« 下の河原にはイカルチドリが | トップページ | トウネズミモチに遣って来た白腹 »

2024年2月23日 (金)

他所の連雀達

どの地域でも最初に連雀達が姿を現すスポットがあるようで、ここに入ったらその次はあそこに移動、そして、そこで餌の木の実を食べ尽くすと次はあそこ・・・・・とばかリに、移動する連雀達の後を追ってCM達が移動するのが当たり年のお決まりです。

帰省先の岡山では、今年、県東の大きな池の端のトウネズミモチの林に出たそうで、同郷の鳥友に誘われて行って来ました。

天気は、時折青空がのぞく生憎の曇り空。

視界が好過ぎて連雀達も警戒してかなかなか近寄っては来てくれません。

Hirenjyaku202402164158

それでも、近くの高木の枝先に群れで止まって、たわわに実ったトウネズミモチの実に有り付くチャンスを伺います。

Hirenjyaku202402164170 Hirenjyaku202402164198

しかし、なかなか降りては来ないで、広い池の上空を群れで飛び回っては遠くの大木の梢に止まります。

Hirenjyaku202402164223

これは、池の端の松ぼっくりを残して枯れてしまったの木に止まったところです。連雀か松ぼっくりかよく観ないと分かりません。(笑)

Hirenjyaku202402164232

でも、偶に近くに遣って来て、

Hirenjyaku202402164102

目の前のトウネズミモチの実に一斉に群がります。

Hirenjyaku202402164109

中にキレンジャクの姿もありました。

下は、対岸のトウネズミモチの林に入って盛んに飛び回って採餌する連雀達です。

画像を拡大して何羽居るか数えて見て下さい。

Hirenjyaku202402164245 Hirenjyaku202402164263

この時期、好天はなかなか望めませんが、

Hirenjyaku202402164293

曇り空の下での群のシルエット。

Hirenjyaku202402164290

縦位置に並んで止まったヒレンジャクです。

| |

« 下の河原にはイカルチドリが | トップページ | トウネズミモチに遣って来た白腹 »

ヒレンジャク」カテゴリの記事

キレンジャク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 下の河原にはイカルチドリが | トップページ | トウネズミモチに遣って来た白腹 »