« その後のイワツバメ達は | トップページ | 近況報告他 »

2020年6月 1日 (月)

イワツバメの巣で起こった珍事

今日の野鳥も昨日に続きイワツバメです。

育雛中の雛への給餌を撮っていたら思ってもいない珍事に遭遇しました。

Iwatsubame202005297376

左側の巣の中の3羽の雛に給餌に帰って来た親鳥でしたが・・・・・、

Iwatsubame202005297377

どうも、巣の中に成鳥が紛れ込んでいたようで、

Iwatsubame202005297378

それに気付いた親鳥が

Iwatsubame202005297379Iwatsubame202005297381

紛れ込んで給餌を横取りしようとしていた狡賢い成鳥に

Iwatsubame202005297382

噛み付いて翼に足を掛けて摘み出しました。

Iwatsubame202005297383Iwatsubame202005297384

凄まじい珍事に一瞬何が起こったか見当も着きませんでしたが、どうも隣の巣に居た一羽が餌さ欲しさに潜り込んだようでした。

こんな隣人(隣鳥?)が居たら堪ったもんではありませんね。(笑)

Iwatsubame202005297373

これは昨日掲載した写真ですが、巣の中には黄色い嘴をした雛がちゃんと3羽居ますよね。確かに、今日の最初の写真の真ん中の雛は、明らかに成鳥の頭をしています。

Iwatsubame202005297307

これも昨日掲載の別の巣の給餌シーンですが、右手の巣で抱卵中の成鳥が給餌を受けようと口を開けていますが、口の中の色は雛の黄色赤と違って成鳥のピンク色です。

密接して設営されるイワツバメの巣ですが、こんな珍事はよく起こるのでしょうかね?

|

« その後のイワツバメ達は | トップページ | 近況報告他 »

イワツバメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« その後のイワツバメ達は | トップページ | 近況報告他 »