« ハゼノキの残り実に来たエナガ | トップページ | ルリビタキを被写体に機材テスト »

2024年3月 7日 (木)

こんな所まで来るミサゴ

ハゼノキの残り実に来たエナガの写真を撮っていると、上空を稜線をかすめてダム湖の方角に飛んで行った猛禽の姿がありました。

期待したのはクマタカでしたが、かなり羽色の白い個体だった様な・・・・・

暫くして湖畔の周回道路に出てみると、75mほど先の対岸の木の枝先に、何と!ミサゴの姿が。

Misago202402280265

[エリアAF]で🐦[鳥]モードにしたままで五月蠅い背景の中のミサゴを連写してみました。

Misago20240228z0265

これが拡大した写真ですが、ピントばっちり!

Misago202402280281 Misago202402280285 Misago202402280288

狙う魚も居ないのか、暫くして、飛び立ちました。

下は拡大写真です。

Misago20240228z0288

次回は、昨季出会ったクマタカを期待しています。

このダム湖は南の笠岡の海岸線から直線距離で約25km。落鮎の季節には、ミサゴは河川の上流域にまで姿を現し、我が菜園脇の小河川にも遣って来たことがありました。

もっと北には大きなダム湖もあり、昔、「ハクトウワシが居た!」との有難い野鳥情報をくれる気の良いオジサンも居りました。(笑)

話変わって、渇水により取水制限の出ていたこの灌漑用のダム湖は、連日の雨で水位が回復し、先日、取水制限が解除されたようです。

| |

« ハゼノキの残り実に来たエナガ | トップページ | ルリビタキを被写体に機材テスト »

ミサゴ」カテゴリの記事

撮影機材」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ハゼノキの残り実に来たエナガ | トップページ | ルリビタキを被写体に機材テスト »