コマドリ

2019年5月23日 (木)

舳倉島遠征(コマドリ)

今日の舳倉島の野鳥は、コマドリです。

メダケの笹薮の小道の先に奥まった餌場がありましたが、ここ数年は荒れていて使われていませんでした。

シマゴマが出ていた餌場が復活したようで、コマドリ出現の情報を貰って赴きました。

Komadori201905089201

待つこと小一時間、時折木漏れ日の差す薄暗い餌場に、尾を上げたシルエットのようなコマドリが現れました。雌鳥です。

Komadori201905089247

Komadori201905089259

対面にある昔のコルリのポイントには、餌さ取りのキビタキの雌鳥が偶に出てくるようで、今後の復活が期待出来そうです。

| | コメント (0)

2017年4月19日 (水)

近くの渓谷のコマドリ

今日の野鳥はコマドリです。

今日は、近場の渓谷(と、言っても神奈川ですが)にコマドリ狙いで出掛けてみました。

早朝7時にポイントに着くと、既に20人ほどのCMが居られ、久し振りにお会いする顔見知りの方もチラホラ。

Komadori201704199174

小さな沢沿いを動き回るコマドリは雄の成鳥でした。

Komadori201704199400

沢筋は暗くてISO感度を上げざるを得ませんでしたが、苔生した小岩の上に出るコマドリを楽しみました。

Komadori201704199605

Komadori201704199640

Komadori201704199663

この近場の渓谷でのコマドリは珍しいのでしょう、気が付けばCMの数は7~80人ほどに増え、顔見知りの方も優に15名を数えました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月22日 (月)

育雛中の滝のコマドリ

今日の野鳥はコマドリです。

蓼科の森でクロツグミを撮った後、メルヘン街道で八ヶ岳を横断し、佐久は小海町にある滝壺に向かいました。お目当ては、今季初のコマドリです。

途中で山菜てんぷら蕎麦を食し、着いた無人の滝壺脇では、直ぐにコマドリ♀の姿を確認することが出来ました。

Komadori095420150602

採餌をしては熊笹の斜面の倒木の裏に入り込む行動を繰り返していましたので、暫く腰を落ち着けて撮影することにし、家内は近くの山間の温泉に出掛けて行きました。

Komadori089620150602

待てどもオスの姿は観えませんでしたが、

Komadori094520150602

滝壺の周りで雌鳥が頻繁に採餌をしてくれて、

Komadori095620150602

Komadori096220150602

Komadori097320150602

Komadori098220150602

色々な背景で撮影を楽しむことが出来ました。

Komadori093120150602

Komadori093620150602

上の写真で、コマドリの前に居る虫はルリハムシではないかと思います。綺麗な瑠璃色の光沢をした美しい甲虫ですが、コマドリの餌ではなかった様でした。

徐々にカメラマンも増え、滝撮影の団体さんが帰られた後、温泉に居る家内にお迎えの電話をして帰路につきました。

(撮影日:2015.06.02)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月26日 (土)

まさか?!のコマドリ

連休を前に、やっと夏野菜の苗の定植準備を終えました。

関東からは夏鳥到来の情報が連日のように入って来ていますので、昨年見つけた夏鳥のフィールドに様子を見に出掛けてみることにいたしました。老母の作ってくれる大好物の韮入り玉子焼きのおむすび弁当持参です。

昨年秋の集中豪雨の被害が心配された渓谷の林道でしたが、数箇所で落石の跡が残るもののなんとか通れました。

着くや否や、懐かしいさえずりが聞こえます。

あれはキビタキ、あれは・・・オオルリウグイスの声に紛れて嬉しい声が聞こえます。遠くではツツドリの声が、その手前ではオオアカゲラのドラミングの音が!

林道を散策すると、上の梢をキビタキが飛び回っています。喉元が鮮やかな朱色のオスの成鳥です。遠くに紺と白のツートンのオオルリのオスの姿も見えました。

沢筋の斜面で動く大型の鳥が・・・、シロハラと思ったら、なんと、トラツグミです。この渓谷では初めての出会いです。

しばらく林道を探鳥して、沢筋を戻る途中に、林道を横切り沢に降り立つ小さな茶色い影が観えました。 この沢筋では珍しいミソサザイの様に観えました。

首から掛けた150-500mmのズームレンズでその姿を捉えると、なんと!コマドリのメスではありませんか!!

