« 小雨の干拓地で会えたオオカラモズ | トップページ | 森山干拓のマナヅル »

2019年2月21日 (木)

吾妻干拓のナベヅル

今日の野鳥は、諫早湾干拓地のナベヅルです。

Nabeduru201902074605l

シーラインを通って入った諫早湾干拓地の南端の吾妻干拓地で、最初に目にしたのはナベヅルの群でした。

出水では、1月24日にツル達マナヅル)の北帰行が始まったそうで、この子達も出水から渡って来たのかも知れません。 それとも、ずっとこの地で越冬したのかな?

Nabeduru201902074574

小雨煙る中、干拓地で採餌する幼鳥2羽のナベヅルの親子連れ。

Nabeduru201902074583

パラパラと降り立ったナベヅルの群の中に、2羽のマガンの姿が、

Magan201902084993

ナベヅルと行動を共にしているようでした。

Nabeduru201902074588l

数箇所にこの位の群が居ましたが、農道を車が走ると一斉に首を上げて警戒します。マガンにとっては高所からの見張り役が欠かせないのかも。

下は、単独行動の別個体。

Nabeduru201902074596

Nabeduru201902074591

上の個体に比べると、下の個体はやけに羽色が白く、別種かと思いましたが、時々、羽色ばかりではなく、体の大きさが一回りも大きな個体も見受けます。

以下は、小雨が上がった翌日の写真です。

Nabeduru201902084891

Nabeduru201902084893

Nabeduru201902084918

飛立っても干拓地からは出ようとはしませんでした。

Nabeduru201902084881

これは、雲仙岳をバックに飛ぶナベヅルの群。 もう少し上を飛んで欲しかった?

|

« 小雨の干拓地で会えたオオカラモズ | トップページ | 森山干拓のマナヅル »

ナベヅル」カテゴリの記事

マガン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 吾妻干拓のナベヅル:

« 小雨の干拓地で会えたオオカラモズ | トップページ | 森山干拓のマナヅル »