« 雨で水位の上がったダム湖には | トップページ | 喉を詰まらせた?ジョウビタキ »

2024年3月13日 (水)

やっと出会えたミヤマホオジロ

そして、水位の上がったダム湖でオシドリを撮った日の午後遅く、もう一度ミヤマホオジロのポイントに出掛けて見ました。

Miyamahoojiro202403070751

居ました! 久し振りに観るミヤマホオジロです。

道路脇の地面に1羽、

Miyamahoojiro202403070695

そして、朽ち果てた丸太のフェンスの上にもう1羽。どちらも雄鳥です。

たった2羽の、決して群れとは言えぬ、掃いて捨てることの出来ない連れでしたので、車窓から慎重に撮影しました。

Miyamahoojiro202403070699 Miyamahoojiro202403070703 Miyamahoojiro202403070736

苔生した朽ちた丸太も粋でしょ?

Miyamahoojiro202403070741

下はトリミングした写真です。

Miyamahoojiro20240307z0695

冠羽を立て、黄色い喉を膨らませたミヤマホオジロ

Miyamahoojiro20240307z0736

既に夏羽に換羽を済ませた雄の成鳥達です。

もう直ぐ渡去するのでしょうが、間に合って幸運でした。

| |

« 雨で水位の上がったダム湖には | トップページ | 喉を詰まらせた?ジョウビタキ »

ミヤマホオジロ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雨で水位の上がったダム湖には | トップページ | 喉を詰まらせた?ジョウビタキ »