チョウゲンボウ

2023年11月26日 (日)

干拓地に居たマガモの群

最近偶にですが冬鳥を求めて県南の干拓地を訪れます。

お目当ては猛禽類ですが、珍しい冬鳥との遭遇も期待しての撮影行です。

この日も午後遅くに、チュウヒ類の撮影ポイントに他の大勢のCMさん達と陣取っていましたが出はイマイチ。

午後4時を過ぎて引き上げようとすると、

Magamo202311219814

後のデントコーンを刈り取った畑にマガモの大群が・・・・・

Magamo202311219829 Magamo202311219830 Magamo202311219831

飛び立って周辺を飛び回る群れの姿を収めて帰途に着きました。

この日は、

Chuuhi202311219795Chuuhi202311219797

何度かチュウヒが舞い、

Chougenbou202311219807

遠くでチョウゲンボウがホバリングする姿を観ました。

| | | コメント (0)

2023年1月22日 (日)

九州撮影行/長崎諫早干拓編 ⑨

中央干拓地では猛禽類の姿を探しました。

Chougenbou202212128943

畑に降り立っていたのはチョウゲンボウでした。

Chougenbou202212128945 Chougenbou202212128947

何か餌を捕食した後なのか、飛び立って、

Chougenbou202212128974

近くのガードレールの標識の上に止まりました。

Chougenbou202212128982

今度は移動して別の道路標識の裏側に。一旦停止の標識ではなかったような。(笑)

北端の農道を流していると、

Nosuri202212128907

電柱の上に、以前にも此処で出会ったノスリの姿が、

何かパフォーマンスを期待して粘ったのでしたが駄目でした。

さて、最後は、九州撮影行の最後として、土手の上で、前日の午後夕刻まで楽しませてくれたチュウヒ類に期待します。

| | | コメント (2)

2023年1月 6日 (金)

九州撮影行/鹿児島出水編 ⑩

今日の出水の野鳥は、干拓地に居たその他の野鳥達です。

Onagagamo202212097226

ツル達の塒立ちと同時に飛び立ったオナガガモの群。

Mozu202212097870

少し期待したのですが、

Mozu202212097873

只のモズでした。

Chougenbou202212097555

これも、足爪の黒い只のチョウゲンボウ

Hoshimukudori202212097269

ホシムクドリは常連です。

Tageri202212097778

タゲリの群が飛んで水を張った調整池に、

Tsukushigamo202212097537

其処には羽を休めるツクシガモの姿が。

Kawau202212097408

これは、干拓地の中央を流れる岩下川の河口に居たカワウの群。 

今回まだ、クロヅルソデグロヅルの姿を見ていません。

| | | コメント (0)

2022年11月18日 (金)

チョウゲンボウを探して

タゲリの群を襲ったチョウゲンボウを探して里芋畑の点在する農耕地を徘徊すると、

Chougenbou202211166397

遠くの上空を舞うチョウゲンボウの姿が!

Chougenbou202211166399 Chougenbou202211166400 Chougenbou202211166404

タゲリを襲って散らしたのはこのチョウゲンボウでしょう。

農耕地を流れる河川の一角のカワセミ撮影ポイントに寄って、CMの皆さんに状況をお聞きし、引き上げようとして近くの電柱の上を見ると、

Chougenbou202211166439

チョウゲンボウの姿が・・・・・。先程上空を舞っていた個体でしょうか?

暫く羽繕いをした後に、

Chougenbou202211166445

飛び立ちましたが、

Chougenbou202211166447

追ったものの、逆光方向に飛び去って写真にはなりませんでした。雌鳥ですね。

そして、農耕地の一角には、

Kite202211166460

最近流行の防害鳥用のカイトが・・・・・。

その側のアーチ柵の上でくつろぐハシブトガラス2羽。滑稽な光景でした。(笑)

岡山の菜園にも亡父が買ったカラスのデコイが4体も有るのですが、スイカイチジク落花生も、少量ではありますが今季もことごとくハシブトガラスにやられました。

タゲリの居た農耕地を後に、近くのスポーツ公園の池に移動しました。

| | | コメント (0)

2021年12月 6日 (月)

