« 笠岡干拓地のその他の野鳥 | トップページ | 灯りの入った冬絵ぶた 2/2 »

2019年1月30日 (水)

灯りの入った冬絵ぶた 1/2

今日は、野鳥から離れて、郷里の「冬絵ぶた」を掲載致します。

帰省した郷里岡山の田舎には、以前に紹介致しました「冬絵ぶた」に灯りが入れられ寒空に輝いていました。

Fuyuebuta20182342

冬絵ぶた」が並ぶ岡山県高梁市川上町地頭の「マンガ絵ぶた会館公園

昨年末に点灯式が行われ、今月末(実は明日)まで展示されるそうですが、昨年7月に大きな被災をもたらした西日本豪雨の影響で、恒例の「マンガ絵ぶたまつり」が中止となり、本来夏に輝く筈であった「マンガ絵ぶた」が「冬絵ぶた」として加わって賑やかになりました。

以下に、力作の数々を、2回に分けてご紹介致しましょう。

順不同で、最初は、

チーム: 地頭絵ぶた会 の「BOSS BABY」です。

Fuyuebuta20182334

Fuyuebuta20182335

いやはや、シンプルな構成で迫力があります。

次は、

チーム: えこれんじゃー の「花かっぱ」です。

Fuyuebuta20182336

Fuyuebuta20182337

カラフルな色使いは7色の虹色ですね。

次は、

チーム: MISAWA の「ミニオンズ」です。

Fuyuebuta20182318

Fuyuebuta20182319

完成度が光りますね。 やはり絵ぶたは灯を入れないと。

次は、

チーム: ドリームファクトリー の「赤づきんちゃん」です。

Fuyuebuta20182322

Fuyuebuta20182320

狼の大きく開いた口は、さすがの出来でした。

尚、寸評は、私が独断で、勝手に付けたものです。差し障りなどありましたらご容赦のほどを。

(続く)

|

« 笠岡干拓地のその他の野鳥 | トップページ | 灯りの入った冬絵ぶた 2/2 »

絵ぶたまつり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 灯りの入った冬絵ぶた 1/2:

« 笠岡干拓地のその他の野鳥 | トップページ | 灯りの入った冬絵ぶた 2/2 »