« 三番瀬の秋のシギチ達 ⑭ | トップページ | 迷鳥コモンシギ »

2019年9月20日 (金)

休耕田に3年振りのツルシギ

今日の野鳥はツルシギです。

朝晩めっきり涼しくなった中秋の名月の翌朝、そろそろお山の公園にも渡り途中のエゾビタキが入ってくる頃と思い出掛けてみましたが、鳥影はほとんど無し。

では、次なるMFの隣町の休耕田へと移動しますが、ここ数年水を張った休耕田は皆無に等しく、前年の情報をもとに僅かに残った小さな休耕田に向かうと、数台の車と数人のCMが。

聞くと、ツルシギが1羽入っているとのこと。

Tsurushigi201909153609

側溝の壁の日陰に入り込みなかなか出て来なかったツルシギでしたが、

Tsurushigi201909153612Tsurushigi201909153613

日向に出て来て採餌を始めました。既に日は高く、コントラストの強い写真を承知で久し振りの撮影に興じました。

幼羽ですが、MFでは3年振りのツルシギでした。

Tsurushigi201909153645Tsurushigi201909153677Tsurushigi201909153751

目に光の入るシーンを狙い、

Tsurushigi201909153872sTsurushigi201909153903s

縦位置でカットしたり、

Tsurushigi201909153880

ミミズヤゴを捕食するシーンも狙ってみました。

Tsurushigi201909153763

これは、ミミズに両嘴に巻き付かれて苦戦しているシーンです。(笑)

下は、採餌中にアメンボウの群れが押し寄せて来て

Tsurushigi201909153821Tsurushigi201909153825Tsurushigi201909153840

呆然と佇むツルシギです。アメンボウは餌ではないようです。あの臭いではね。

(撮影日:2019.09.15)

|

« 三番瀬の秋のシギチ達 ⑭ | トップページ | 迷鳥コモンシギ »

ツルシギ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 三番瀬の秋のシギチ達 ⑭ | トップページ | 迷鳥コモンシギ »