣味