« 梅雨明けの近況(鰻捕り) | トップページ | 久し振りに鳥撮りに出掛けました。 »

2020年8月28日 (金)

(近況)暑気払いにスッポン鍋

久し振りの投稿になってしまいましたが、連日の猛暑で、引き続き、移動自粛も兼ねて野鳥撮影には一切出掛けておりません。

作物を僅かに残す菜園は、まとまった降水もなく、貯水した雨水も間もなく底をつく状況で、砂漠と化してしまいました。(笑)

コロナの影響で里帰りする家族も居なくて、老母と二人で寂しい旧盆を過しましたが、引続く連日の猛暑の中では、比較的涼しい早朝の2時間ほどを農作業に充てて、そして、昼寝をして、夕刻には菜園脇の川で魚捕りをして楽しむといった、ここのところの変わらない生活を過しております。

川には、ハヤアユウナギナマズ、そして、スッポン

そうです。今日のブログは、スッポンで行きましょう。鼈鳥(笑)ではなくて、鼈捕りと、暑気払いに幼馴染達と食したスッポン鍋の話です。

先ずはスッポンから、

実家の母屋から菜園小屋に通う途中に小さな淵があり、自転車を止めて淵の魚の様子を確認するのが日課です。

Suppon20200613n4034Suppon20200616n4052

淵には今年も数匹のスッポンが姿を見せていました。

Suppon20200603n4010_20200827160301Suppon20200616n4046

浅瀬で小魚を狙う二匹のスッポン。雌雄かもしれません。

Suppon20200616n4056

ある日、スッポンは3匹に。

Suppon20200616n4096

下流では、川中の石の上で甲羅干しをするスッポンの姿も。

Suppon20200616n4082

かなりの大物の様です。

Suppon20200616n4091

コンデジのズームを聞かせて撮った写真ですが、甲羅の縁側が垂れるほどの大物でした。

そして、渇水で水嵩が減じたお盆明けの菜園前の淵でも、

Suppon20200817n4379Suppon20200817n4383

同じスッポンかどうか分かりませんが、元気に動き回る姿を確認しました。

捕るのは簡単なんですが、一昔前の様に、自前で捌いて(料理をして)食べる人も居なくなり、捕っても貰い手がないという状況下、無駄な殺生は慎まなければなりません。

あー、それでも、魚捕り好きには、気になって気になって仕方がありませんでした。(笑)

そして、数人の幼友達に、「暑気払いにスッポン鍋はどうか?」と尋ね、「是非に!」との即答を受けて、早速その晩に仕掛けを。

Suppon20200818_100606Suppon20200818n4395

翌朝、幼友達の近所の石屋の社長と仕掛けを上げに行くと、3匹のスッポンが掛かっていました。1.3Kgと1.1Kg、0.8Kgの食べごろの大きさでした。どうやら、見えていた淵のスッポンを全部捕ってしまったようです。(汗)

先ず、スッポンを料理してくれる食堂(昨年、天然のスッポンを料理してくれることを確認済み)の女将に電話して日どりの調整をし、次は、参加人数の確認です。なんと、7人が集りました。中には、見るのも食べるのも初めてという御仁も数人。楽しみな暑気払いの集いが開催できそうでした。

スッポンは前日までの約5日間、井戸水で飼って排泄物を出させ、山の上の食堂(居酒屋)に届けました。

Syokibarai20200824n4399

これはその食堂。町内の一番標高の高い所にある居酒屋です。この場所からは、晩秋に雲海が眺められることから、名は、「きりうみ食堂」。食事が美味しいことで有名なところです。

そして、スッポン料理

Syokibarai20200824n4402

スッポン鍋に手前は野菜サラダ。右は、スッポン鍋に入れる細ねぎです。

Syokibarai20200824n4407

スッポン鍋にはスッポンの卵も。体高が高かった(厚かった)ので雌だと思っていましたが、うち一匹には殻付の卵もあったとか。

黒く見えるのが肉で、白く見えるのがゼラチン質たっぷりの縁側、上には甲羅が見えます。

Syokibarai20200824n4404

副菜として、しめ鯖のお菜に地植えキュウリドタキュウリ?)の酢の物。そして、きんぴらごぼう

この他に、スッポンのから揚げに海鮮魚の御造り(刺身)。そして最後はスッポン雑炊

上手いのなんのって、ビールが進んだのは言うまでもありません。

Syokibarai20200824n4411_20200827171901

やー、旨かった!

女将の言うことには、「皆、山を駆けるよ!」? 最初何のことか分からなかったのですが、「精力が付き過ぎて周りの山野を駆け回るよ!」と言うことらしい。そうです。此処は山の上の居酒屋でした。(笑)

またまた料理のブログになってしまいましたね。ごめんなさい。

脱線しついでに、スッポンのことを少し。

実は、神奈川でもスッポンを捕って、行きつけの小田原の割烹に持って行って、会社の同僚達と「スッポン料理を食べる会」を何度か開催したことがありました。近所のカワセミヤマセミを撮影するMFの川に生息していたスッポンでしたが、岡山で使う仕掛けと餌で、一回で6~7匹が捕れました。(今から10年も前の話ですが、)

最初に7匹も捕れた時には、どこかのスッポン料理店に買い取ってもらおうとタウンページで小田急線沿線のスッポン料理店数軒に順次電話をしましたが、ことごとく「NO!」。天然のスッポンはその昔、岡山の田舎では、1Kg+甲羅の長さ20cmを最高値として、一匹千円ほどで売れたものでした。

電話で聞いた店の天然のスッポンを引き取れない理由は幾つか、

  • 出所が分からない(病原菌等の理由)
  • 安定した供給が受けられない
  • サイズが揃わない

等でした。

アルバイトで一儲けしようと思っていたのでしたが、一瞬で夢と消えました。(笑)

そして、最後の落ちですが、

カワセミの撮影をしていて見付けたスッポンでしたが、その小河川の上流にはスッポンの養殖場が在ることが分かりました。道理でわんさと居るはずです。(大笑)

尚、郷里岡山の田舎のスッポン漁ですが、漁協の販売する入漁券が必要で、解禁は7月1日となっています。(ご参考に)

そろそろ野鳥を載せないと。

|

« 梅雨明けの近況(鰻捕り) | トップページ | 久し振りに鳥撮りに出掛けました。 »

趣味」カテゴリの記事

その他」カテゴリの記事

釣り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 梅雨明けの近況(鰻捕り) | トップページ | 久し振りに鳥撮りに出掛けました。 »