« 川の土手からの水鳥達 | トップページ | 桜名水公園の丘葦鴨は »

2019年12月 9日 (月)

烏の行水

今日の野鳥はハシボソガラスです。

川の堰堤の上の淀みでハシボソガラスが水浴びをしていました。俗に言う「烏の行水」です。

Hashibosogarasu201912049544

番でしょうか? 2羽のハシボソガラスが居て、1羽は既に水浴びを終えて土手上の木立で羽繕いをしているようでした。

Hashibosogarasu201912049547

おもむろに

Hashibosogarasu201912049551

頭から突っ込んで、

Hashibosogarasu201912049553Hashibosogarasu201912049554

バシャバシャやっていましたが、

Hashibosogarasu201912049557

連れのもう一羽に呼ばれたのか、

Hashibosogarasu201912049558

水浴びを切り上げて飛んで行きました。

この間、約1分弱。「烏の行水」、やはり短いのでしょうね。

以下余談です。

烏の行水」で思い出すのは7年前に他界した親父です。何しろ風呂が早かった。もちろん一家の主で一番風呂。しかし、出てからが長かった。後続の家族に「早く入れ、早く入れ!」の長い連呼。今では笑い種ですが、当時は皆閉口したものでした。中に「腰抜け風呂」の妹が居たからかも知れませんが。(笑)

|

« 川の土手からの水鳥達 | トップページ | 桜名水公園の丘葦鴨は »

ハシボソガラス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 川の土手からの水鳥達 | トップページ | 桜名水公園の丘葦鴨は »