« その後の鮎釣り(四国編) | トップページ | 菜園に遣って来る野鳥達 »

2020年10月19日 (月)

郷里の川での鮎刺し網漁

鳥撮りにはなかなか出掛けられずにおりますが、10月に入り、川は落ち鮎のシーズンとなりました。

私が毎年、漁協の発行する一級の年券を購入する岡山県西の河川でも、落ち鮎の刺し網漁が始まりました。しかし、県外者である私は、特級の資格が取れず、や雑魚の刺し網漁はすることが出来ません。

そういった事情を考慮してくれて、先日、友人が刺し網漁に誘ってくれました。

Photo_20201018150601

上は、H30年の西日本豪雨で川中の様相が変わってしまい大きなゴロタ石が散在する成羽川。県西を流れる高梁川の支流です。

Sashiamiryou20201014n4630

刺し網を揚げる友人。形の良い落ち鮎の姿が見えます。

長さ30mの刺し網を2枚。魚が網に掛かったまま持ち帰り、菜園小屋の前で網から外すのを手伝いました。

Ochiayu20201014n4646

これは成果の落ち鮎。最大は29cm、236gの雄のでした。

下は、網に掛かった雑魚。

Kawazakana20201014n4645

ナマズギギニゴイウグイ等、目方にして3.5Kgもありました。中でも多かったのはギギ。網外しに苦労いたしました。

Ochiayu20201014_172456

友人が気前良く、大きめのを3匹とギギ3匹を持たせてくれ、はぶつ切りにしてゴボウ山椒で有馬煮に、ギギもぶつ切りにしてニラを薬味に味噌汁仕立てといたしました。

Ayuarimani20201014_184221 Ayuarimani20201014_184654

白子を持つ雄の1匹とあわ子を持った雌の2匹。結構な味に出来上がりましたよ。

Ochiayu20200926_120417

これは以前に作ったの有馬煮。来年は若い山椒の葉(木の芽)を冷凍にして保存しておきましょう。

|

« その後の鮎釣り(四国編) | トップページ | 菜園に遣って来る野鳥達 »

趣味」カテゴリの記事

その他」カテゴリの記事

釣り」カテゴリの記事

魚類」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« その後の鮎釣り(四国編) | トップページ | 菜園に遣って来る野鳥達 »