« 鳥影の少ない林道に居たベニマシコ | トップページ | 北米東海岸の野鳥(No.08) »

2019年1月 5日 (土)

北米東海岸の野鳥(No.07)

今日の「北米東海岸の野鳥」は、House Finch です。

Housefinch01

  • 英名: House Finch
  • 和名: メキシコマシコ(メキシコ猿子)
  • 大きさ: L 15cm
  • 分布: アメリカ合衆国(西部、東部)、及び、メキシコ北部で留鳥
  • 生息環境: 少雨の低地から標高1,800mまで。東部では市街地にも

和名の「メキシコマシコ」は、元々メキシコ北部とアメリカ西部が原産の野鳥で、1940年代にアメリカ東部に移入され瞬く間に都市部で増殖したためか?和名の方が何故か学術的です。 

バードフィーダーにやって来る赤いFinchの一種ですが、日本では差詰め長野や山梨の高山のオオマシコといった野鳥が、庭先のバードフィーダーに遣って来ると言ったところでしょうか。

**********************************************************************

Housefinch02

雪の日に、

Housefinch03

裏の松の枝先に止まる雌鳥

Housefinch07

真っ赤な雄鳥

Housefinch09

Housefinch10

フィーダーにも群で遣って来ました。

Housefinch11

子供達が与えたパン屑を食べるHouse Finch の雄鳥。

|

« 鳥影の少ない林道に居たベニマシコ | トップページ | 北米東海岸の野鳥(No.08) »

Birds of North America」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北米東海岸の野鳥(No.07):

« 鳥影の少ない林道に居たベニマシコ | トップページ | 北米東海岸の野鳥(No.08) »