« 調整池の葦原を飛ぶ灰色沢鵟♀ | トップページ | 端境期のMFでは(続き) »

2019年3月 1日 (金)

端境期のMFでは

今日の野鳥は、近所のMFの鳥達です。

丁度この時期は、冬鳥と夏鳥が入れ替わる端境期で、何処に行っても鳥影が少なく鳥屋にとってはつまんない時期です。

でも、未だ残っている冬鳥や、繁殖期を迎えて忙しい留鳥達を探して、幾つかのMFを徘徊してみました。

川沿いのMFでは、

Mozu201902245518

河原土手の榎の枝で番の相手を探して囀るモズ♂の姿が・・・、しかし、いつも見掛けるカワセミの姿はなく、CMの姿もなし。

次に向かった湿生公園では、コガモの雄鳥が3羽のみ。冬鳥は渡り、留鳥はオオタカの姿に散ったようでした。

そして、山の公園へ、

ここも、噂によると出が悪く、覗き穴はいつも空いているとのこと。途中の散策路で出会った知り合いの常連さんは、遠くから私を見付けて腕で×印。

仕方なく座った覗き穴は一番左の特等席。待つこと30分弱。

Shirohara201902245528

水を飲みに出て来たのは常連さんの冬鳥のシロハラ

Shirohara201902245542

今度は水浴びに。でも聞くと出は今一とか。

次は、

Shime201902245647

ここでは冬鳥のシメ

Shime201902245669

このシーン、今までに何回撮ったことでしょうか。?

Shime201902245681

今季の撮り納めとしましょうと思っていると、

Shime201902245689

飛ばれてしまいました。

期待のルリビタキは最後まで現れず、いつも5月頃まで居てくれるジョウビタキも姿を現しませんでした。

|

« 調整池の葦原を飛ぶ灰色沢鵟♀ | トップページ | 端境期のMFでは(続き) »

モズ」カテゴリの記事

シメ」カテゴリの記事

シロハラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 端境期のMFでは:

« 調整池の葦原を飛ぶ灰色沢鵟♀ | トップページ | 端境期のMFでは(続き) »