« 鳥撮りに行けずに今は魚獲り | トップページ | 三番瀬の秋のシギチ達 ① »

2019年8月24日 (土)

鳥撮りに行けずに又も魚獲り

鳥撮りではなく又もや魚獲りの話で申し訳ない。

一昨日、年長の従兄弟に頼まれて、ウナギ釣りの餌となるハヤを獲りに行きました。 漁の方法は、通称「夜ぼり」、「点火ほこ突」ともいう夜間にカンテラの灯りで魚の寝込みを襲って網ですくったりモリで突いて獲る漁のことです。

昔は、カンテラにカーバイトを入れて、上部の水を滴らせてアセチレンを発生させ、その点火の灯りでやったものですが、今はカーバイトの入手が難しく、今回は、LEDの懐中電灯を2本縛り付けてガス灯の代用としました。(ボンベ式のガス灯もあるようです。)

夜中の9時から11時まで、約2時間の漁の成果は、

Yubori20190822n2953

ざっとこんなもんでした。 20センチ級のアユ2尾とハヤ(岡山では白(シラ)ハヤと呼ぶオイカワです。)90尾!

そして、昨夕、 従兄弟と仕掛けた投糸(つけ針)には、

Supponunagi20190824n2971

今朝、小ぶりのウナギ(100g)と、又もや1キロの立派なスッポンがかかっていました。

先日の2匹のウナギが如何に大きかったか!?

Unagi20190818n2941a

デカイでしょう? 左が500g、右が300g。 めったに獲れないサイズでした。

下は、その2匹のその後です。

Unagi20190819_113437

自家製の竹串に刺し、長手の自家製の七輪で、冬に薪ストーブで作った薪の消し炭で、自家製のたれをかけながらこんがり焼きます。

我が家の伝統的な食べ方は、熱いご飯の上に身をほぐし、その上にウナギの油がたっぷり入った焼きだれをかけ、熱い渋茶をかけたお茶漬けです。誰もが虜になってしまう夏の料理です。

Unagi20190819_170005

上は、冷凍にして子供達が待っている神奈川に持ち帰る分です。(笑)

こんな川漁が出来る郷里の川を写真で紹介しましょう。(コメントをくださったNYさんの要請を受けて)

Kawa20190823n2965

Kawa20190823n2959

Kawa20190823n2961

Kawa20190823n2962

これでも水量は多いほう。 民家はあえて写し込まないようにしていますが、小さな町中を流れる川です。

昨年の西日本豪雨で災害を出した高梁川の支流の支流です。

護岸工事で昔のきれいだった川の面影はなく、過疎化が進み、川で遊ぶ子供達が少なくなったことも河川保護が進まない原因の一つと思いますが、こうやって昔の子供達(今は高齢者達)が、川漁が出来る環境を維持していくことが必要ですね。

魚獲りはこの辺でおしまいとして、次回からは鳥撮りに戻りましょう。

|

« 鳥撮りに行けずに今は魚獲り | トップページ | 三番瀬の秋のシギチ達 ① »

趣味」カテゴリの記事

雨遊庵」カテゴリの記事

コメント

大漁でしたね!思わず、驚きの声がでますし、田舎の楽しんで過ごされている様子が伝わってきます。
いいなあ!の連発です。
昨日、故郷の富山から帰って来ました。
26日に立山へ雷鳥に会いに行きましたが、5月ほど近くに来てくれなくて、少し落胆しました。
ただし、快晴の山々は、見ごたえがありました。
漁をされたフィールドの様子が、よく分かって、嬉しいです。

投稿: NY | 2019年8月28日 (水) 08時54分

NYさん
コメントありがとうございます。
故郷が富山ですか。富山も良い所ですよね。
毎年舳倉島への往復に壮大な山並みや美しい田園風景を楽しませて貰います。
氷見なんかも良いですよね。もし富山が故郷だったら海釣りに没頭していたでしょうね。
来週からは神奈川に帰宅してシギチでも狙ってみます。

投稿: 瑞鳥庵の住人 | 2019年8月28日 (水) 11時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鳥撮りに行けずに今は魚獲り | トップページ | 三番瀬の秋のシギチ達 ① »