« 春を迎えてコゲラも大忙し? | トップページ | 郷里岡山の連雀 »

2020年2月25日 (火)

栴檀の実に遣って来る野鳥達

今日の野鳥は、熟れた栴檀の実に遣って来る野鳥達です。

Hiyodori202002213513

岡山県南の干拓公園の栴檀の木にはもう殆んど実は残っていなかったのですが、ため池の周囲に生えた栴檀の木々にはまだ黄色く熟した実がたわわに残っていて、中型の野鳥達が群がっていました。

上はヒヨドリの群れです。

Hiyodori202002213301

旨そうに嘴で摘まんで呑み込みますが、実に取られて鳥にピントが合いません。

Hiyodori202002213320

栴檀の実はヒヨドリにとって丁度良い大きさなのか、放り込むように呑み込みます。

Hiyodori202002213430s

観ていて楽しいものですが、昔々、小生が小学生だった時に読んだマンガの本に「たらふくまんま」という百姓の大男の話が載っていて、その男が囲炉裏に掛けた鍋でカボチャを大量に煮て、長い一本箸で美味しそうに口に放り込んで平らげてしまうというシーンを思い出しました。今も記憶にあるというのはその当時相当に食い意地が張っていたのかも知れませんが・・・ね。(笑)

ヒヨドリはその大男のように続け様に栴檀の実を喉の奥に放り込んでいましたよ。

そして、ヒヨドリばかりか、

Shirohara202002213354

シロハラも。

Tsugumi202002213288

ツグミも・・・・・。

余談ですが、「たらふくまんま」のマンガのお蔭で今でもカボチャが大好きです。(笑)

|

« 春を迎えてコゲラも大忙し? | トップページ | 郷里岡山の連雀 »

ヒヨドリ」カテゴリの記事

シロハラ」カテゴリの記事

ツグミ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 春を迎えてコゲラも大忙し? | トップページ | 郷里岡山の連雀 »