干拓地の猛禽ノスリ

今日の干拓地の野鳥はチョウゲンボウノスリです。

ナベヅルが遣って来た県南の干拓地では、毎年冬季に数種の猛禽の姿があります。

入口の公園脇の道路を南下していると、脇の電柱の天辺に猛禽の姿が・・・・・

Chougenbou202112021815

チョウゲンボウでした。

警戒心は余り無かったのですが、二羽のカラスがモビングして遠くに追い払いました。

その後、ナベヅルのポイントでナベヅルを撮影して、帰路に寄ってみると、

Nosuri202112022210

チョウゲンボウが止まっていた電柱の近くの電線に大型の猛禽が・・・・・、ノスリでした。

Nosuri202112022226 Nosuri202112022242

毎年冬季には公園の水路を見渡す道路脇の電柱にその姿があります。

Nosuri202112022268

暫く観ていると尾羽を上げました。脱糞です。

下に車を止めていなくてよかったです。(笑)

| | | コメント (0)

2021年11月27日 (土)

干拓地のトビ

今日の野鳥はトビです。

ナベヅルが遣って来た県南の干拓地には、非繁殖期の冬場、カラス同様に沢山のトビが生息しています。

干拓地は雑食性のトビには格好の餌場なのでしょうね。

ナベヅルの居たデントコーン畑の上空で舞うトビを観ていたら、その内の二羽が下りて来てバトルを始めました。

Tobi202111211298 Tobi202111211299 Tobi202111211300 Tobi202111211301 Tobi202111211302 Tobi202111211303 Tobi202111211304

英名で Black KiteEagleHawkHarrier とは呼ばれませんが、これでも立派なタカ科の猛禽です。

そして、ナベヅルが降り立った後の上空に一羽の猛禽の舞う姿が・・・・・

Kochougenbou202111211770 Kochougenbou202111211771

なんと、チョウゲンボウでした。

訂正:上の個体をコチョウゲンボウとしていましたが、隼髭の濃さからチョウゲンボウに訂正いたしました。(2021.12.02)

| | | コメント (0)

2021年11月 9日 (火)

沖縄・粟国島ツアーに参加して ⑰

今日の「粟国島の野鳥」は、チョウゲンボウです。

粟国島2日目。宿の周辺で早朝探鳥をするがこれと言って成果は無し。

西地区の池の公園を行くと上空をホバル猛禽が、

Chougenbou202110069495

チョウゲンボウです。足の赤いのを期待したのですが残念。

前日も流した山裾の道を歩いて探鳥するが、は少なくばかり。

申し訳ないのですが、今日は、「粟国島の野鳥」に代わり「粟国島の野蝶」を掲載させてください。

いやいや、粟国島、南西諸島とあって珍しいがいっぱい!

Ryuukyuushiroobiageha202110079944

これは、ハイビスカスの花に止まるリュウキュウシロオビアゲハ

Ryuukyuushiroobiageha202110069903

開張約7 - 8cmほどの少し小さなアゲハチョウの仲間。

Ryuukyuushiroobiageha202110069523

これは、猛毒のベニモンアゲハに擬態したリュウキュウシロオビアゲハのメス。

下は、雌雄が絡み合って飛翔するシーンです。

Ryuukyuushiroobiageha202110059429 Ryuukyuushiroobiageha202110059430

下がオスで上がメス。なかなか難しい被写体でした。

Tsumabenichou202110069508

そしてこれは、飛ぶ姿が美しいツマベニチョウ

Tsumabenichou202110069509

力強く飛び回り、花木に止まることは殆どありませんでした。

シロチョウ科では世界最大級の種で、開張約9-10cmとか。印象的でした。

Ishigakechou202110069530

そしてこれは、何とも奇妙な形と柄の開張4cm弱ほどのイシガケチョウ

Ishigakechou202110069535 Ishigakechou202110069547

こんなの観たのは初めてでした。珍蝶?(笑)

タテハチョウ科の一種で、石崖(垣)に似た模様からイシガケチョウと呼ばれ、温暖化の影響で生息域を北に広げているそうです。

まだまだ居ましたので、続きは明日に。

| | | コメント (0)

2020年3月23日 (月)

大唐百舌の上を旋回した長元坊

今日の野鳥はチョウゲンボウの若鳥です。

カメラ機材をショルダーストラップに預け遠くのオオカラモズを見ながら知人と話をしていると、上空に一羽の猛禽が・・・・・

Chougenbou202003176124

チョウゲンボウです。胸の濃い縦斑からすると若鳥のようです。

Chougenbou202003176136Chougenbou202003176154

大勢のCM達を見下ろしながら

Chougenbou202003176155Chougenbou202003176156

悠然と旋回して去って行きましたが、この間、オオカラモズは平然としていたそうです。

| | | コメント (0)

