« 北米東海岸の野鳥(フロリダの鳥)④ | トップページ | 干拓地公園のコチドリ »

2019年4月 9日 (火)

笠岡干拓地公園の鳥達

「北米東海岸の野鳥」を暫し中断して、今日は、農作業の合間に出掛けた、岡山県南の笠岡干拓地公園の野鳥を掲載します。

いつも水路にたむろしていたカモ類は、さすがにこの時期、大方は渡去していて、数羽のコガモヒドリガモぐらいでした。

一方、公園内のセンダンの実はほとんど残っていないにもかかわらず、まだ、数羽のツグミシロハラが残っていました。

Tsugumi201904047157

モミジバフウの実が転ぶ土手の上に出て来た羽色の綺麗なツグミ

Tsugumi201904047183

サクラの幹に止るツグミ

Shirohara201904047126

芝生を飛び跳ねていたシロハラ

Jyoubitaki201904047135

花崗岩の広場に居たジョウビタキの雌鳥。

そして、新芽を吹き出したモミジバフウの木に遣って来た、

Atori201904047383

夏羽になったアトリの雄鳥と

Atori201904047391

雌鳥。

道路脇の電柱には、

Nosuri201904047166

いつものノスリの姿があり。

公園脇の干拓地の畑には、

Oojyurin201904047409

風に吹かれてデントコーンの枯れ茎にしがみつくオオジュリンの姿がありました。(笑)

|

« 北米東海岸の野鳥(フロリダの鳥)④ | トップページ | 干拓地公園のコチドリ »

ノスリ」カテゴリの記事

ジョウビタキ」カテゴリの記事

シロハラ」カテゴリの記事

ツグミ」カテゴリの記事

オオジュリン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 北米東海岸の野鳥(フロリダの鳥)④ | トップページ | 干拓地公園のコチドリ »