« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »

2020年4月

2020年4月28日 (火)

ツバメは?

今日の野鳥はツバメです。

過疎化が進む田舎では、ツバメの数も減って来ました。

人目に付く場所、特に、人の出入りのある民家の玄関先や軒先に巣を掛けていたツバメでしたが、人気の無くなった民家に営巣したツバメは巣立ち間近の雛を(2番子、3番子でさえも)ことごとく憎っくきハシボソガラスに持って行かれてしまいます。

ツバメの渡来・営巣をことの他楽しみに待つ田舎人は多くて、ハシボソガラス除けのネットや飾を設営する民家もありますが、如何せん、過疎化で・・・・・。

それでも数番のツバメが3月下旬には渡って来て、夕刻には菜園脇を流れる小川で水飲み水浴びを披露してくれます。(もっぱら、巣材である泥の調達は我菜園からですが、)百姓仕事の合間に観るツバメの姿は可愛いものです。

今日は、そんなツバメの水飲みシーンを掲載致しましょう。

Tsubame202004256406Tsubame202004256407

菜園帰りに川面で水飲み(?)をするツバメを試し撮り。何とか撮れそうなので・・・・・待ちました。

以下は水飲みの連続写真です。

Tsubame202004256433Tsubame202004256434 Tsubame202004256435

偶々撮れた水飲みの瞬間です。

Tsubame202004256436Tsubame202004256438

我ながらこれはマグレ!

下は水飲みの瞬間の拡大写真です。

Tsubame202004256435z

このツバメが水飲みや行水をする菜園前を流れる小川には、今月の11日に漁協が今年も大量の稚鮎を放流してくれました。しかし、すぐに大雨による大水(洪水)が出て、養殖の放流は下流に流されてしまいましたが、ツバメの水飲みを撮った日には再溯上して来た稚鮎の群れの姿を確認できました。この夏は昨年同様、田舎で鮎釣や川魚漁に勤しむ予定で、漁協の発行する年券を購入致しました。

Ayu20200425n3843

再溯上して来た稚鮎の群れ。

| | コメント (0)

2020年4月27日 (月)

コシアカツバメの求愛行動?

今日の野鳥も我田舎町に渡来したコシアカツバメです。

Koshiakatsubame202004256452

追っていた一羽のコシアカツバメが電線に止りました。

その電線には既に一羽のコシアカツバメが止まって居て、何か囀っています。

Koshiakatsubame202004256455

右のコシアカツバメが囀る左の個体に近寄って行き、最初1mほどあった距離が2、30cmになりました。マスクも着けづ、もう危険な濃厚接触状態です。

Koshiakatsubame202004256466

更に近づいて

Koshiakatsubame202004256467Koshiakatsubame202004256474

鳴き交わしの後、

Koshiakatsubame202004256496

一羽が体勢を入れ替えました。すは、交尾か?と期待しましたが、

Koshiakatsubame202004256526

ストレッチ+羽繕いだけで終りました。

町中には、約1か月前に渡来したツバメと、最近その姿を見掛けるようになったイワツバメの3種のが混在するようになりました。

| | コメント (0)

2020年4月26日 (日)

やっと遣って来たコシアカツバメ

コロナのせいで、今月下旬に神奈川に帰宅する予定を延期して、今年は夏過ぎまで郷里の岡山で老母と一緒に隠遁生活をする羽目になりました。

帰省して早3週間が過ぎ、夏野菜の植付け準備などの百姓仕事は順調に進めて、さて此れから・・・・・と言っても、趣味の木工や近場での探鳥しかやることはありません。

昨日は、例年より遅れていたコシアカツバメの姿を菜園上空で見付け、早速、機材を持ち出して撮影してみました。

Koshiakatsubame202004256369

抜けるような青空を飛ぶコシアカツバメ

Koshiakatsubame202004256378

休憩場所は川向こうのいつもの学習センターの壁際の電線です。

Koshiakatsubame202004256384

建物の庇の付根に作った昨年の徳利型の巣は、ことごとく壊されたか崩壊して、補修するか新設するしか手は無いようです。

Koshiakatsubame202004256443

これからの巣作りや子育て、大変でしょうが、じっくりと楽しんで観察させて頂きましょう。

| | コメント (0)

2020年4月15日 (水)

(過去の写真)戸隠の春の野鳥達 Ⅱ

今日の野鳥も、過去の在庫写真から、戸隠の春の野鳥達です。

今日は第二弾として、忍者のような野鳥達です。

Kibashiri201005159932

先ずはキバシリ。他所ではなかなかお目に掛かれませんでしたが戸隠ではよく目にする野鳥でした。

Kibashiri200907254142 Kibashiri201005150034

大木の幹を下から上へぐるぐる廻っ上って行きます。

Gojyuukara200907254158s

これはゴジュウカラ。木の幹を縦横に動き回ります。

Gojyuukara201005150337Gojyuukara201005150340

地上での採餌風景ですが、

Gojyuukara201005150347

この実は何?

Gojyuukara201005150360Gojyuukara201005150753

営巣木が近くにありましたが、このゴジュウカラも戸隠に多い忍者鳥です。

| | コメント (0)

2020年4月14日 (火)

(過去の写真)戸隠の春の野鳥達 Ⅰ

今日の野鳥も、過去の在庫写真の中から、戸隠の春の野鳥達です。

今日はその一弾として森の歌姫達です。

Kibitaki200906053267

先ず最初は其処此処で囀るキビタキです。個体数も多かったですね。

Misosazai200906053290

そして常連のミソサザイ

Misosazai200906063737sMisosazai200907254167

木道脇の沢筋が狙い目ですが、足元で急に啼きだす大声にはビックリします。

Koruri200706020104

コルリもなかなかの歌い手です。

Koruri201005150978

ミズバショウの咲く沢で。

Nojiko201005150769

そして、素晴らしい声の歌い手はこのノジコ。声はすれども姿は・・・・・?の類。

芽吹き始めたカラマツの枝先に保護色のその姿を見付けました。

| | コメント (0)

2020年4月13日 (月)

(過去の写真)戸隠のアカショウビン

今日の野鳥も過去の写真の在庫の中から、戸隠のアカショウビンです。

アカショウビンと言えば戸隠!」と言われていた時期がありましたが、最近、森林公園の奥の方で鳴声を聞いたがその姿は今季も確認出来なかったという話を耳にしました。

今から10年ほど前のこと。5月の中下旬に渡って来て、森林公園内の散策路の脇の朽木やの大木に営巣するアカショウビンを撮影しに通ったものでした。

Akasyoubin200906063694

これは当ブログ開設の際に使ったアカショウビンの写真です。

Akasyoubin200906063641

杉の大木の洞に営巣していたアカショウビンの番の一羽です。

交代で巣造りをしていましたがこの枝は交代時の待機場所でした。

Akasyoubin200906063781Akasyoubin200906063809Akasyoubin200906063833

結局この場所の巣は使われなかったように記憶していますが、折角営巣出来ても育雛中に台風で営巣木が倒れて繁殖に至らなかった年もあったようです。

下は、最初の写真同様、営巣場所の近くの沢に採餌に降り立った時のショットです。

Akasyoubin200906063647Akasyoubin200906063660Akasyoubin200906063721

この時、沢に降り立って小魚(イワナ?)を捕獲したらしいのですが、撮影出来たと言う同僚のモニターには赤いボケた塊が写っていただけでした。(大笑)

バーダー憧れの赤い鳥。また戸隠の森を賑わせて貰いたいものですね。

(撮影日:2009.06.06)

| | コメント (0)

2020年4月 9日 (木)

近況

ブログに穴を空けていまして申し訳ございません。

新型コロナウイルスの猛威には驚くばかりです。皆さん大丈夫でしょうか?

