カケス

2016年7月 5日 (火)

八東の森のカケス

今日の野鳥はカケスです。

先月の下旬、「八東ふる里の森」で抱卵中のアカショウビンの交代を待っていると、

Kakesu094120160622l

ブナの森の奥で騒ぐ2羽の鳥が居ました。咄嗟でシャッタを押してみると、2羽のカケスが写っていました。

(撮影日:2016.06.22)

好奇心の旺盛なカケスで、次の日には、巣立ったオオコノハズクの雛にちょっかいを出してオオコノハズクの親鳥にモビングされていたそうですよ。

ところで、6月21日、今日当たり巣立ちか、と思われていたオオコノハズクの最後の雛達は、予想から1週間以上遅れて3羽が無事巣立ったそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月18日 (木)

郷里の山のカケス

今日の野鳥はカケスです。

郷里からの帰宅を前にした祝日、近傍の3箇所のフィールドを巡回してみました。

鳥影は少なく、期待外れでしたが、

Kakesu575420160211l

日陰の雑木林の斜面で採餌するカケスの姿がありました。 (クリックで少し大きな写真になります。)

車窓から狙うのですが、枝被りで如何しようもありません。でも、何とか、寒空の下の枝止まりのカケスの写真を収めることが出来ました。

(撮影日:2016.02.11)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月29日 (水)

山の公園のカケス

今日の野鳥はカケスです。

山の公園といっても帰省中の郷里岡山の公園で、先日つつじ祭りで賑わった「弥高山公園」です。 標高654m。晩秋の雲海でも有名な山の公園でもあります。

菜園の作業も一段落し、あとは注文した夏野菜の苗が届くのを待つまでとなりましたので、カメラ片手に山の公園に出掛けてみました。

Kakesu554820150428s

キビタキのポイントで待っていたら一羽のカケスが現れました。

鋭い眼つきですね。

Kakesu553420150428s

ドングリのへたが散らばる地面に降りて採餌をしていましたが、この時期ドングリは残っているはずもなく、何を探していたのでしょうかね。

Kakesu552720150428

Kakesu556320150428

高木の梢でさえずるキビタキの声と笹薮でさえずるウグイスの声を聞きながら小一時間を過ごしましたが、声はすれども姿は・・・で、少々閉口気味のところでしたが、少し大物のカケスが撮れて満足した一日となりました。

Yamabukiyae557820150428

公園脇に咲いていた八重のヤマブキの花

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月25日 (火)

カケスの飛翔姿

ズームレンズ片手の散策では、その機動性もあってか思いがけないシーンが撮れることがあります。

ジャージャー」と林の中でうるさく鳴いていたカケスの群れの中の一羽が急に飛び出し、

Kakesu780320141118

咄嗟に構えてシャッターを押しました。 下からの見上げですが光る目も写せました。

雨覆羽にある特徴の青白黒の綺麗な斑模様は裏側からも見えるんですね。

Kakesu780420141118

翼を閉じて急降下で林に突っ込むカケスの姿です。凄い顔付きをしています。

Nosuri784120141118

カケスの入った林の杉の木の天辺にはノスリの姿もありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月24日 (火)

峠のカケス②

今日の野鳥はコマドリのリベンジで行った同じ峠のカケスで、先に掲載のカケスと同じ個体と思います。

この沢筋で狙うのはコマドリコルリといった小鳥ですので400mmの長玉にエクステンダー(テレコン)を装着しての撮影になります。小鳥の出を待っているといきなりカケスが出て来て、

Kakesu4813

こんな大写しになってしまいました。

急いでエクステンダーを取り外して、里ではなかなか取れない枝被りの無いカケスの写真を撮りました。

Kakesu4925

Kakesu4929

Kakesu5176

カケスはアイリングが白いので、どんな写真でも顔つきがはっきりします。しかし、人相(鳥相)はきつくて、「ギャーギャー」という濁声に似て怖い顔をしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 8日 (日)

峠のカケス

今日の野鳥はコマドリを撮りに行った峠に現れたカケスです。

広域に生息し野鳥撮影に赴く方々でよく目にする野鳥ですが、撮影ともなると、動きが早く、また、枝被りのシーンばかりでなかなか良い写真は写せません。

この日も、峠の林の上を「ジャー、ジャー」というあの独特の鳴き声を響かせながら数羽で移動していましたが、一度、その中の一羽が沢筋に降りて来てくれ、ほんの十数秒間だけ倒木の上に止まってくれました。

