« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »

2019年8月

2019年8月24日 (土)

鳥撮りに行けずに又も魚獲り

鳥撮りではなく又もや魚獲りの話で申し訳ない。

一昨日、年長の従兄弟に頼まれて、ウナギ釣りの餌となるハヤを獲りに行きました。 漁の方法は、通称「夜ぼり」、「点火ほこ突」ともいう夜間にカンテラの灯りで魚の寝込みを襲って網ですくったりモリで突いて獲る漁のことです。

昔は、カンテラにカーバイトを入れて、上部の水を滴らせてアセチレンを発生させ、その点火の灯りでやったものですが、今はカーバイトの入手が難しく、今回は、LEDの懐中電灯を2本縛り付けてガス灯の代用としました。(ボンベ式のガス灯もあるようです。)

夜中の9時から11時まで、約2時間の漁の成果は、

Yubori20190822n2953

ざっとこんなもんでした。 20センチ級のアユ2尾とハヤ(岡山では白(シラ)ハヤと呼ぶオイカワです。)90尾!

そして、昨夕、 従兄弟と仕掛けた投糸(つけ針)には、

Supponunagi20190824n2971

今朝、小ぶりのウナギ(100g)と、又もや1キロの立派なスッポンがかかっていました。

先日の2匹のウナギが如何に大きかったか!?

Unagi20190818n2941a

デカイでしょう? 左が500g、右が300g。 めったに獲れないサイズでした。

下は、その2匹のその後です。

Unagi20190819_113437

自家製の竹串に刺し、長手の自家製の七輪で、冬に薪ストーブで作った薪の消し炭で、自家製のたれをかけながらこんがり焼きます。

我が家の伝統的な食べ方は、熱いご飯の上に身をほぐし、その上にウナギの油がたっぷり入った焼きだれをかけ、熱い渋茶をかけたお茶漬けです。誰もが虜になってしまう夏の料理です。

Unagi20190819_170005

上は、冷凍にして子供達が待っている神奈川に持ち帰る分です。(笑)

こんな川漁が出来る郷里の川を写真で紹介しましょう。(コメントをくださったNYさんの要請を受けて)

Kawa20190823n2965

Kawa20190823n2959

Kawa20190823n2961

Kawa20190823n2962

これでも水量は多いほう。 民家はあえて写し込まないようにしていますが、小さな町中を流れる川です。

昨年の西日本豪雨で災害を出した高梁川の支流の支流です。

護岸工事で昔のきれいだった川の面影はなく、過疎化が進み、川で遊ぶ子供達が少なくなったことも河川保護が進まない原因の一つと思いますが、こうやって昔の子供達(今は高齢者達)が、川漁が出来る環境を維持していくことが必要ですね。

魚獲りはこの辺でおしまいとして、次回からは鳥撮りに戻りましょう。

| | コメント (2)

2019年8月18日 (日)

鳥撮りに行けずに今は魚獲り

夏祭りの「マンガ絵ぶたまつり」が終わっても、連日の猛暑、台風通過と、鳥撮りには出掛けることが出来ません。近所の鳥はというと、ツバメコシアカツバメだけ。そのツバメ達の巣立ち雛も大きくなって、間も無く、渡去を前に町中の電線に集合する時期ですが・・・。

そんな中、鳥撮りを諦め、菜園脇を流れる川で魚獲り(投糸:つけ針、延縄)に興じました。

写真が、今朝の釣果です。

Unagi20190818n2932

Unagi20190818n2934

ウナギ2匹と

Suppon20190818_063259

スッポン1匹。

台風一過の笹濁りの川で、久々の釣果です。

ちなみに、ウナギは、70cm 500gの大物と、62cm 300gの良い形でした。そして、スッポンは今季2匹目で、今朝のは、1kgありました。

以下余談ですが、

菜園前を流れる川には漁協があり、遊漁料(年券:等級により5千円 or 8千円)を払わないと投糸は出来ませんが、これで今季の遊漁料の元は取ったでしょうかね? 今朝のウナギは漁協が稚魚を放流したウナギでしょうが、天然物らしく体色は黄色掛かっていました。

またまた余談ですが、

野鳥のブログに祭りや魚獲りを載せて・・・と、違和感を覚える御仁も居られるかと思いますが、田舎暮らしのブログを「雨遊庵ブログ」として立ち上げたものの、多忙で、フォロー出来ずにおります。本来ならそちらに掲載すればよい記事ですが、そのうちに移転をする積もりですので御容赦を。

| | コメント (2)

2019年8月14日 (水)

第25回 マンガ絵ぶたまつり ③

(昨日からの続き)

A_20190812230101

チーム:地頭絵ぶた会の「ひよこちゃん誕生

巨大なチキンラーメンの袋に驚きです。

B_20190812230101

さて次は、

A_20190812230102  

出ました!チーム:エコレンジャーの「チコちゃんに叱られる」です。

やはり、岡村君は絵でしたね。

B_20190812230102

素晴らしい絵模様! こう来たか・・・・・。 

次は、

A_20190812231001

商工会青年部のチーム:インパルス川上による「ポケモン

B_20190812231001

一昨年(昨年は西日本豪雨で中止)、「ムーミン」で大賞を受賞したチームです。

そして最後は、

Gogogoa

チーム:多力本願の「マッハGOGOGO

Gogogob

レーシングフラッグをバックにした絵が素晴らしい!

以上、パレード順に、何れも力作の8基の絵ぶたを紹介しましたが、

大賞には、チーム:三沢絵ぶた会の「トイストーリー」が、そして、準大賞には、チーム:ドリームファクトリーの「ウルトラセブン VS バルタン星人」と、チーム:エコレンジャーの「チコちゃんに叱られる」が入りました。

各チーム、入賞おめでとうございます! そして、妹尾一十三さん、大賞おめでとう!