先週末に帰省した岡山でも感染者が増えていて、3密回避の対応は執らないとと神経は使っておりますが、目下、夏野菜の植付け準備等の菜園作業が忙しく、幸いなことにコロナどころではないと言った近況です。

しかし、神奈川に残してきた家内や、孫達のことを思うと憂鬱です。

帰省してから一週間弱。百姓仕事は好天も重なり順調ですが、この後帰宅してからの予定した行事は全てキャンセル。この分だと夏過ぎまで岡山の田舎に居るようです。

鳥撮りのツアーもキャンセルが出ているようですね。私の春の舳倉島も民宿の女将の都合を聞いて昨日キャンセルとしました。

今年は郷里の岡山周辺で頑張るしかないようです。

渡りの野鳥の端境期にも当たり、時間を作って過去の写真からの掲載と、別のブログの「雨遊庵ブログ」に田舎暮らしの近況を掲載することにして、双方のブログで対応致す所存です。

と言うことで、今日は昨夜のスーパームーンです。

Suppermoon202004086365

コロナウイルス感染撲滅を祈って。

| | コメント (0)

2020年4月 4日 (土)

(過去の写真)戸隠のオオアカゲラ Ⅲ

今日の野鳥も、過去の写真から戸隠のオオアカゲラです。

今日は雄鳥の残りの写真を掲載します。

Ooakagera201005150650Ooakagera201005150693_20200402102301

給餌の餌はアリ羽虫に混じり栄養価が高いと思われる甲虫類の幼虫も。

Ooakagera201005151228Ooakagera201005159771Ooakagera201005159798

最近の戸隠森林植物園の状況は知りませんが、アカショウビンはどうなんでしょう? 夏季はこのオオアカゲラを含め5月の下旬が探鳥に最適な時期でしょうか?

(撮影日:2010.05.15)

| | コメント (2)

2020年4月 3日 (金)

(過去の写真)戸隠のオオアカゲラ Ⅱ

今日の野鳥も、過去の写真から戸隠のオオアカゲラです。

今日は、餌を運ぶ雌鳥の姿を載せましょう。

Ooakagera201005150669Ooakagera201005151003Ooakagera201005151051

雄鳥に比べ警戒心が強いようで、営巣木の裏手に止まり、様子を伺って給餌に向かいます。

Ooakagera201005151070Ooakagera201005151104

空で帰って来たのかと思うとちゃんと赤いアリを咥えていました。

Ooakagera201005151124Ooakagera201005151129

何羽の雛が居るのか、給餌は雌雄で頻繁に行っていました。

(撮影日:2010.05.15)

| | コメント (0)

2020年4月 2日 (木)

(過去の写真)戸隠のオオアカゲラ

4月に入りましたが新型コロナウイルスが猛威を振るい大変なことになっていますね。皆さん大丈夫ですか? 我が家は、といっても家内と二人きりですが、もっぱら自宅で外出自粛中といった状態で、お互いなるべく顔も会わさないようにしております。(笑)

この週末からまた郷里岡山の田舎に長期の帰省を致します。感染を避けたコロナ疎開と言われても満更当たっていなくもないですね。

夏鳥が渡って来るまで今少し時間がありますが、早めに菜園仕事を終了して、人気の無い田舎の探鳥地に足を運んでみる予定です。

それまでは過去の写真で・・・・・

今日の野鳥は、10年前に戸隠森林植物園で撮った育雛中のオオアカゲラです。

Ooakagera201005151010

育雛中のオオアカゲラの情報を貰い、戸隠を訪れたのは5月の中旬。

Ooakagera201005151217Ooakagera201005151224

朽木の高木のかなり高いところに営巣して親鳥がせっせと給餌をしていました。

下は、雄の親鳥が黒い羽虫(甲虫?)を捕って来て雛に給仕する連続写真です。

Ooakagera201005151238Ooakagera201005151241Ooakagera201005151242Ooakagera201005151249

巣穴の中にまだ羽が生えていない雛の姿が確認出来ました。

Ooakagera201005151250Ooakagera201005151251

あと10日ほど後に来れば顔を出した雛に会えたかも知れません。

(撮影日:2010.05.15)

| | コメント (0)

« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »