« フクロウランタン制作 ㉓ | トップページ | この歳にして鮎釣りに興じる。 »

2020年7月23日 (木)

フクロウランタン制作 (最終回)

昨日、全体への「蝋引き」を終え、「フクロウランタン」の制作を完了致しました。

雨天が続き、コロナ禍で遠出も出来ず、他に遣ることも無かった所為か、制作の進捗はすこぶる順調で、8月の声を聞く前に完成してしまいました。

Fukuroulantern20200722n4296

全体への「蝋引き」が終了したところです。

屋外に飾るランタンでもないので、なにも雨避けの「蝋引き」をする必要は無いのですが、やはり、「絵ぶた」で作る「フクロウランタン」ですので最後まで「絵ぶた」制作の手法を使いました。

蝋が入ると紙の表面は濡れたように色が濃くなります。

Fukuroulantern20200722n4301

底にボードを張って、「化粧枠」にはめ込んで電灯用の手元スイッチ付きのコードを取り付けました。LED電球5灯。総ワット数10wです。

そして点灯!

Fukuroulantern20200722n4302

何だ!これ!

粗が目立ち過ぎ!

気持ちを落ち着けるのと、諸々のエクスキューズを用意するのに数分は掛かりました。

拡大して見ないで下さい!お願いです。(笑)

大物を作ってきた「絵ぶた」の材料と制作手法では、やはり、小間物の細工には限度がありました。

  1. 針金が太過ぎる。
  2. 結び目が大き過ぎる(水糸では太過ぎる)。
  3. 紙貼りの糊代の幅が大き過ぎる。
  4. 小さな曲率を出すのが細かくなり過ぎて無理。
  5. LED電球のもっと小さいのが必要。

と、まあ、こじつけた後付けのエクスキューズはこんなものです。

他に、

Fukuroulantern20200722n4305

キノコ」の笠にはもっと灯りが欲しく、白点の数を減らして大きくした方が良かったかも・・・・・

Fukuroulantern20200722n4303

木の葉」への灯りは狙い通りでしたが、しかし、結び目がうるさ過ぎました。

Fukuroulantern20200722n4308

しかも、止まり木の朽木も明る過ぎて生木になりましたね。

多くの反省点を持って、前向きに次回に繋げましょうかな?

もし次回があるとすると、エゾフクロウオオハシサイチョウ)、オオワシハシビロコウの頭部だけ、なんてのは如何でしょうか? しかし、上記の諸々のエクスキューズを払拭するには、もっともっと修行が必要なような・・・・・

Fukuroulantern20200722n4313

小屋の片隅で燈る「フクロウランタン」。どこか遠くに置いて眺めましょう。グラス片手に。

最後に一首。

猫でない! 証拠に木の葉を 付けておく

      「絵ぶた」で作りし 木菟ランタン

お粗末。

さて、これから何をして遊びましょうかな? 野鳥探しと鮎釣りかな。?

|

« フクロウランタン制作 ㉓ | トップページ | この歳にして鮎釣りに興じる。 »

趣味」カテゴリの記事

その他」カテゴリの記事

絵ぶたまつり」カテゴリの記事

短歌」カテゴリの記事

雨遊庵」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« フクロウランタン制作 ㉓ | トップページ | この歳にして鮎釣りに興じる。 »