« 秋の舳倉の鳥(ハイイロオウチュウ)② | トップページ | 羽咋のコハクチョウ »

2018年11月 8日 (木)

秋の舳倉の鳥(シベリアジュリン)②

今日の秋の舳倉島の野鳥は、再登場のシベリアジュリンです。

秋の舳倉島シリーズ最後となります今日は、シベリアジュリンの羽繕いのシーンを掲載致しましょう。

Shiberiajyurin201810165469

港の側の小さな公園の広場に出ていたシベリアジュリンでしたが、グミのブッシュに入ったと思ったら、

Shiberiajyurin201810165479

何かを始めました。 時たま後頭部の羽毛を逆立てますが、それとは違う様で、

Shiberiajyurin201810165480

良く観ると、足指が見え、何と、「間接頭掻き」でした。

Shiberiajyurin201810165531

側のの木にも良く入りました。

そして、尾羽を広げるストレッチを披露してくれました。

Shiberiajyurin201810175809_2

Shiberiajyurin201810175810

Shiberiajyurin201810175811

の枝葉が被っていますが、広げた白黒の尾羽は綺麗でした。

秋の日本海側の天候は荒れることも多く、今回の舳倉島遠征最終日は欠航の様子、予定を一日繰り上げ、「突っ返し運航」(通常舳倉発15時が11時発に)のフェリーで島を離れました。

そして、輪島に着いた午後は、羽咋の「白鳥の里」まで足を延ばしてみました。(続く)

|

« 秋の舳倉の鳥(ハイイロオウチュウ)② | トップページ | 羽咋のコハクチョウ »

シベリアジュリン」カテゴリの記事

舳倉島」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/555434/67354096

この記事へのトラックバック一覧です: 秋の舳倉の鳥(シベリアジュリン)②:

« 秋の舳倉の鳥(ハイイロオウチュウ)② | トップページ | 羽咋のコハクチョウ »