Komadori4243

標高3~400mの渓谷です。想像だにしなかったコマドリです。渡りの途中に立ち寄ったものでしょうか?昨シーズンは見かけませんでした。

Komadori4248

未だ時期が早いのか、サンコウチョウの姿は見かけませんが、興奮冷めやらぬ状態で、後の林道を振り返ると、なんと其処にはクロツグミ(オス)の姿が!急ぎシャッターを押しましたが、向こうを向いた後姿しか写せませんでした。残念!

どうやら今シーズンも楽しませてくれそうです。今からわくわくしています。

先ずは岡山の田舎での夏鳥報告でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月22日 (日)

リベンジのコマドリ

尾を立てて鳴くコマドリをどうしても撮りたくて、連休中に行った峠の沢筋に、昨日朝早くから再挑戦に臨みました。

標高1400mを越える峠の現地には7時過ぎに着きました。天気はピーカン。こんなに陽光が強い所に出てくれるのかと思いましたが、既に15名程の先客が居て、早朝から6回程も出てくれたとか。周りの笹藪からは元気な雄のコマドリの声が聴こえます。

機材をセットして待つこと2~30分で綺麗な雄のコマドリが出て来てくれ、鳴いてくれました。

Komadori4459

Komadori4508

ヒンカララララ」と聴こえる鳴き声が馬(駒)の鳴き声に似ていることから「駒鳥」と名付けられたそうですが、笹藪の中からも良く響くその鳴き声は登山者の耳にも気持ち良く聴こえます。

もう随分と昔のことになってしまいましたが、入社したての頃に沢登りに凝ったことがありました。標高1400m級の尾根が繋がる地元の丹沢連峰でも1000mを越える沢筋には渡って来たばかりのコマドリが居て、沢の水音とその鳴き声が沢登りの疲れを癒してくれました。

Komadori4664

尾を上げた得意のポーズの雄。笹藪での生活に適した長い脚をしています。

Komadori4616

胸の輪郭が無く、体色の淡い雌も現れました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 5日 (木)

初撮りのコマドリ

連休の後半、鳥友達3人で初撮りとなるコマドリを求めて標高1400mを越える峠の沢筋に行きました。

朝8時前に到着。待つこと30分足らずでコマドリの雄が藪から出て来てくれ、ものの20秒位で向かいの笹藪に消えました。何とかカメラ位置を調整し、4、5回はシャッターを押せましたが期待していたポーズには程遠いシーンです。下の写真はその中の2枚です。

その後4時間程、他の野鳥の撮影を楽しみながらコマドリの出を待ちましたが、奥の沢筋で鳴き声は聴こえるのですが二度と出て来てはくれず、次の撮影地に移動しました。

Komadori2767a

Komadori2769

初夏の丹沢山塊でも、標高が1000mを越える沢筋で「ヒン カラララ」とか聴こえる大きな鳴声を耳にしますが、大抵が薄暗い笹藪の中で、姿を見かけることは稀でした。苔蒸した倒木か岩の上で尾羽を拡げて鳴く姿をいつかは写真に収めたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

