コミミズク

2017年3月19日 (日)

日光連山を背景に飛ぶコミミズク

今日の野鳥はコミミズクです。

先月末、渡良瀬遊水地の菜の花絡みのコミミズクは撮れませんでしたが、今月上旬、ハイイロチュウヒの撮影に再挑戦し、ハイイロチュウヒの狩場で出を待つ間に、なんと、コミミズクが現れて上空を飛んでくれました。

Komimizuku201703077756

偶々、遠くを飛んでくれたので、日光連山を背景に飛翔姿を写し込めました。

Komimizuku201703077757

バックは、男体山ですね。

Komimizuku201703077758

Komimizuku201703077759

そしてこれは、女峰山でしょう。

Komimizuku201703077760

Komimizuku201703077761

狙って撮れる写真ではありませんが、偶にはこんなシーンも良いですね。

Komimizuku201703077762z

Komimizuku201703077780

当日は天候不順で、山は晴れていたのですが狩場は曇りで、近場の飛びものは駄目でした。

(撮影日:2017.03.07)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年1月31日 (火)

小耳木菟の飛出し

今日の野鳥も、またまた、在庫の中からのコミミズクです。

昨年末に渡良瀬遊水地で撮ったコミミズクの写真の中から、飛出しものを数枚掲載致します。

Komimizuku706020161231

Komimizuku706120161231

止まり木の杭からの飛出しですが、手持ち撮影ではタイミングを逃してしまいます。 何故かって? 長時間待って、機材の重さで腕が疲れてしまうからです。

Komimizuku714520161231

Komimizuku714620161231

Komimizuku714720161231

このときは、近くに降り立ちました。

Komimizuku725020161231

Komimizuku725120161231

Komimizuku725220161231

バックが近かったのですが、何とかピントが合いました。

Komimizuku522020161225l

夕暮れの限界状況下での一枚です。 いやはやもう白黒写真ですね。

(撮影日:2016.12.25 & 31)

ところで、我が菜園で猛威をふるうモグラですが、3年半前にトラップで一匹を捕獲して以来はイタチごっこ(正確にはモグラごっこ?)。通り道に複数のトラップを仕掛けるのですが成果無し。菜園は今やトンネルだらけです。 まさにコミミズクの支援を仰ぎたい心境です。

下は、トラップで捕獲したモグラの貴重な写真です。

Mogura201309036230

Mogura201309036234

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月30日 (月)

小耳木莵の飛翔姿

今日の野鳥も、在庫の中からコミミズクです。

昨年末に渡良瀬遊水地で撮ったコミミズクの飛翔姿を掲載致します。

Komimizuku707520161231_2

順光での飛翔正面。 被写体のコミミズクとバックに適当な距離があれば、ピントが来るのですが、土手の斜面を飛翔する姿には、バックにピントを持って行かれて、なかなか合いません。 むしろ空抜けの方が良いみたいです。

そう言う訳で、飛びものはピンボケ写真の量産でしたが、下は、何とかピントが合った数枚です。

Komimizuku709120161231_2

Komimizuku709220161231_2

Komimizuku709420161231_2

Komimizuku730020161231

やはり、正面顔が良いですね。

下は、半逆光での飛翔姿。

Komimizuku488420161225l_2

Komimizuku488620161225l_2

Komimizuku490020161225l_2

そして、下は、急に土手の斜面を上がって来て、土手道を越して行った時の飛翔姿です。

Komimizuku710920161231_2

Komimizuku711020161231

これには逆光側のカメラマンも唖然とするしかなかった様でした。

(撮影日:2016.12.25 & 31)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年1月29日 (日)

コミミズクの獲物は?

今日の野鳥は一月も前の在庫の中からコミミズクです。

東の渡良瀬遊水地、西の淀川河川敷と、コミミズクはまだまだ活躍中ですね。今日は、コミミズクが獲物を捕った写真です。

Komimizuku702020161231

午後3時過ぎ。 民家の上に飛び出したコミミズクが何か獲物を捕らえていました。

Komimizuku702120161231

Komimizuku702220161231

どんどん集落の方向に飛んで行きましたが、足に掴んだ獲物はネズミの様でした。

Komimizuku722620161231

土手の斜面の草叢に降りてごそごそしていましたが、飛立った左足には・・・・・

Komimizuku722720161231

Komimizuku722820161231

しっかりとモグラが掴まれていました。

上手く捕るものですね。 感心します。

岡山の田舎の我が菜園に巣くうモグラも捕って貰いたいものです。

(撮影日:2016.12.31)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 7日 (土)

コミミズクの止まりもの

今日の野鳥もコミミズクです。

今日は、枝や杭に止まったコミミズクの写真を掲載致します。

Komimizuku504620161225l

土手の斜面に設営された止まり木に止まったコミミズク

Komimizuku506220161225l

Komimizuku506420161225l

バタバタと羽繕いをした後に飛立ちましたが、残念ながら飛立ちは逃してしまいました。

Komimizuku516920161225l

河川事務所が立てた青杭でしょうか? 25日も、

Komimizuku704120161231

大晦日の日も、止まる杭は決まっているようです。

その内に、何処かの公園であった様に、「マイ止まり木」を持ち込んで撮影する輩も出てくるのでしょうかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 6日 (金)

逆光下のコミミズク

今日の野鳥も昨日に続きコミミズクです。

当日の土手の上には300人近いカメラマン。連日盛況の様子で、連休初日は350人を数えたという御仁も再度の挑戦に来られていました。

土手の上に座って昼食を取りながら待つこと2時間半。 1羽のコミミズクが現れましたが、カメラマンの多さに驚いたのか直ぐに飛び去ってしまいました。

それから小一時間。北の彼方に数羽のコミミズクが現れ2羽の絡む様子も・・・

急遽我々も北へ移動。

Komimizuku484020161225l

土手の20mほど先を飛翔したコミミズク。 ファインダー中央に捉えても、何故かピントがこないという条件下、何とか逆光シーンにだけはピントが来ていました。

Komimizuku484120161225l

Komimizuku484220161225l

Komimizuku484520161225l

Komimizuku484620161225l

逆光も良しとしましょう。

Komimizuku485320161225s

バックからですが、杭に止まった瞬間です。

(撮影日:2016.12.25)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年1月 5日 (木)

詩情的風景の中のコミミズク

今日の野鳥はコミミズクです。

渡良瀬遊水地にコミミズクが入ったとの情報を貰い、昨年末のクリスマスの日に、鳥友Sさんと久し振りの遠征をしました。

渡良瀬遊水地で初めてコミミズクを撮ったのは6年前。 荒川の土手で撮ってからも既に5年が経っています。

今回、撮りたかったシーンは葦原を悠然と飛翔する情景的な写真でした。

Komimizuku493020161225

Komimizuku493120161225

そうです。正にこんな写真でした。 (クリックで拡大してご覧下さい。)

広大な葦原を悠然と飛ぶコミミズク。 順光ではいけません。葦の穂が逆光の中で白く輝き、陽光がコミミズクの翼を透かす、何ものにも邪魔されない詩情的な風景。

撮れちゃいましたよ。 これぞ、渡良瀬のコミミズクです。

下は、大晦日の日に再挑戦した時の写真です。

Komimizuku726020161231

Komimizuku726220161231

同じ葦原を飛ぶ写真ですが、被写体のコミミズクを少し大きめに撮った写真です。上の2枚の方が好きですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年2月29日 (水)

荒川河川敷のコミミズク ③

今日は、コミミズクの飛翔写真を掲載します。

昼間から飛び出すコミミズクですので、澄みわたる青空をバックに飛翔する姿を撮りたかったのですが、この時期、午後2時過ぎともなると斜陽で、夕日に染まる姿にしか撮れませんでした。

