« 北米東海岸の野鳥(フロリダの鳥)㉕ | トップページ | 舳倉島遠征(マミジロキビタキ) »

2019年5月12日 (日)

北米東海岸の野鳥(フロリダの鳥)㉖

今日の「フロリダの野鳥」は、アジサシ類の続きで、No.83 Roseate Tern です。

Forsterstern10

  • 英名: Roseate Tern
  • 和名: ベニアジサシ(紅鯵刺)
  • 大きさ: L 39cm W 74cm
  • 分布: メキシコ湾周辺。繁殖期にはアメリカ合衆国東海岸北部とフロリダ南部など。
  • 生息環境: 沿岸の砂浜

日本の南西諸島などで観られるベニアジサシですが、アメリカでは非常に稀なアジサシだそうです。 メキシコ湾を回遊し、営巣の目的で海岸に飛来するそうですが、確かに沢山のアジサシのコロニーの中に1羽だけで居ました。最初は比較的生息数の多い Forster's Tern かと思いましたが、嘴の色から Roseate Tern と同定しました。 完全夏羽に移行中の個体です。

======================================================================

次は、No.84 Sandwich Tern です。

Sandwichtern01

  • 英名: Sandwich Tern
  • 和名: サンドイッチアジサシ(サンドイッチ鯵刺)
  • 大きさ: L 38cm W 86cm
  • 分布: アメリカ合衆国南部、及び、メキシコ湾沿岸に生息。 アメリカ東海岸で繁殖期を過ごす。
  • 生息環境: 沿岸部の砂浜や草地、及び、湖岸など。

Royal Tern に似た中型のアジサシですが、黒い嘴の先の黄色いスポットが識別のポイントです。

***********************************************************************

Sandwichtern02

よく飛び回っては、近くのサインポールの戻って来て止まっていました。

フロリダはアジサシの種類も多く、シギチの識別と同様に同定には難儀を致します。大きさ、嘴、脚の色、頭の形、これに季節と、成鳥、幼鳥の判定条件を必要とし、アメリカの図鑑を駆使して識別してみても同定は困難を極めました。

|

« 北米東海岸の野鳥(フロリダの鳥)㉕ | トップページ | 舳倉島遠征(マミジロキビタキ) »

Birds of North America」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 北米東海岸の野鳥(フロリダの鳥)㉕ | トップページ | 舳倉島遠征(マミジロキビタキ) »