Birds of North America Greetings Unknown その他 アオアシシギ アオゲラ アオサギ アオシギ アオジ アオバズク アオバト アカアシカツオドリ アカアシシギ アカウソ アカエリカイツブリ アカエリヒレアシシギ アカオネッタイチョウ アカガシラカラスバト アカガシラサギ アカゲラ アカコッコ アカショウビン アカツクシガモ アカハシハジロ アカハジロ アカハラ アカヒゲ アジサシ アトリ アナドリ アビ アホウドリ アマサギ アマツバメ アマミコゲラ アメリカウズラシギ アメリカコガモ アメリカコハクチョウ アメリカヒドリ アリスイ イイジマムシクイ イカル イカルチドリ イシガキシジュウカラ イシガキヒヨドリ イスカ イソシギ イソヒヨドリ イヌワシ イワツバメ イワヒバリ インドクジャク インドハッカ ウグイス ウズラ ウズラシギ ウソ ウタツグミ ウチヤマセンニュウ ウトウ ウミアイサ ウミウ ウミスズメ ウミネコ エゾアカゲラ エゾビタキ エゾフクロウ エゾムシクイ エトピリカ エトロフウミスズメ エナガ エリグロアジサシ エリマキシギ オウチュウ オオアカゲラ オオアカハラ オオアジサシ オオカラモズ オオカワラヒワ オオクイナ オオグンカンドリ オオコノハズク オオシロハラミズナギドリ オオジシギ オオジュリン オオセグロカモメ オオセッカ オオソリハシシギ オオタカ オオトウゾクカモメ オオノスリ オオハクチョウ オオハシシギ オオハム オオバン オオヒシクイ オオホシハジロ オオマシコ オオミズナギドリ オオムシクイ オオモズ オオヨシキリ オオルリ オオワシ オカヨシガモ オガサワラノスリ オガサワラヒヨドリ オガサワラメジロ オグロシギ オサハシブトガラス オシドリ オジロトウネン オジロビタキ オジロワシ オナガ オナガガモ オナガドリ オナガミズナギドリ オニアジサシ オバシギ オーストンオオアカゲラ オーストンヤマガラ カイツブリ カケス カササギ カシラダカ カタグロトビ カッコウ カツオドリ カナダヅル カモメ カヤクグリ カラアカハラ カラシラサギ カラスバト カラフトビンズイ カラフトムジセッカ カラフトワシ カラムクドリ カリガネ カルガモ カワアイサ カワウ カワガラス カワセミ カワラヒワ カンムリウミスズメ カンムリカイツブリ カンムリワシ ガビチョウ キアシシギ キガシラシトド キクイタダキ キジ キジバト キセキレイ キタツメナガセキレイ キタヤナギムシクイ キバシリ キバラガラ キビタキ キマユホオジロ キマユムシクイ キョウジョシギ キョクアジサシ キリアイ キレンジャク キンクロハジロ キンバト ギンザンマシコ ギンムクドリ クイナ クサシギ クビワキンクロ クマゲラ クマタカ クロアシアホウドリ クロアジサシ クロウタドリ クロガモ クロサギ クロジ クロツグミ クロツラヘラサギ クロヅル クロハラアジサシ ケアシノスリ ケイマフリ ケリ コアオアシシギ コアカゲラ コアジサシ コアホウドリ コイカル コウノトリ コウライアイサ コウライウグイス コウライキジ コオバシギ コオリガモ コガモ コガラ コクガン コクマルガラス コグンカンドリ コゲラ コサギ コサメビタキ コシアカツバメ コシジロオオソリハシシギ コシャクシギ コジュケイ コジュリン コチドリ コチョウゲンボウ コノハズク コハクチョウ コブハクチョウ コホオアカ コマドリ コマミジロタヒバリ コミミズク コムクドリ コモンシギ コヨシキリ コルリ ゴイサギ ゴジュウカラ サカツラガン ササゴイ サシバ サバクヒタキ サバンナシトド サメビタキ サルハマシギ サンカノゴイ サンコウチョウ サンショウクイ シジュウカラ シジュウカラガン シチトウメジロ シノリガモ シベリアアオジ シベリアオオハシシギ シベリアジュリン シベリアハクセキレイ シマアオジ シマアカモズ シマアジ シマエナガ シマキンパラ シマゴマ シマセンニュウ シマフクロウ シメ シラオネッタイチョウ シラガホオジロ シラコバト シロアジサシ シロエリオオハム シロカモメ シロガシラ シロチドリ シロハラ シロハラクイナ シロハラゴジュウカラ シロハラホオジロ シロハラミズナギドリ ジャワアカガシラサギ ジュウイチ ジョウビタキ スイスの野鳥 スズガモ スズメ ズアカアオバト ズグロカモメ ズグロチャキンチョウ ズグロミゾゴイ セアカモズ セイタカシギ セキレイ(白化変異) セグロカモメ セグロサバクヒタキ セグロセキレイ セッカ センダイムシクイ ソウシチョウ ソデグロヅル ソリハシシギ ソリハシセイタカシギ タイミルセグロカモメ タイワンハクセキレイ タイワンヒヨドリ タカサゴクロサギ タカサゴモズ タカブシギ タゲリ タシギ タネコマドリ タヒバリ タマシギ タンチョウ ダイサギ ダイシャクシギ ダイゼン チゴハヤブサ チゴモズ チフチャフ チュウサギ チュウシャクシギ チュウダイサギ チュウヒ チョウゲンボウ チョウセンチョウゲンボウ チョウセンメジロ ツクシガモ ツグミ ツツドリ ツバメ ツバメチドリ ツミ ツメナガセキレイ ツルシギ テンニンチョウ トウゾクカモメ トウネン トキ トビ トモエガモ トラツグミ トラフズク ドバト ナベコウ ナベヅル ニシオジロビタキ ニシセグロカモメ ニュウナイスズメ ノグチゲラ ノゴマ ノジコ ノスリ ノハラツグミ ノビタキ ハイイロオウチュウ ハイイロチュウヒ ハイイロヒレアシシギ ハイイロミズナギドリ ハイタカ ハギマシコ ハクガン ハクセキレイ ハシナガウグイス ハシビロガモ ハシブトアジサシ ハシブトウミガラス ハシブトガラ ハシブトガラス ハシボソガラス ハシボソミズナギドリ ハジロカイツブリ ハジロクロハラアジサシ ハジロコチドリ ハチクマ ハチジョウツグミ ハッカチョウ ハマシギ ハヤブサ ハリオアマツバメ ハリスホーク(飼育) バライロムクドリ バン ヒガラ ヒクイナ ヒシクイ ヒドリガモ ヒバリ ヒバリシギ ヒメアマツバメ ヒメイソヒヨ ヒメウ ヒメクイナ ヒヨドリ ヒレンジャク ビロードキンクロ ビンズイ フクロウ フルマカモメ ブッポウソウ ヘラサギ ベニアジサシ ベニヒワ ベニマシコ ホウロクシギ ホオアカ ホオジロ ホオジロガモ ホオジロハクセキレイ ホシガラス ホシハジロ ホシムクドリ ホトトギス ホロホロチョウ(飼育) ホントウアカヒゲ マガモ マガン マキノセンニュウ マナヅル マヒワ マミジロ マミジロキビタキ マミジロタヒバリ マミジロツメナガセキレイ マミチャジナイ ミコアイサ ミサゴ ミソサザイ ミゾゴイ ミツユビカモメ ミフウズラ ミミカイツブリ ミヤケコゲラ ミヤコドリ ミヤマカケス ミヤマガラス ミヤマホオジロ ミユビシギ ムギマキ ムクドリ ムナグロ ムネアカタヒバリ ムラサキサギ メグロ メジロ メジロガモ メダイチドリ メボソムシクイ メリケンキアシシギ モスケミソサザイ モズ ヤイロチョウ ヤイロチョウ(飼育下) ヤツガシラ ヤブサメ ヤマガラ ヤマゲラ ヤマシギ ヤマセミ ヤマドリ ヤマヒバリ ヤンバルクイナ ユキホオジロ ユリカモメ ヨシガモ ヨタカ ヨナグニカラスバト ヨーロッパトウネン ライチョウ リュウキュウアカショウビン リュウキュウキジバト リュウキュウキビタキ リュウキュウコゲラ リュウキュウコノハズク リュウキュウサンコウチョウ リュウキュウサンショウクイ リュウキュウツバメ リュウキュウヒヨドリ リュウキュウメジロ リュウキュウヨシゴイ ルリカケス ルリビタキ ワカケホンセイインコ ワシカモメ 三宅島 下甑島 伊豆沼・蕪栗沼 倉敷フクロウの森 創作珍鳥 図鑑 大洗~苫小牧航路 奄美大島 宮古島 小笠原 年賀状 掛川花鳥園 東京~八丈島航路 沖縄 短歌 石垣・与那国島 石垣・西表島 絵ぶたまつり 羅臼のシャチ 舳倉島 蜻蛉 趣味 雨遊庵 鯨類&海獣 鵜飼