« 飛翔するシジュウカラガン | トップページ | 主役であり脇役でもあったマガン »

2018年12月20日 (木)

蕪栗沼のオオヒシクイ

今日の「伊豆沼・蕪栗沼シリーズ」の野鳥は、亜種オオヒシクイです。

Oohishikui201812089102s

Oohishikui201812089142

Oohishikui201812089148

蕪栗沼の北詰で憩うオオヒシクイ

亜種オオヒシクイは日本海側に沿って琵琶湖まで南下、亜種ヒシクイは宮城県北部まで飛来する。」との認識でしたが、伊豆沼・蕪栗沼ではオオヒシクイの群の中に居るヒシクイを探すのは難しいとのこと。?

下は、沼の上空を飛ぶオオヒシクイ。 バックは青空です。

Oohishikui201812089236

Oohishikui201812089239

Oohishikui201812089240

最終日の朝、雪降る中でマガンの塒立ちを観て、次に覗いた沼面では、手前にマガンの群と奥にオオヒシクイの群の姿を確認出来ました。

Oohishikui201812099537

一羽飛ぶのはオオヒシクイ

Oohishikui201812099542

Oohishikui201812099545

背中に雪を載せたオオヒシクイ。さすがデカイですね。

|

« 飛翔するシジュウカラガン | トップページ | 主役であり脇役でもあったマガン »

オオヒシクイ」カテゴリの記事

伊豆沼・蕪栗沼」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 蕪栗沼のオオヒシクイ:

« 飛翔するシジュウカラガン | トップページ | 主役であり脇役でもあったマガン »