下は、斜陽を浴びて土手の周りを飛翔するコミミズクの写真です。

Komimizuku7888

Komimizuku7892

Komimizuku7898

陽が傾き、羽裏と腹部を照らします。顔は生憎、影になりました。

下は、丘を駆け上がる連続写真です。

Komimizuku7901

Komimizuku7902_2

Komimizuku7904

飛び物はまた次回に挑戦です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月28日 (火)

荒川河川敷のコミミズク ②

コミミズク第2弾の今日は少し趣向を変えて、餌のネズミモグラを求めて夕暮れ迫る荒川河川敷を飛び回るコミミズクを、土手を散歩する近所の人達や、そのコミミズクを撮影するカメラマン等を背景に入れて撮った写真を掲載します。

Komimizuku7404yoshimi

土手下の電柱に止まったコミミズク。 暫くしてカメラマンの移動が始まります。

Komimizuku7913

おっと! いつもは有り得ない対角に入ったカメラマン・・・・・。 お互い様です。

Komimizuku7932

自転車の人も、

Komimizuku7915

Komimizuku7916

Komimizuku7917

散歩の人も、コミミズクも、どちらもお互いを気にしていません。

この河川敷の土手には4羽のコミミズクが居るそうですが、3羽まで確認できました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月27日 (月)

荒川河川敷のコミミズク ①

今日の野鳥は、先週の日曜日に、鳥友達と2人で埼玉県に遠征して撮ったコミミズクです。

コミミズクとは昨シーズンの渡良瀬遊水地以来1年振りの御対面です。

海外出張や育児等で多忙の鳥友達から、久し振りの遠出の撮影行に行けるとの連絡が入り、随分前から情報を貰っていて、2週間ほど前に下見をしていた埼玉県の荒川河川敷のコミミズクを撮りに出掛けました。 ここのコミミズクは昼間から飛ぶと人気です。

9時頃に現地に着くと、既に土手の周辺はコミミズク狙いのカメラマンで一杯です。土手下の畑の中に何か黒い塊があり、カメラマンが移動しています。

Komimizuku7202

コミミズクです。早速、車から降りて撮影開始です。こんなにはっきりと小さな羽角を出したコミミズクの撮影は確か初めてです。

2週間前には杭など無かった土手の斜面には、所々に止まり木が設置されています。最近のBLOGで見覚えのある止まり木です。聞くと、マイ止まり木だそうで、この日も、大きな凝った形状の杭を3、4回移設したグループも見られました。

Komimizuku7546

噂通り、午後1時頃に2羽のコミミズクが飛び始め、2時には一番近くの草叢に居たコミミズクも飛んで、近くの止まり木に止まってくれました。

Komimizuku7602

Komimizuku7660

下は、縦位置で撮った杭止まりのコミミズクです。長時間止まってくれたので撮影位置を変える余裕もありました。

Komimizuku7735

Komimizuku7743

この後、このコミミズクは、杭の直ぐ下でネズミを捕って、その場の草丈の長い草叢に隠れて食事をしました。 撤収した午後5時過ぎまでは飛立ちは確認できませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