2019年12月 2日 (月)

猛禽街道のチョウゲンボウ

今日の野鳥はチョウゲンボウです。

タゲリを撮ったその足で、いつもチョウゲンボウが止まっている小道を流してみました。農道と県道が交差するこの界隈は、ハヤブサノスリも居て、「猛禽街道」と私が勝手に呼んでいる所です。

居ました。いつもの様に電柱の上に止まっていましたが、車を止めて出てみると飛び立ちました。

Tyougenbou201911299082

なんと、もう一羽のチョウゲンボウがモビングを掛けたのでした。

キーキー」と鳴きながら遠ざかって行く2羽を遠目に見て、引き揚げようとすると、

Tyougenbou201911299089

一羽が戻って来ました。

Tyougenbou201911299090Tyougenbou201911299091Tyougenbou201911299092Tyougenbou201911299093Tyougenbou201911299094Tyougenbou201911299095

そして、元居た電柱の上に止まりました。

Tyougenbou201911299107

どうも今季もこの場所がお気に入りの場所のようです。

Tyougenbou201911299122Tyougenbou201911299126Tyougenbou201911299150

好天の日に腰を据えて採餌のシーンを狙うには絶好のポイントのようでした。

**********************************************************************
下は、11月30日の夜に訪れたお隣の中井町の「あかりの祭典」の様子です。
Akarinosaiten20191130n027
子供たちが2Lのペットボトルに絵を描いたランタンが厳島湿生公園の池の周りの木道を照らします。聞くと5、6,000個は有るのではと地域のおじさんがアバウトな回答をしてくれました。当日は屋台も出ていてカミさんと一緒に熱いラーメンを頂きました。
Akarinosaiten20191130n007
中にはこんな照明も!「インスタ映え」を狙った趣向で好感が持てますね。?
ライトアップは7日までとか。その間、池のカモ達は何処に退避しているのかな?

| | | コメント (2)

2019年11月16日 (土)

笠岡干拓地の猛禽

今日の笠岡干拓地の野鳥は、ミサゴチョウゲンボウです。

公園を離れて西側の広大な干拓地を廻ってみました。冬季、猛禽類が姿を見せる有名な探鳥地ですが、まだ時期が早いのかその姿はありませんでした。

Misago201911087800

引き上げようとした時、水門のポールの上に止まるミサゴの姿が、

油断していて飛び出しは撮れませんでしたが、下は近くでホバリングをする姿です。

Misago201911087805Misago201911087809Misago201911087810Misago201911087811Misago201911087817Misago201911087818

何も獲らないで去って行きました。

次は神島の海岸沿いを見てみようと思い、干拓地を抜けて行くと・・・

Tyougenbou201911087948

広い土塊の畑の中に小さな猛禽の姿がありました。チョウゲンボウの雌鳥でした。

年明けの帰省時にもう一度訪れてみたい干拓地です。

| | | コメント (0)

