« 2020年10月 | トップページ | 2020年12月 »

2020年11月

2020年11月17日 (火)

寒バヤの投網漁に同行して

またまた田舎での魚捕りの記事です。

オシドリを撮りに行った翌日(の昨日)。 ウナギ捕り名人の例のS君が行う寒バヤの投網漁に同行して来ました。

川幅50mほどの大川(高梁川の支流の成羽川)に注ぎ込むそのまた支流の小河川での投網漁です。

渇水のこの時期の小河川には、夏に湧いた(孵化した)稚魚も含め、大量のハヤが集っています。

Hayatoamiryou20201116n4835

前日まで幾多の川筋の様子を観て来たS君は格好のポイントに見事な第一投を投じました。

Hayatoamiryou20201116n4838 Hayatoamiryou20201116n4839

慎重に網をすぼめて寄せて行き、

Hayatoamiryou20201116n4842

第一投でこの成果!

Hayatoamiryou20201116n4853

場所を変えて投じる度にこの成果。

Hayatoamiryou20201116n4856

同行のS君の幼馴染のM君と私はハヤを拾うのに大わらわ!

Hayatoamiryou20201116n4871

地元の町中の河川に場所を変えてみましたが、此処での成果は芳しくありませんでした。

Hayatoamiryou20201116n4866

この日の成果は約600匹。1時間半の漁にしては大漁です。

Hayatoamiryou20201116n4873

S君が、私への分け分として約200匹、1.5Kgのハヤをくれました。

Hayatoamiryou20201116n4874l

早速腹をして自家製の竹串に刺しました。爺さんや親父から教わった方法です。

Hayatoamiryou20201116n4880

そして、いつもの自家製の魚焼コンロに薪ストーブで作った消し炭を熾して焼に入ります。

必要なものはビールです。350ml缶で2本は最低でも。(笑)

Hayatoamiryou20201116n4884 Hayatoamiryou20201116n4887

消し炭の遠火でじっくりと焼き上げますが、尻尾が焦げないように隣の串に被せて焼きます。塩焼きではなくて素焼きです。

Hayatoamiryou20201116n4890

焼き上がりの状態です。

このまま生醤油で食べるも良し、から揚げにして南蛮漬けや甘露煮にも、昔は一度干して再度火を入れて保存食にしていたそうで、食堂の天井に稲藁の筒に何段にも放射状に刺したハヤが吊るされていたのを覚えています。

さてこの素焼きのハヤ、如何にして食べましょうかな?

(2020年11月18日 追記)

Hayatoamiryou20201117n4902

そして翌日。再度消し炭を熾して串に二度目の火を入れて、昔の藁筒を探し出し、布テープを巻いて吊るしました。

その昔、親父が獲ってきたハヤを始末して、丹念に焼いて、この様に縁側の天井に吊るしていた爺さんを思い出しました。田舎の風物詩です。

(追記)

この串刺しのことを「弁慶刺し」と呼ぶそうです。牛若丸を守って追っ手の矢を全身で受け止めた武蔵坊弁慶の姿に似ているからでしょうか?

| | コメント (0)

2020年11月16日 (月)

今年もダム湖に遣って来たオシドリ

ブログに大穴を開けており大変申し訳なく思っております。

今年の5月に予定されていた姪っ子の結婚式が、2度の延期となり、今月の下旬に名古屋で執り行われることになりました。可哀想に全て憎きコロナの所為です。

その目出度い結婚式への出席に合わせて、7ヶ月半に及んだ郷里岡山の田舎での帰省生活に別れを告げ、やっと帰宅の途に着きます。

幼友達や知人達のお蔭で盛り沢山の興味ある楽しみに浸った帰省生活でしたが、帰宅についての心配ごとは唯一、コロナ感染と再度帰省した際の老母との2週間の隔離生活です。

そんな帰宅前の心配を抱きながら、久し振りに冬鳥の到来を確認に田舎のMFを訪ねました。

Oshidori202011158986l

灌漑用のダム湖を訪ねると、今季も3、40羽のオシドリの姿がありました。

Oshidori202011158985

渡って来たばかりで警戒心が強く、車窓からの撮影がやっとでした。

Oshidori202011159001

対面の黄色に色付く山裾を映した湖面で羽繕いをする雄鳥。

Oshidori202011159009

日陰の湖面では幻想的なシルエットが狙えました。

Oshidori202011159016z

既に番形成が終了したオシドリの雌雄。

Oshidori202011159031l

湖面では春先に向けての番形成のバトルも始まっていました。

Oshidori202011159032

鳥取、根雨のおしどりの里にも既に多数のオシドリが遣って来ているのでしょうが、観察小屋の状況はWEBでの確認が不能でした。これもコロナの影響でしょうかね。?

| | コメント (0)

2020年11月 1日 (日)

瀬戸内海の真鯛釣りに

先日、誘われて真鯛釣りに出掛けて来ました。

真鯛釣りは初めて。聞くと、釣り場は県南の笠岡の港から31kmほどの真鍋島周辺で、釣り方は「鯛ラバ」というルアーでの釣りだとか。

朝6時に出港。この日は満潮が9時19分の中潮。

Setonaikai20201028n4731

天気は曇りの予報でしたが日の出を拝められました。

Setonaikai20201028n4733_20201102131201

天気は何とか持ちそうです。

Photo_20201102172001

釣り場の真鍋島沖。

Madai20201028n4739

時期外れで喰いは良くありませんでしたが、良形の真鯛もぼちぼちと。

真鯛が口にしているのが「鯛ラバ」と呼ばれる疑似餌(ルアー)です。赤系の光沢色に塗装された鉛球(ヘッド)にオレンジ色やピンク色等のヒラヒラのビニールやラバーを配し、その中に3本ほどの釣り針が隠されています。

Madai20201028n4746

流石に瀬戸内海の天然物の真鯛は色が綺麗です。

この日上がった真鯛は、46cm/2kgを筆頭に、42cm~23cmの計9枚。

Fugu20201028n4741

外道のショウサイフグ2匹と、

Magochi20201028n4745

4、50cm級のマゴチ2匹。なかなか大漁とはいきませんでした。

Tyouka20201028n4760 

これはいただいて帰った釣果の一部。

早速、ヒノキの葉を敷いた大皿に乗せて記念撮影。さて、この釣果、如何に料理しましょうか?(笑)

以下は手料理の数々です。

Madaiarani20201030n4776

これは粗煮。

一番大きな42cm、1.1kgの真鯛は3枚に下ろして刺身の柵を取り出し。頭は除いて、その他の粗はダイコンゴボウと一緒に粗煮に。

Madaishioyaki20201029n4774

そして、中小の真鯛はグリルで塩焼きに。

Madaikabutoyaki20201030n4781

粗とは別にした大鯛の頭は、縦に割って鰓や血合いを取り除いて薄塩をして兜焼に。シシトウスダチを添えました。

Madaisashimi20201031_180121

これは本命の真鯛の刺身。素人捌きで見栄えは良くありませんが、美味でした。

Magochisashimi20201029n4772

外道の高級魚、マゴチの刺身。骨抜きに苦労して肉の塊に。(泣)

しかし、味は真鯛以上でした。

写真にはありませんが、マゴチの粗は味噌味の汁物にして、ユズの皮で香り付けをしました。

手前味噌ですが、何れも大そうな美味でしたよ!

釣って、料理して、食べる。 至福の時間を過した日々でした。

| | コメント (0)

« 2020年10月 | トップページ | 2020年12月 »