« 端境期のMFでは(続き) | トップページ | MFの川筋では »

2019年3月 3日 (日)

羽色が美しかった水場のキジバト

今日の野鳥はキジバトです。

端境期のMF徘徊の成果(笑)として、キジバトを忘れていました。

Kijibato201902245696

水場では、粉綿羽の羽粉で水を汚すのと小鳥を排除する事から、嫌われ者のキジバトですが、撮る鳥が居ないとなると話は違います。

Kijibato201902245726

旨いことに薄日になり、背を向けて羽繕いとストレッチをしてくれたのでシャッターを押しました。

Kijibato201902245728

釣りの錘のガン玉の様な瞬膜ですね。

Kijibato201902245753

Kijibato201902245759

なーんだキジバトか。」とシャッター音もしないしじまを押し破って連写する私を、居合わせた2、3名のCMさん達はどう思ったでしょうかね。

キジバトは広くアジア大陸に分布する野鳥です。 羽色が美しいなどと言い出したら、かなりの野鳥通になったと認識しても良いのでは?

|

« 端境期のMFでは(続き) | トップページ | MFの川筋では »

キジバト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 羽色が美しかった水場のキジバト:

« 端境期のMFでは(続き) | トップページ | MFの川筋では »