その他のカテゴリー

Birds of North America Greetings Unknown その他 アオアシシギ アオゲラ アオサギ アオシギ アオジ アオハライソヒヨドリ アオバズク アオバト アカアシカツオドリ アカアシシギ アカウソ アカエリカイツブリ アカエリヒレアシシギ アカオネッタイチョウ アカガシラカラスバト アカガシラサギ アカゲラ アカコッコ アカショウビン アカツクシガモ アカハシハジロ アカハジロ アカハラ アカハラダカ アカヒゲ アジサシ アトリ アナドリ アビ アホウドリ アマサギ アマツバメ アマミコゲラ アマミヒヨドリ アマミヤマシギ アメリカウズラシギ アメリカコガモ アメリカコハクチョウ アメリカヒドリ アリスイ イイジマムシクイ イカル イカルチドリ イシガキシジュウカラ イシガキヒヨドリ イスカ イソシギ イソヒヨドリ イヌワシ イワツバメ イワヒバリ インドクジャク インドハッカ ウグイス ウズラ ウズラシギ ウソ ウタツグミ ウチヤマセンニュウ ウトウ ウミアイサ ウミウ ウミスズメ ウミネコ エゾアカゲラ エゾビタキ エゾフクロウ エゾムシクイ エトピリカ エトロフウミスズメ エナガ エリグロアジサシ エリマキシギ オウチュウ オオアカゲラ オオアカハラ オオアジサシ オオカラモズ オオカワラヒワ オオクイナ オオグンカンドリ オオコノハズク オオシロハラミズナギドリ オオジシギ オオジュリン オオセグロカモメ オオセッカ オオソリハシシギ オオタカ オオトウゾクカモメ オオトラツグミ オオノスリ オオハクチョウ オオハシシギ オオハム オオバン オオヒシクイ オオホシハジロ オオマガン オオマシコ オオミズナギドリ オオムシクイ オオモズ オオヨシキリ オオルリ オオワシ オカヨシガモ オガサワラノスリ オガサワラヒヨドリ オガサワラメジロ オグロシギ オサハシブトガラス オシドリ オジロトウネン オジロビタキ オジロワシ オナガ オナガガモ オナガドリ オナガミズナギドリ オニアジサシ オバシギ オーストンオオアカゲラ オーストンヤマガラ カイツブリ カケス カササギ カシラダカ カタグロトビ カッコウ カツオドリ カナダヅル カモメ カヤクグリ カラアカハラ カラシラサギ カラスバト カラフトビンズイ カラフトムジセッカ カラフトワシ カラムクドリ カリガネ カルガモ カワアイサ カワウ カワガラス カワセミ カワラヒワ カンムリウミスズメ カンムリカイツブリ カンムリワシ ガビチョウ キアシシギ キガシラシトド キクイタダキ キジ キジバト キセキレイ キタツメナガセキレイ キタヤナギムシクイ キバシリ キバラガラ キビタキ キマユホオジロ キマユムシクイ キョウジョシギ キョクアジサシ キリアイ キレンジャク キンクロハジロ キンバト ギンザンマシコ ギンムクドリ クイナ クサシギ クビワキンクロ クマゲラ クマタカ クロアシアホウドリ クロアジサシ クロウタドリ クロガモ クロサギ クロジ クロツグミ クロツラヘラサギ クロヅル クロハラアジサシ ケアシノスリ ケイマフリ ケリ コアオアシシギ コアカゲラ コアジサシ コアホウドリ コイカル コウノトリ コウライアイサ コウライウグイス コウライキジ コオバシギ コオリガモ コガモ コガラ コクガン コクマルガラス コグンカンドリ コゲラ コサギ コサメビタキ コシアカツバメ コシジロオオソリハシシギ コシャクシギ コジュケイ コジュリン コチドリ コチョウゲンボウ コノドジロムシクイ コノハズク コハクチョウ コブハクチョウ コホオアカ コマドリ コマミジロタヒバリ コミミズク コムクドリ コモンシギ コヨシキリ コリンウズラ コルリ ゴイサギ ゴジュウカラ サカツラガン ササゴイ サシバ サバクヒタキ サバンナシトド サメビタキ サルハマシギ サンカノゴイ サンコウチョウ サンショウクイ シジュウカラ シジュウカラガン シチトウメジロ シノリガモ シベリアアオジ シベリアオオハシシギ シベリアジュリン シベリアハクセキレイ シマアオジ シマアカモズ シマアジ シマエナガ シマキンパラ シマゴマ シマセンニュウ シマフクロウ シメ シラオネッタイチョウ シラガホオジロ シラコバト シロアジサシ シロエリオオハム シロカモメ シロガシラ シロチドリ シロハラ シロハラクイナ シロハラゴジュウカラ シロハラホオジロ シロハラミズナギドリ ジャワアカガシラサギ ジュウイチ ジョウビタキ スイスの野鳥 スズガモ スズメ ズアカアオバト ズグロカモメ ズグロチャキンチョウ ズグロミゾゴイ セアカモズ セイタカシギ セキレイ(白化変異) セグロカッコウ セグロカモメ セグロサバクヒタキ セグロセキレイ セッカ センダイムシクイ ソウシチョウ ソデグロヅル ソリハシシギ ソリハシセイタカシギ タイミルセグロカモメ タイワンハクセキレイ タイワンヒヨドリ タカサゴクロサギ タカサゴモズ タカブシギ タゲリ タシギ タネコマドリ タヒバリ タマシギ タンチョウ ダイサギ ダイシャクシギ ダイゼン チゴハヤブサ チゴモズ チフチャフ チュウサギ チュウシャクシギ チュウダイサギ チュウヒ チョウゲンボウ チョウセンチョウゲンボウ チョウセンメジロ ツクシガモ ツグミ ツツドリ ツバメ ツバメチドリ ツミ ツメナガセキレイ ツルシギ テンニンチョウ トウゾクカモメ トウネン トキ トビ トモエガモ トラツグミ トラフズク ドバト ナベコウ ナベヅル ニシオジロビタキ ニシセグロカモメ ニュウナイスズメ ノグチゲラ ノゴマ ノジコ ノスリ ノドアカツグミ ノハラツグミ ノビタキ ハイイロオウチュウ ハイイロガン ハイイロチュウヒ ハイイロヒレアシシギ ハイイロミズナギドリ ハイタカ ハギマシコ ハクガン ハクセキレイ ハシナガウグイス ハシビロガモ ハシビロガモ(白化個体) ハシブトアジサシ ハシブトウミガラス ハシブトガラ ハシブトガラス ハシボソガラス ハシボソミズナギドリ ハジロカイツブリ ハジロクロハラアジサシ ハジロコチドリ ハチクマ ハチジョウツグミ ハッカチョウ ハマシギ ハマヒバリ ハヤブサ ハリオアマツバメ ハリオシギ ハリスホーク(飼育) バライロムクドリ バン ヒガラ ヒクイナ ヒシクイ ヒドリガモ ヒバリ ヒバリシギ ヒメアマツバメ ヒメイソヒヨ ヒメウ ヒメクイナ ヒメハジロ ヒヨドリ ヒレンジャク ビロードキンクロ ビンズイ フクロウ フルマカモメ ブッポウソウ ヘラサギ ベニアジサシ ベニバト ベニヒワ ベニマシコ ホウロクシギ ホオアカ ホオジロ ホオジロガモ ホオジロハクセキレイ ホシガラス ホシハジロ ホシムクドリ ホトトギス ホロホロチョウ(飼育) ホントウアカヒゲ マガモ マガン マキノセンニュウ マキバタヒバリ マナヅル マヒワ マミジロ マミジロキビタキ マミジロタヒバリ マミジロツメナガセキレイ マミチャジナイ ミコアイサ ミサゴ ミソサザイ ミゾゴイ ミツユビカモメ ミフウズラ ミミカイツブリ ミヤケコゲラ ミヤコドリ ミヤマカケス ミヤマガラス ミヤマホオジロ ミヤマホオジロ(部分白化) ミユビシギ ムギマキ ムクドリ ムナグロ ムネアカタヒバリ ムラサキサギ メグロ メジロ メジロガモ メダイチドリ メボソムシクイ メリケンキアシシギ モスケミソサザイ モズ ヤイロチョウ ヤイロチョウ(飼育下) ヤツガシラ ヤドリギツグミ ヤブサメ ヤマガラ ヤマゲラ ヤマシギ ヤマセミ ヤマドリ ヤマヒバリ ヤンバルクイナ ユキホオジロ ユリカモメ ヨシガモ ヨタカ ヨナグニカラスバト ヨーロッパトウネン ヨーロッパムナグロ ライチョウ リュウキュウアカショウビン リュウキュウキジバト リュウキュウキビタキ リュウキュウコゲラ リュウキュウコノハズク リュウキュウサンコウチョウ リュウキュウサンショウクイ リュウキュウツバメ リュウキュウハシブトガラス リュウキュウヒヨドリ リュウキュウメジロ リュウキュウヨシゴイ ルリカケス ルリビタキ ワカケホンセイインコ ワシカモメ 三宅島 三重県中勢地域 下甑島 九州 伊豆沼・蕪栗沼 倉敷フクロウの森 創作珍鳥 哺乳類 図鑑 大洗~苫小牧航路 奄美大島 宮古島 小笠原 年賀状 手料理 掛川花鳥園 撮影機材 昆虫 東京~八丈島航路 沖縄 爬虫類 短歌 石垣・与那国島 石垣・西表島 粟国島 絵ぶたまつり 羅臼のシャチ 舳倉島 蜻蛉 趣味 釣り 雨遊庵 魚類 鯨類&海獣 鵜飼