« 東与賀のカササギ(続き) | トップページ | 干潟にはズグロカモメがいっぱい »

2019年2月14日 (木)

大授搦で先ずはツクシガモ

今日の野鳥は、大授搦のツクシガモです。

遠征二日目の朝は、10時56分が満潮の大授搦に余裕を持って朝から出動でした。と言うのも、天気が思わしくなく、午後からは雨の予報。 早く切り上げる訳にも行かず、じっくりと探鳥して午後は雨の中を諫早に向かうことに致しました。

Tsukushigamo201902063562

上は、前日の午後に下見をした時の干潟の様子。遠くでしたが大授搦名物のツクシガモの群です。

Tsukushigamo201902074362

そして、次の日の、満潮を迎えた時の群の様子。水際で採餌をした後に沖に浮いていました。

薄日が時折さす曇り空。でも、いつも此処は逆光で、綺麗な写真は望めません。

シルエットになることは覚悟で、満潮に向け飛び回る飛び物を狙いました。

Tsukushigamo201902074393

Tsukushigamo201902074397

左からと、

Tsukushigamo201902074450_2

Tsukushigamo201902074451

右からと。 でも色も目も出ません。

下は、満潮の海上を飛ぶツクシガモの群です。

Tsukushigamo201902074447

Tsukushigamo201902074449

天気の良い日に、近くで採餌する姿を撮るのが良いようです。

4年前の「大授搦の筑紫鴨」を参照下さい。

|

« 東与賀のカササギ(続き) | トップページ | 干潟にはズグロカモメがいっぱい »

ツクシガモ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大授搦で先ずはツクシガモ:

« 東与賀のカササギ(続き) | トップページ | 干潟にはズグロカモメがいっぱい »