« 北米東海岸の野鳥(海辺の鳥達)⑦ | トップページ | 北米東海岸の野鳥(フロリダの鳥)② »

2019年4月 5日 (金)

北米東海岸の野鳥(フロリダの鳥)①

今日からの「北米東海岸の野鳥」は、アメリカ赴任中に訪れた南部フロリダ州の野鳥達です。

広大な湿地が広がるエバーグレイズ、マングローブが生い茂り所々に白い砂浜の残る海岸線に、サギ類トキ類シギチ類、そして、アジサシ類等の多種多様な亜熱帯性の水鳥や海鳥が群れる憧れのフロリダ。

Florida196

訪れたのはメキシコ湾に望む西海岸。 Tampa から南下して、Fort Myers の周辺に位置する探鳥地でした。

先ず最初は、Sanibel Island にある有名な野鳥保護区の J.N."Ding" Darling National Wildlife Refuge を訪れました。

Florida201

”CAUTION LOW FLYING BIRDS"の警告標識を横目に

Florida202

一路 Sanibel Island へ。 

Florida207

今度は”GATOR XING” の標識です。 時々ワニが横断するのです。 

Florida204

1945年に設立された Sanibel National Wildlife Refuge が1967年に独立して今の名前になったそうです。名前は、20世紀初頭に政治風刺漫画の世界で活躍し、2度もピューリッツアー賞を受賞した Mr.Jay Norwood Darling の名前から取られ、彼がサインに使った"Ding" が挿入されています。

下は、その自然保護区の地図ですが、

Florida198

車道(Wildlife Drive)が設置され、車の乗り入れが可能です。 とにかく野鳥が多くて、歩いたほうが早いのですが、観察路は数キロもある長い一本道で、引き返す際には車が必要です。

ちなみに保護区の中は、

Florida208

こんな感じでした。

憧れの探鳥地での合計9時間を越える撮影。満喫致しました。とにかく、周りのマングローブの林と干潟には野鳥の種類と個体数が多過ぎて、一向に前に進めません。探鳥総数約40種。この保護区だけでも、使用したフィルムは36枚撮り16本を越えました。

======================================================================

前置きが大変長くなりましたが、

今日の最初の「フロリダの野鳥」は、No.51Anhinga です。

Anhinga16

  • 英名: Anhinga
  • 和名: アメリカへビウ(アメリカ蛇鵜)
  • 大きさ: L  89cm W 114cm
  • 分布: アメリカ合衆国、及び、メキシコの東部沿岸地域で留鳥、漂鳥
  • 生息環境: ワニが生息するマングローブの生い茂る水路で餌の魚を捕まえます。

**********************************************************************

Anhinga17

長細い身体をし、水中では和名の示すように正に水蛇で、翼は殆んどヒレの役目をしているようです。たまにマングローブの根っこの上に上がってきて翼を乾かします。喉首には羽毛が少なく、日に透けて見えます。

下は、この保護区の協会のシンボルマークですが、数居る野鳥種を代表してAnhinga が採用されています。

Florida200 

|

« 北米東海岸の野鳥(海辺の鳥達)⑦ | トップページ | 北米東海岸の野鳥(フロリダの鳥)② »

Birds of North America」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 北米東海岸の野鳥(海辺の鳥達)⑦ | トップページ | 北米東海岸の野鳥(フロリダの鳥)② »