« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »

2018年11月

2018年11月30日 (金)

カワアイサの飛立ちと着水

今日の野鳥も昨日に引き続きカワアイサです。

今日は少し横着をして、若雄の飛立ち(離水)と着水のシーンを掲載します。

Kawaaisa201811287379

Kawaaisa201811287380

Kawaaisa201811287381

Kawaaisa201811287383

下は尾羽をブレーキに使った着水シーンです。

Kawaaisa201811287386

Kawaaisa201811287387

Kawaaisa201811287356

綺麗な生殖羽になった3月初旬頃に、番で小さな支流に入ったところを土手の上から狙うのが一番でしょうか?

(撮影日:2018.11.28)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月29日 (木)

カワアイサの若夫婦?

今日の野鳥はカワアイサです。

少し早いのですが、カワアイサが来ているのではと、県西を流れる河川の下流域を探してみました。

Kawaaisa201811287341

Kawaaisa201811287348

数百メートル遡って探しましたが、居たのはこの2羽だけでした。

よく観ると、右の1羽は雄のエクリプス羽か、冠羽が短く、白い眼先線が見えるので1Wの雄の若鳥の様です。 もしかしたら若夫婦かな?

Kawaaisa201811287327

若雄の背伸びのポーズ

Kawaaisa201811287359

精悍な顔付きの若雄と

Kawaaisa201811287367

愛らしい顔付きの雌の成鳥

Kawaaisa201811287377

やはり、雌雄の併走(併泳)姿が良いですね。

(撮影日:2018.11.28)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月28日 (水)

久し振りの野生のウミウ

今日の野鳥はウミウです。

少し遠出をして、駿河湾の西側の小さな入江に行って来ました。 少し早いのですが、運が良ければアビ類の姿が見える筈でしたが・・・

居たのはユリカモメ。遠くにウミアイサの姿も。

Umiu201811277210

岩の上に居たを確認すると、ウミウでした。

何処に行ってもカワウばかりで、鵜飼以外で、野生のウミウを写真に収めるのは久し振りです。

Umiu201811277216

下は、拡大写真ですが、

Umiu201811277210z

口角が尖り、顔横の白い部分が目の高さを越え、体が緑色の光沢を帯びるという、ウミウ識別の特徴を写し込めました。

ウミウは英名を「Japanese Cormorant 」と言い、日本の伝統漁法の鵜飼に由来する英名と思いきや、その生息域が日本を中心とした極東域に限られることから付けられた英名の様です。

下は、新北区であるアメリカ合衆国の東海岸で撮ったミミヒメウDouble-crested Cormorant 」ですが、

Doublecrestedcormorant19

カワウ同然にウミウも世界的に広く分布し、その亜種とばかり思っていました。

そして、下は、

Umiu475

20数年前の冬に三浦半島先端の城ヶ島赤羽根で撮ったウミウのコロニーです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月27日 (火)

ケリは居なくて再びタゲリ

今日の野鳥も、昨日に続きタゲリです。

向かったケリのポイントの畑には11羽のタゲリが居て、綺麗に整地された畑で採餌中でしたが、

Tageri201811257070l

中には期待したケリの姿はありませんでした。

Tageri201811257079

右足を震わせて餌探しをするタゲリ

Tageri201811257118

これは、10羽の群が飛立ったあとに、1羽で残った幼鳥です。

Tageri201811257158

あまり警戒心が無く、腰を下ろして待つCMの4、5m先まで近付いて来て、

Tageri201811257161

ゆっくりと飛立ちました。

Tageri201811257162

Tageri201811257163

Tageri201811257164

Tageri201811257166

Tageri201811257167

帰り道の「猛禽街道」の電柱には、今年もハヤブサが止まっていました。

(撮影日:2018.11.25)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月26日 (月)

川中に居たタゲリ

今日の野鳥はタゲリです。

帰省先の岡山から帰宅した翌々日、連休最後の日の午後に近場の有名な平塚のタゲリのポイントに出掛けてみました。

いつもの畑を探す前に、川の土手道にCMの姿を見付けて寄って見ると、

Tageri201811256854

なんと、4羽のタゲリが、水浴び、羽繕い中でした。

Tageri201811256902

青空を映す水面を入れて、撮り下ろしで、綺麗な羽色を写しこみました。

Tageri201811256877

水浴び後の、ひょうきん顔でのブルブル。

Tageri201811256883

Tageri201811256938

振るわせる羽毛が波打って反射し、綺麗でした。

Tageri201811256933

これは、間接頭搔き。 こちらに向けた丸いひょうきん顔が、アンパンマンキャラドキンちゃんに似て傑作でしょう? 

