« 秋の舳倉の鳥(民宿の庭に出た鳥) | トップページ | 秋の舳倉の鳥(ハイイロオウチュウ)② »

2018年11月 6日 (火)

秋の舳倉の鳥(ムシクイ類)

今日の秋の舳倉島の野鳥は、ムシクイ類キマユムシクイオオムシクイメボソムシクイです。

毎回、新たなムシクイ類に期待して臨む舳倉島ですが、そう簡単には問屋は卸してくれません。

Ezomushikui201810155037

キマユシクイに、

Oomushikui201810144809

オオムシクイに、

Mebosomushikui201810154999

そして、メボソムシクイです。

余談ですが、メボソムシクイが居た松林の脇に、

Fishinggear201810175666

メダケの先にこんな冶具の付いた漁具が置いてありました。長さは2mほど。鳥が居ないと、こんなものに直ぐ目が行ってしまいます。

島の漁師がタコ漁に使う漁具の様です。

タコ漁でまた脱線ですが、

帰省先の岡山(魚場は四国香川の多度津沖ですが)では、今、イイダコ釣りの盛期です。しかし、昨季以来、今年もイイダコは不漁で、一日300匹を越えていた竿頭も二桁上げれば良い方だとか。先日も誘われましたが状況を聞いて止めました。

帰省の楽しみがまた一つ減りました。coldsweats02

|

« 秋の舳倉の鳥(民宿の庭に出た鳥) | トップページ | 秋の舳倉の鳥(ハイイロオウチュウ)② »

オオムシクイ、キマユムシクイ、メボソムシクイ、舳倉島」カテゴリの記事

コメント

秋のヘグラ、判定保留のムシクイ類の写真がたまる一方
なのと天候のタイミングがわからず今回はパスでしたが
ハイイロオウチュウは見たかったな~。タコつながり
ですが稚内でタコシャブを体験してきました。利尻島は
他の島と比べても大分様子が違う所で春にゆっくり行く
つもりです。詳細はブログにて!

投稿: 空禅一如 | 2018年11月 7日 (水) 10時15分

空禅一如様

コメントありがとうございます。
稚内、利尻島でしたか。
利尻島は広すぎて舳倉島のようにはいきませんよね。
春(4月下旬から6月)がベストシーズンですか?
出来ればガイドを付けたいですね。

投稿: 瑞鳥庵の住人 | 2018年11月 7日 (水) 21時04分

はじめまして。
ふらっと流れてたどり着きました
一番上のエゾムシクイの画像ですが、キマユムシクイです。
名前の通り黄色の眉、2本の翼帯。頭央線がないのでおそらくキマユ
エゾはもっと灰色に近く、ヤブサメに近い感じです

投稿: おとん | 2018年11月11日 (日) 19時51分

おとん様

お立ち寄り、そして、コメント、大変ありがとうございます。
そうですね、キマユでしょうね。
カラフトムシクイが居るとの情報で待っていた時の画像で、迷わされました。
逆光気味で画像全体が黄色身が強いのですが、頭央線は不明瞭なものの、後の翼帯が目立ち、キマユが妥当ですね。
ありがとうございました。今後共宜しくお願い致します。

投稿: 瑞鳥庵の住人 | 2018年11月11日 (日) 22時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/555434/67347255

この記事へのトラックバック一覧です: 秋の舳倉の鳥(ムシクイ類):

« 秋の舳倉の鳥(民宿の庭に出た鳥) | トップページ | 秋の舳倉の鳥(ハイイロオウチュウ)② »