Birds of North America Greetings Unknown その他 アオアシシギ アオゲラ アオサギ アオシギ アオジ アオバズク アオバト アカアシカツオドリ アカアシシギ アカウソ アカエリカイツブリ アカエリヒレアシシギ アカオネッタイチョウ アカガシラカラスバト アカガシラサギ アカゲラ アカコッコ アカショウビン アカツクシガモ アカハシハジロ アカハジロ アカハラ アカヒゲ アジサシ アトリ アナドリ アビ アホウドリ アマサギ アマツバメ アマミコゲラ アメリカウズラシギ アメリカコガモ アメリカコハクチョウ アメリカヒドリ アリスイ イイジマムシクイ イカル イカルチドリ イシガキシジュウカラ イシガキヒヨドリ イスカ イソシギ イソヒヨドリ イヌワシ イワツバメ イワヒバリ インドクジャク インドハッカ ウグイス ウズラ ウズラシギ ウソ ウタツグミ ウチヤマセンニュウ ウトウ ウミアイサ ウミウ ウミスズメ ウミネコ エゾアカゲラ エゾビタキ エゾフクロウ エゾムシクイ エトピリカ エトロフウミスズメ エナガ エリグロアジサシ エリマキシギ オウチュウ オオアカゲラ オオアカハラ オオアジサシ オオカラモズ オオカワラヒワ オオクイナ オオグンカンドリ オオコノハズク オオシロハラミズナギドリ オオジシギ オオジュリン オオセグロカモメ オオセッカ オオソリハシシギ オオタカ オオトウゾクカモメ オオノスリ オオハクチョウ オオハシシギ オオハム オオバン オオヒシクイ オオホシハジロ オオマシコ オオミズナギドリ オオムシクイ オオモズ オオヨシキリ オオルリ オオワシ オカヨシガモ オガサワラノスリ オガサワラヒヨドリ オガサワラメジロ オグロシギ オサハシブトガラス オシドリ オジロトウネン オジロビタキ オジロワシ オナガ オナガガモ オナガドリ オナガミズナギドリ オニアジサシ オバシギ オーストンオオアカゲラ オーストンヤマガラ カイツブリ カケス カササギ カシラダカ カタグロトビ カッコウ カツオドリ カナダヅル カモメ カヤクグリ カラアカハラ カラシラサギ カラスバト カラフトビンズイ カラフトムジセッカ カラフトワシ カラムクドリ カリガネ カルガモ カワアイサ カワウ カワガラス カワセミ カワラヒワ カンムリウミスズメ カンムリカイツブリ カンムリワシ ガビチョウ キアシシギ キガシラシトド キクイタダキ キジ キジバト キセキレイ キタツメナガセキレイ キタヤナギムシクイ キバシリ キバラガラ キビタキ キマユホオジロ キマユムシクイ キョウジョシギ キョクアジサシ キリアイ キレンジャク キンクロハジロ キンバト ギンザンマシコ ギンムクドリ クイナ クサシギ クビワキンクロ クマゲラ クマタカ クロアシアホウドリ クロアジサシ クロウタドリ クロガモ クロサギ クロジ クロツグミ クロツラヘラサギ クロヅル クロハラアジサシ ケアシノスリ ケイマフリ ケリ コアオアシシギ コアカゲラ コアジサシ コアホウドリ コイカル コウノトリ コウライアイサ コウライウグイス コウライキジ コオバシギ コオリガモ コガモ コガラ コクガン コクマルガラス コグンカンドリ コゲラ コサギ コサメビタキ コシアカツバメ コシジロオオソリハシシギ コシャクシギ コジュケイ コジュリン コチドリ コチョウゲンボウ コノハズク コハクチョウ コブハクチョウ コホオアカ コマドリ コマミジロタヒバリ コミミズク コムクドリ コモンシギ コヨシキリ コルリ ゴイサギ ゴジュウカラ サカツラガン ササゴイ サシバ サバクヒタキ サバンナシトド サメビタキ サルハマシギ サンカノゴイ サンコウチョウ サンショウクイ シジュウカラ シジュウカラガン シチトウメジロ シノリガモ シベリアアオジ シベリアオオハシシギ シベリアジュリン シベリアハクセキレイ シマアオジ シマアカモズ シマアジ シマエナガ シマキンパラ シマゴマ シマセンニュウ シマフクロウ シメ シラオネッタイチョウ シラガホオジロ シラコバト シロアジサシ シロエリオオハム シロカモメ シロガシラ シロチドリ シロハラ シロハラクイナ シロハラゴジュウカラ シロハラホオジロ シロハラミズナギドリ ジャワアカガシラサギ ジュウイチ ジョウビタキ スイスの野鳥 スズガモ スズメ ズアカアオバト ズグロカモメ ズグロチャキンチョウ ズグロミゾゴイ セアカモズ セイタカシギ セキレイ(白化変異) セグロカモメ セグロサバクヒタキ セグロセキレイ セッカ センダイムシクイ ソウシチョウ ソデグロヅル ソリハシシギ ソリハシセイタカシギ タイミルセグロカモメ タイワンハクセキレイ タイワンヒヨドリ タカサゴクロサギ タカサゴモズ タカブシギ タゲリ タシギ タネコマドリ タヒバリ タマシギ タンチョウ ダイサギ ダイシャクシギ ダイゼン チゴハヤブサ チゴモズ チフチャフ チュウサギ チュウシャクシギ チュウダイサギ チュウヒ チョウゲンボウ チョウセンチョウゲンボウ チョウセンメジロ ツクシガモ ツグミ ツツドリ ツバメ ツバメチドリ ツミ ツメナガセキレイ ツルシギ テンニンチョウ トウゾクカモメ トウネン トキ トビ トモエガモ トラツグミ トラフズク ドバト ナベコウ ナベヅル ニシオジロビタキ ニシセグロカモメ ニュウナイスズメ ノグチゲラ ノゴマ ノジコ ノスリ ノハラツグミ ノビタキ ハイイロオウチュウ ハイイロチュウヒ ハイイロヒレアシシギ ハイイロミズナギドリ ハイタカ ハギマシコ ハクガン ハシナガウグイス ハシビロガモ ハシブトアジサシ ハシブトウミガラス ハシブトガラ ハシブトガラス ハシボソガラス ハシボソミズナギドリ ハジロカイツブリ ハジロクロハラアジサシ ハジロコチドリ ハチクマ ハチジョウツグミ ハッカチョウ ハマシギ ハヤブサ ハリオアマツバメ ハリスホーク(飼育) バン ヒガラ ヒクイナ ヒシクイ ヒドリガモ ヒバリ ヒバリシギ ヒメアマツバメ ヒメイソヒヨ ヒメウ ヒメクイナ ヒヨドリ ヒレンジャク ビロードキンクロ ビンズイ フクロウ フルマカモメ ブッポウソウ ヘラサギ ベニアジサシ ベニヒワ ベニマシコ ホウロクシギ ホオアカ ホオジロ ホオジロガモ ホオジロハクセキレイ ホシガラス ホシハジロ ホシムクドリ ホトトギス ホロホロチョウ(飼育) ホントウアカヒゲ マガモ マガン マキノセンニュウ マナヅル マヒワ マミジロ マミジロキビタキ マミジロタヒバリ マミジロツメナガセキレイ マミチャジナイ ミコアイサ ミサゴ ミソサザイ ミゾゴイ ミツユビカモメ ミフウズラ ミミカイツブリ ミヤケコゲラ ミヤコドリ ミヤマカケス ミヤマガラス ミヤマホオジロ ミユビシギ ムギマキ ムクドリ ムナグロ ムネアカタヒバリ ムラサキサギ メグロ メジロ メジロガモ メダイチドリ メボソムシクイ メリケンキアシシギ モスケミソサザイ モズ ヤイロチョウ ヤイロチョウ(飼育下) ヤツガシラ ヤブサメ ヤマガラ ヤマゲラ ヤマシギ ヤマセミ ヤマドリ ヤマヒバリ ヤンバルクイナ ユキホオジロ ユリカモメ ヨシガモ ヨタカ ヨナグニカラスバト ヨーロッパトウネン ライチョウ リュウキュウアカショウビン リュウキュウキジバト リュウキュウキビタキ リュウキュウコゲラ リュウキュウコノハズク リュウキュウサンコウチョウ リュウキュウサンショウクイ リュウキュウツバメ リュウキュウヒヨドリ リュウキュウメジロ リュウキュウヨシゴイ ルリカケス ルリビタキ ワカケホンセイインコ ワシカモメ 三宅島 下甑島 伊豆沼・蕪栗沼 倉敷フクロウの森 創作珍鳥 図鑑 大洗~苫小牧航路 奄美大島 宮古島 小笠原 年賀状 掛川花鳥園 東京~八丈島航路 沖縄 短歌 石垣・与那国島 石垣・西表島 絵ぶたまつり 羅臼のシャチ 舳倉島 蜻蛉 趣味 雨遊庵 鯨類&海獣 鵜飼