そして、私の「絵ぶた制作」という恒例となった暑い夏の取り組みも終了致しました。 夢一夜絵ぶた会の面々、入賞は逃しましたが立派な作品に仕上がりました(自画自賛?)。 大変お疲れ様でした。

| | コメント (0)

2019年8月13日 (火)

第25回 マンガ絵ぶたまつり ②

第25回目を迎えた今回の「マンガ絵ぶたまつり」には合計8基の絵ぶたが揃いました。

Photo_20190812221101

備中太鼓の演舞を合図に絵ぶたのパレードが始まりました。

パレード順に、各絵ぶたの表裏の写真を掲載致しましょう。

A 

先ず最初は、チーム:川上子供園キッズクラブの「スイミー ちいさなかしこいさかなのはなし

B

園児の手形を魚の鱗に、猛暑の夜に水族館の冷気を持ち込んで来てくれました。

次は、

A_20190812221301

チーム:ドリームファクトリーの「ウルトラセブン VS バルタン星人

中央の黒いのはウルトラホーク1号。左の怪獣がバルタン星人。

B_20190812221301

裏面には歴代のウルトラマンが!

次は、

A_20190812221302

我 夢一夜絵ぶた会の「いないいないばあっ!

B_20190812221302

小さな子供達には受けていました。・・・それで良し。

次は、

A_20190812221401

チーム:三沢絵ぶた会の「トイストーリー

以前、当ブログにコメントを下さった妹尾一十三さん率いるチームの力作です。

B_20190812221401

裏の絵も凝っています。

(続く)

| | コメント (4)

2019年8月12日 (月)

第25回 マンガ絵ぶたまつり ①

連日連夜、猛烈な暑さの続く中、まつり当日までになんとか絵ぶたを完成させ、先日の10日午後6時30分からの「マンガ絵ぶたまつり」に臨みました。

我々「夢一夜絵ぶた会」の今年の作品は、NHKの幼児番組「いないいないばあっ!」に題材を採った「ワンワン」と「うーたん」のキャラ達。

先ずは、作品を紹介致します。

Ebuta20191

バックにスタジオの窓部屋を配し、塗り絵の「はるちゃん」を壁に描いて、前面に「ワンワン」と「うーたん」、そして、下ネタ好きの幼児に人気の「ベンキー」と「オマルン」は積み木に描きました。

ワンワン」には、今年話題の「令和」の額を・・・ お忙しい令和おじさん(?)に代わって持ってもらうことに。

令和」の字体は忠実に再現致しました。(笑)

Ebuta20192

そして裏面には、番組名「いないいないばあっ!」の文字ロゴを大書きして、両脇に「ゆきちゃん」(右)と「ゆうなちゃん」(左)を配しました。

例年は、渋い凝ったキャラの作品が多い「夢一夜絵ぶた会」ですが、責任者でもある絵ぶた名人の Y 君曰く、 こんなカラフルな絵ぶたを作ったのは初めてだとか。

(題材選択には後日談があり、最初は、同じNHKの番組から「チコちゃんに叱られる」をテーマにと、グループの女性陣から強い要望があったのですが、時既に遅し、他の有力グループが着手した後で、それならと、小さなお孫さんを持つ女性陣から出た題材でした。)

さて、連日連夜、寝食を忘れて(少しオーバー)約1ヶ月で制作したこの絵ぶた作品。 強豪ひしめく「マンガ絵ぶたまつり」で入賞にあり付けるのか?

| | コメント (0)

2019年8月 6日 (火)

マンガ絵ぶたまつり~絵ぶた制作2019

久し振りの投稿です。

現在、帰省先の岡山の田舎町の恒例となった「マンガ絵ぶたまつり」を目前に控え、連日連夜、絵ぶた制作に駆られて、野鳥撮影どころか菜園の水遣りも怠る始末。

当のブログには大穴を空けていて、月も替わり、お恥ずかしい次第です。せめて当月の記事一つでもと、本日は制作中の絵ぶたを披露しようと筆を取りました。

今年第25回目を迎える「マンガ絵ぶたまつり」ですが、私が制作に参加するのはこれが5回目。 今年のテーマは、NHKの幼児番組「」から、ワンワン うーたん のキャラの制作に取り組みました。(初めて聞く番組でもあり、初めてお目にかかるキャラ達でした。)

私は うーたん を担当することになりましたが、時既に7月、正味1ヶ月のハードワークで、鳥撮りに行けたのは吉備中央町のブッポウソウへの2回だけでした。

では、制作の一端を

Ebuta20190702n2730

資料集めをして全体構想を練りますが・・・・・

Ebuta20190702n2744

おじさん達には初対面のむずかしいキャラ達でした。

Uhtan20190716n2790

担当した うーたん針金照明取付 が完成したところ、

Uhtan20190723n2825

貼り手のプロの女性陣4人による 紙貼り の完成

Uhtan20190725n2841

墨(黒マジック)による 書割 の途中です。 イチゴと車の積み木の上に座る うーたん をデザインしました。 なんと、この時点で初めて頭の上のボンボリが耳ではなくて マラカス であることを知りました。(笑)

Uhtan20190727n2861

絵付け の途中です。

Uhtan20190728_180447

絵付け が完成し、これから 蝋引き に入るところです。

うーたん は作品の一部です。8月10日の午後6時30分から開催される「マンガ絵ぶたまつり」には、ご期待に添える絵ぶた作品を披露する予定ですよ。

今年は8基のマンガ絵ぶたが登場の予定とか、後日、「第25回 マンガ絵ぶたまつり」と題して当ブログに投稿の予定です。 ご期待下さい。

| | コメント (0)

« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »