« 山上のダム湖畔の鳥(カケス) | トップページ | ミコアイサの飛翔姿 »

2021年2月 7日 (日)

山上のダム湖畔の鳥(尉と瑠璃)

今日の野鳥は、ジョウビタキのメス鳥とルリビタキのオス鳥です。

ダム湖上流の沢筋に前日寒冷紗の簡易ブラインドを架けました。その余りにもお粗末で寒風が通り過ぎるブラインドに入って待つこと数分。沢筋の藪の中に尾を振る小さな褐色の小鳥が現れました。

Jyoubitaki202102030930

前日まで沢筋を渡り歩いていたルリビタキではなく、ジョウビタキのメス鳥でした。ここもジョウビタキの個体数が多いところです。

しばらくすると別の個体が現れました。期待していたルリビタキのオス鳥です。

Ruribitaki202102030948

ジョウビタキのメス鳥の縄張りらしく、侵入者を追い払いにかかりました。

Ruribitaki202102030953 Ruribitaki202102030955

追い掛けられるルリビタキのオス鳥は右往左往。落ち着きません。

Jyoubitaki202102030959

数回の追い掛けバトルの後、朽木に止まってリラックスするジョウビタキのメス鳥でしたが、縄張り監視に余念がありません。

沢筋を飛び回って、侵入しようとするルリビタキのオス鳥を執拗に追い掛けてはまた戻って来ます。

Jyoubitaki202102030972 Jyoubitaki202102030982 Jyoubitaki202102030987

ルリビタキのオス鳥を写真に収めようと狙うのですが、

Ruribitaki202102030986

ジョウビタキ強しで、藪の中からこちらを伺う姿しか撮れませんでした。

(撮影日:2021.02.03)

|

« 山上のダム湖畔の鳥(カケス) | トップページ | ミコアイサの飛翔姿 »

ジョウビタキ」カテゴリの記事

ルリビタキ」カテゴリの記事

コメント

ついに出ました!😊
ルリビタキのオス!私は この青いのが見れていません!
さて
今年は キレンジャクの30位の群れが
もう来ました!昨年は 多いかったが
今年は どうかな?(日本海側は キレンジャクが多い!です)
白鳥もオオハク3を含めて58の群れが
います😊(越冬中)
こんなに 多いのは 初めてだそうです!
マガンとヒシクイ(オオ、ヒシクイ混合)もあわせて40数羽越冬中
アルパインさんは 緊急事態宣言中の ツアー殆ど 中止しました!
早く 安心して出掛けられるように 成って欲しいです!
お互い 気をつけましょうね!😊


投稿: 赤松です! | 2021年2月 7日 (日) 21時54分

赤松さん
コメントありがとうございます。
青いの茶色いジョウビタキのメスに追い払われて現在行方不明です。
豊岡凄いですね!羨ましい!
今年もレンジャクが期待出来そうですかね?シベリア寒かったのかな?
早くツアーや遠征に出掛けたいですね。

投稿: 瑞鳥庵の住人 | 2021年2月 7日 (日) 22時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 山上のダム湖畔の鳥(カケス) | トップページ | ミコアイサの飛翔姿 »