Kakesu2803

近くに降り立ったのですが枝被りです。

Kakesu2806

倒木の上に降りて来てくれました。ゴマ塩頭に鋭い眼つき。

Kakesu2812

もう少し居てくれと願う間もなくすぐに飛び去って行きました。

カケスの学名(ラテン語)は Garrulus glandarius。 日本語訳は「ドングリ好きのお喋り」です。その名の通り、カシ類のドングリが好物で貯食の習性もあるとか。「お喋り」はあのうるさいにぎやかな鳴き声から容易に理解できます。 ついでに、英名では Jay と言いますが、米国東海岸には同じカケスの仲間の Blue jay という青い羽をした綺麗な野鳥が身近で観察できましたが、やはり鳴き声はカケスに似ていただけませんでした。

Blue jay については「瑞鳥庵HOMEPAGE」で御覧になれます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

Birds of North America Greetings Unknown その他 アオアシシギ アオゲラ アオサギ アオシギ アオジ アオバズク アオバト アカアシカツオドリ アカアシシギ アカウソ アカエリカイツブリ アカエリヒレアシシギ アカオネッタイチョウ アカガシラカラスバト アカガシラサギ アカゲラ アカコッコ アカショウビン アカツクシガモ アカハシハジロ アカハジロ アカハラ アカヒゲ アジサシ アトリ アナドリ アビ アホウドリ アマサギ アマツバメ アマミコゲラ アメリカウズラシギ アメリカコガモ アメリカコハクチョウ アメリカヒドリ アリスイ イイジマムシクイ イカル イカルチドリ イシガキシジュウカラ イシガキヒヨドリ イスカ イソシギ イソヒヨドリ イヌワシ イワツバメ イワヒバリ インドクジャク インドハッカ ウグイス ウズラ ウズラシギ ウソ ウタツグミ ウチヤマセンニュウ ウトウ ウミアイサ ウミウ ウミスズメ ウミネコ エゾアカゲラ エゾビタキ エゾフクロウ エゾムシクイ エトピリカ エトロフウミスズメ エナガ エリグロアジサシ エリマキシギ オウチュウ オオアカゲラ オオアカハラ オオアジサシ オオカラモズ オオカワラヒワ オオクイナ オオグンカンドリ オオコノハズク オオシロハラミズナギドリ オオジシギ オオジュリン オオセグロカモメ オオセッカ オオソリハシシギ オオタカ オオトウゾクカモメ オオノスリ オオハクチョウ オオハシシギ オオハム オオバン オオヒシクイ オオホシハジロ オオマシコ オオミズナギドリ オオムシクイ オオモズ オオヨシキリ オオルリ オオワシ オカヨシガモ オガサワラノスリ オガサワラヒヨドリ オガサワラメジロ オグロシギ オサハシブトガラス オシドリ オジロトウネン オジロビタキ オジロワシ オナガ オナガガモ オナガドリ オナガミズナギドリ オニアジサシ オバシギ オーストンオオアカゲラ オーストンヤマガラ カイツブリ カケス カササギ カシラダカ カタグロトビ カッコウ カツオドリ カナダヅル カモメ カヤクグリ カラアカハラ カラシラサギ カラスバト カラフトビンズイ カラフトムジセッカ カラフトワシ カラムクドリ カリガネ カルガモ カワアイサ カワウ カワガラス カワセミ カワラヒワ カンムリウミスズメ カンムリカイツブリ カンムリワシ ガビチョウ キアシシギ キガシラシトド キクイタダキ キジ キジバト キセキレイ キタツメナガセキレイ キタヤナギムシクイ キバシリ キバラガラ キビタキ キマユホオジロ キマユムシクイ キョウジョシギ キョクアジサシ キリアイ キレンジャク キンクロハジロ キンバト ギンザンマシコ ギンムクドリ クイナ クサシギ クビワキンクロ クマゲラ クマタカ クロアシアホウドリ クロアジサシ クロウタドリ クロガモ クロサギ クロジ クロツグミ クロツラヘラサギ クロヅル クロハラアジサシ ケアシノスリ ケイマフリ ケリ コアオアシシギ コアカゲラ コアジサシ コアホウドリ コイカル コウノトリ コウライアイサ コウライウグイス コウライキジ コオバシギ コオリガモ コガモ コガラ コクガン コクマルガラス コグンカンドリ コゲラ コサギ コサメビタキ コシアカツバメ コシジロオオソリハシシギ コシャクシギ コジュケイ コジュリン コチドリ コチョウゲンボウ コノハズク コハクチョウ コブハクチョウ コホオアカ コマドリ コマミジロタヒバリ コミミズク コムクドリ コモンシギ コヨシキリ コルリ ゴイサギ ゴジュウカラ サカツラガン ササゴイ サシバ サバクヒタキ サバンナシトド サメビタキ サルハマシギ サンカノゴイ サンコウチョウ サンショウクイ シジュウカラ シジュウカラガン シチトウメジロ シノリガモ シベリアアオジ シベリアオオハシシギ シベリアジュリン シベリアハクセキレイ シマアオジ シマアカモズ シマアジ シマエナガ シマキンパラ シマゴマ シマセンニュウ シマフクロウ シメ シラオネッタイチョウ シラガホオジロ シラコバト シロアジサシ シロエリオオハム シロカモメ シロガシラ シロチドリ シロハラ シロハラクイナ シロハラゴジュウカラ シロハラホオジロ シロハラミズナギドリ ジャワアカガシラサギ ジュウイチ ジョウビタキ スイスの野鳥 スズガモ スズメ ズアカアオバト ズグロカモメ ズグロチャキンチョウ ズグロミゾゴイ セアカモズ セイタカシギ セキレイ(白化変異) セグロカモメ セグロサバクヒタキ セグロセキレイ セッカ センダイムシクイ ソウシチョウ ソデグロヅル ソリハシシギ ソリハシセイタカシギ タイミルセグロカモメ タイワンハクセキレイ タイワンヒヨドリ タカサゴクロサギ タカサゴモズ タカブシギ タゲリ タシギ タネコマドリ タヒバリ タマシギ タンチョウ ダイサギ ダイシャクシギ ダイゼン チゴハヤブサ チゴモズ チフチャフ チュウサギ チュウシャクシギ チュウダイサギ チュウヒ チョウゲンボウ チョウセンチョウゲンボウ チョウセンメジロ ツクシガモ ツグミ ツツドリ ツバメ ツバメチドリ ツミ ツメナガセキレイ ツルシギ テンニンチョウ トウゾクカモメ トウネン トキ トビ トモエガモ トラツグミ トラフズク ドバト ナベコウ ナベヅル ニシオジロビタキ ニシセグロカモメ ニュウナイスズメ ノグチゲラ ノゴマ ノジコ ノスリ ノハラツグミ ノビタキ ハイイロオウチュウ ハイイロチュウヒ ハイイロヒレアシシギ ハイイロミズナギドリ ハイタカ ハギマシコ ハクガン ハシナガウグイス ハシビロガモ ハシブトアジサシ ハシブトウミガラス ハシブトガラ ハシブトガラス ハシボソガラス ハシボソミズナギドリ ハジロカイツブリ ハジロクロハラアジサシ ハジロコチドリ ハチクマ ハチジョウツグミ ハッカチョウ ハマシギ ハヤブサ ハリオアマツバメ ハリスホーク(飼育) バン ヒガラ ヒクイナ ヒシクイ ヒドリガモ ヒバリ ヒバリシギ ヒメアマツバメ ヒメイソヒヨ ヒメウ ヒメクイナ ヒヨドリ ヒレンジャク ビロードキンクロ ビンズイ フクロウ フルマカモメ ブッポウソウ ヘラサギ ベニアジサシ ベニヒワ ベニマシコ ホウロクシギ ホオアカ ホオジロ ホオジロガモ ホオジロハクセキレイ ホシガラス ホシハジロ ホシムクドリ ホトトギス ホロホロチョウ(飼育) ホントウアカヒゲ マガモ マガン マキノセンニュウ マナヅル マヒワ マミジロ マミジロキビタキ マミジロタヒバリ マミジロツメナガセキレイ マミチャジナイ ミコアイサ ミサゴ ミソサザイ ミゾゴイ ミツユビカモメ ミフウズラ ミミカイツブリ ミヤケコゲラ ミヤコドリ ミヤマカケス ミヤマガラス ミヤマホオジロ ミユビシギ ムギマキ ムクドリ ムナグロ ムネアカタヒバリ ムラサキサギ メグロ メジロ メジロガモ メダイチドリ メボソムシクイ メリケンキアシシギ モスケミソサザイ モズ ヤイロチョウ ヤイロチョウ(飼育下) ヤツガシラ ヤブサメ ヤマガラ ヤマゲラ ヤマシギ ヤマセミ ヤマドリ ヤマヒバリ ヤンバルクイナ ユキホオジロ ユリカモメ ヨシガモ ヨタカ ヨナグニカラスバト ヨーロッパトウネン ライチョウ リュウキュウアカショウビン リュウキュウキジバト リュウキュウキビタキ リュウキュウコゲラ リュウキュウコノハズク リュウキュウサンコウチョウ リュウキュウサンショウクイ リュウキュウツバメ リュウキュウヒヨドリ リュウキュウメジロ リュウキュウヨシゴイ ルリカケス ルリビタキ ワカケホンセイインコ ワシカモメ 三宅島 下甑島 伊豆沼・蕪栗沼 倉敷フクロウの森 創作珍鳥 図鑑 大洗~苫小牧航路 奄美大島 宮古島 小笠原 年賀状 掛川花鳥園 東京~八丈島航路 沖縄 短歌 石垣・与那国島 石垣・西表島 絵ぶたまつり 羅臼のシャチ 舳倉島 蜻蛉 趣味 雨遊庵 鯨類&海獣 鵜飼