« リベンジのミコアイサは近かった | トップページ | メジロガモの後にメジロ »

2020年3月 9日 (月)

リベンジのおまけのメジロガモ

今日の野鳥はメジロガモです。

一通りカモ類の撮影を終えてため池を引き上げようとした時、地元のCMの方にお会いして御挨拶。その方が教えてくださったのは、広い池の中ほどにメジロガモが居るはずだと。

場所を変えて二人で逆光の遠い水面を探しました。

Mejirogamo202003014774

居ましたよ!点のようでしたが目の真っ白いメジロガモの雄鳥の姿を見付けました。

しかし遠い! メジロガモホシハジロの群れの中で「ひねもすのたりのたり」の世界。こちらも対抗して、「待てば海路の日和あり」とばかりに諦めずに待ちました。

訊くと、昨年から居るようで、いつもため池の中ほどで寝ているとか。

Mejirogamo202003014820

その内に、そよぐ西風に押されてか、段々と距離が縮まって、

Mejirogamo202003014925

その方がこんなに近くに寄って来たのは初めてと仰った様に、15mも無い距離に。しかも、半逆光!

Mejirogamo202003014929Mejirogamo202003014946Mejirogamo202003014929Mejirogamo202003014958Mejirogamo202003014965

久し振りにメジロガモの雄鳥に、それも郷里岡山で出会うことが出来ました。教えていただき一緒に探していただいたさんに感謝です。

先陣のCMさん達が引き上げた後に、やっと彼らが何を狙っていたのかが分かりましたが、このメジロガモだったとは。ミコアイサアメリカヒドリを撮って残って居てよかった!

「残り者に福有り」とは書きませんね。(笑)

しかし、県南のため池は恐るべし!です。

|

« リベンジのミコアイサは近かった | トップページ | メジロガモの後にメジロ »

メジロガモ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« リベンジのミコアイサは近かった | トップページ | メジロガモの後にメジロ »