« 部分白化のミヤマホオジロ(最終) | トップページ | ため池に残っていたヨシガモと »

2020年2月21日 (金)

南天の実を食べ尽くすヒヨドリ

今日のダム湖畔の野鳥はヒヨドリです。

ダム湖に12羽居たオシドリは少し数を増やしたと思った次の日から姿を見せなくなりました。渡りが始まったのでしょうね。

ダム湖畔の林道脇には、トキワサンザシや外来種のピラカンサス南天などが赤い実をつけていましたが、徐々に実が少なくなって来て、トキワサンザシの実は既に無く、沢山の実をつけていた大木のピラカンサスは残り半分ほど。

犯人は、シロハラジョウビタキもですが、主犯は群で遣って来るヒヨドリ達です。

Hiyodori202002193105

これは、沢沿いの山裾に生えている南天の木に遣って来たヒヨドリです。

Hiyodori202002193104

ホバリングして摘まんで行きますが、赤い実はもう殆んど食べ尽くされていました。

 

余談ですが、この日も例の白いミヤマホオジロは健在でしたよ。

|

« 部分白化のミヤマホオジロ(最終) | トップページ | ため池に残っていたヨシガモと »

ヒヨドリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 部分白化のミヤマホオジロ(最終) | トップページ | ため池に残っていたヨシガモと »