« 南天の実を食べ尽くすヒヨドリ | トップページ | 花を待つメジロは »

2020年2月22日 (土)

ため池に残っていたヨシガモと

今日の野鳥はヨシガモです。

昨日の岡山県南は16℃を超える春日和。既にカモ達の大半は北に渡って行ってしまったようですが、ブログのネタ探しに幾つかの灌漑用のため池を回ってみました。

Yoshigamo202002203570

竹林が影を落とすとあるため池の奥側に一羽の雄のヨシガモの姿がありました。

木漏れ日の差し込む薄暗い水面にヨシガモの美しい羽色が光ります。

Yoshigamo202002203577Yoshigamo202002203578

このため池に居たのは少数のヒドリガモハシビロガモ、留鳥のカルガモと・・・・・

最初、ハシビロガモの雌鳥二羽が水面の餌を濾しながら採餌しているのかと思ったら

Nutria202002203547

なんと!ヌートリアの番(?)でした。

Nutria202002203543 Nutria202002203555 Nutria202002203563

水温む春。この陽気に浮かれて巣穴から出て来たのでしょう。岡山県南ではよく目に致します。

|

« 南天の実を食べ尽くすヒヨドリ | トップページ | 花を待つメジロは »

ヨシガモ」カテゴリの記事

哺乳類」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 南天の実を食べ尽くすヒヨドリ | トップページ | 花を待つメジロは »