« エノキの実を食べに来たツグミ | トップページ | 梅が咲き菜園のジョウビタキは »

2024年2月29日 (木)

小魚をゲットしたダイサギ

今日の野鳥は亜種ダイサギです。

先日掲載のイカルチドリが居たムクノキエノキの大木が枝を張るその下を流れる川に、今日もダイサギが餌を求めて川中を闊歩していました。

Daisagi202402174338

なかなか餌を獲るシーンにはお目に掛れない(と言うよりは待てない)ダイサギですが、偶々、イカルチドリを探していた際に、小魚を捕獲したシーンに遭遇致しました。

Daisagi202402174495

咥え直し、

Daisagi202402174501

放り上げて飲み込みました。我々が亀田の「柿の種」を頬張る様にこんな小さな餌一つでは満足できないでしょうが、獲れないよりはマシか?(笑)

実は最近、と言ってももう十数年前から、川筋でカワウが大繁殖して根こそぎ川魚を食べてしまい、今冬など、いつも居る菜園脇の小さな淵にも小魚の姿を見ることが出来ません。山間の小さな沢筋にも出没するカワウカワウ一羽が一日に食べる量は500gとか。小魚10g/匹としても50匹/日です。それが大群で毎日ですよ。居なくなるはずです。

白いよりも黒いカワウの方が川魚にとっては天敵の様で、まさにギャングです!

脱線してしまいましたが、あと2、3か月もすればアユウナギの放流が始まります。今年はカワウ除けに、案山子を設置して見ようと思っています。真面目な話です。

| |

« エノキの実を食べに来たツグミ | トップページ | 梅が咲き菜園のジョウビタキは »

ダイサギ」カテゴリの記事

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« エノキの実を食べに来たツグミ | トップページ | 梅が咲き菜園のジョウビタキは »