« 囀りを始めたホオジロ | トップページ | 巣材集めに奮闘するアオサギ達 »

2024年4月16日 (火)

鷺山で巣造りをするアオサギ達

田舎の町中を流れる小河川の外れに、いつ頃からか、アオサギダイサギ、それに川のギャングのカワウが営巣し繁殖する鷺山が出来ました。

その昔は居なかったフィッシュイーター達ですが、近年、その数が爆発的に増えました。

百姓の手を休め、今春の繁殖期を迎えた彼らの巣造りの様子を観に行って来ました。

Sagiyama202404130718

鷺山の全景ですが、

Sagiyama202404130715

中腹に白く見えるのがサギ類で、上の方の黒い姿がカワウです。

Aosagi202404131247

アオサギが大半を占め、その巣はざっと数えただけで10個以上。

Aosagi202404131230 Aosagi202404131127

見上げて確認するだけでそのぐらいですので、隠れて見えない巣も入れれば15個ほどでしょうか?

Aosagi202404131153

中には美しい飾羽をした少数派の亜種チュウダイサギの姿も。

Aosagi202404131156 Aosagi202404131196

この方達、育雛にどのくらいの魚を捕獲してお食べになられるのでしょうか?

来月には、漁協によるアユウナギの放流が始まりますが、毎年入漁券を購入して魚獲りに興じる鳥好きの私にとっては非常に複雑な心境です。

| |

« 囀りを始めたホオジロ | トップページ | 巣材集めに奮闘するアオサギ達 »

アオサギ」カテゴリの記事

チュウダイサギ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 囀りを始めたホオジロ | トップページ | 巣材集めに奮闘するアオサギ達 »