Tageri201811256988

Tageri201811257033

暫くお相手をして貰って、ケリを探しに、いつものGS裏の畑に移動しました。

(撮影日:2018.11.25)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月25日 (日)

準備の進む「冬絵ぶた」

今日も野鳥ではなく、郷里岡山の田舎のイベントです。

今年の夏の「マンガ絵ぶたまつり」は、残念なことに7月の西日本豪雨で中止となりました。近隣の豪雨による被災状況は余りにも酷く、各地域での夏祭りの開催は不能でした。

郷里高梁市の田舎では、夏の「マンガ絵ぶたまつり」と合わせ、冬の年末年始に「冬絵ぶた」で地域の活性化を図ります。

Fuyuebutatentohshiki20171202030

これは、昨年の「冬絵ぶた」の点灯式の風景です。イルミネーションに灯が入り、お汁粉やおでん、うどんを供す屋台が設営され、中央の絵ぶた会館に収納展示された夏の「マンガ絵ぶたまつり」の入賞作品と並べられた十数基の小振りの「冬絵ぶた」にも点灯されます。そして、小中学校生達によるアトラクションが繰り広げられて、山間部の小さな町の夜が一気に盛り上がります。

Fuyuebutatentohshiki20171202026

上は、「冬絵ぶた」の展示風景です。

Fuyuebutatentohshiki20171202013

我々の制作した夏の絵ぶたもパーツに分けて展示しました。

そして、今年。

豪雨で中止となった「マンガ絵ぶたまつり」でしたが、各チームはその後、絵ぶたを完成させて、今年の「冬絵ぶた」に作品を展示するそうです。

帰省からの帰宅を前に、絵ぶた会館の広場を覗くと、例年になく素晴らしい絵ぶたの数々が展示され、「冬絵ぶた」の点灯式の準備が進んでいました。

下は、その作品ですが、灯を入れられた夜の暗闇に浮かぶ姿は、昼間のこんな姿ではなく、それは素晴らしいものです。

Mangaebuta201811220407

昨年、「ムーミン」で大賞を受賞した商工会青年部の作品の「プーさん」。

Mangaebuta201811220410

毎回の入賞を狙う、三沢チームの「ミニオンズ」。

Mangaebutab201811210405

ここも毎回の入賞を狙う、三美産業の「はなかっぱ」。

Mangaebuta201811220408

多力本願チームの「エヴァンゲリオン」。年寄りにはキャラクター名も不明です。(笑)

Mangaebuta201811220409

川上子供園のキッズクラブの絵灯篭

冬絵ぶた」の点灯式までには、あと2作品が揃うそうです。

多分、西日本豪雨の被災からの復興を祈念した点灯式になることでしょう。

点灯式は、12月1日(土)18:00~ 於:高梁市川上町 絵ぶた会館前広場

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年11月24日 (土)

帰省先の田舎の秋

今日は、その他のテーマで、帰省先の郷里岡山の田舎の秋を少し紹介しましょう。

Yatakayama201811150390

Yatakayama201811150386

上は、時々野鳥撮影に訪れる「弥高山公園」の紅葉風景です。この公園は、古代の火山が侵食隆起した残丘(モナドノック)と呼ばれるお椀を伏せたような姿の弥高山(標高654m)を中心にした山の公園で、春のツツジ祭り、晩秋の雲海が望める公園です。

余り知られてはいませんが、夏鳥、冬鳥観察のスポットで、近い将来に、市の観光協会で、水場とブラインドを備えたバードサンクチュアリーを設営して欲しいものだといつも思っています。

Sanaginotaki20181121n2131

そしてこれは、町内にある「沢柳の滝(さなぎのたき)」。 古代石灰岩層を浸透した地下水が地表に流出した、落差25mの小さいながらも美しい滝です。

手前の紅葉を入れてコンデジで。

ご興味のある方は、「弥高山公園」「沢柳の滝」で検索を。

そして、田舎で自慢したいものは、風光明媚な景色とは打って変わって、何を隠そう、私の帰省を待っていてくれる素晴らしい幼友達(同級生)の面々です。

菜園作業をしていると、忙しい仕事の合間に顔を見せに遣って来てくれて話が弾みます。自営業の家業を継いだ社長さんやリタイアして地域貢献をしている友達など。

同級生というもの、何をするにも直ぐに気が合い、たちまち一杯ということになりますが、皆が羨ましがるような田舎の食材も気前良くご馳走してくれます。

今回の帰省は秋。

Matsutake201810210368a

都会では口に出来ないだろうと、自動車修理工場の社長が届けてくれた松茸。2本で700gを超えていました。

そして、

Ayu201811160392

これは、釣師であるガソリンスタンドの社長が開催してくれたBBQに出て来た食材の

彼が今年四国で釣った天然ものの鮎です。体側に並ぶ筋肉の筋からも、清流で育った天然もののと分かります。

Ayu201811160393

居並ぶ幼友達を置いて、その内の一番大きなを私にと。 美味でした。

今回は帰省していた田舎の秋季の紹介でしたが、故郷と幼友達。大事にしたいものですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月23日 (金)

ため池のカモ達(続)

ヒシの繁茂するため池から南に下ったところにある大き目のため池に行って見ました。

Daisagi201811216752s

上流に位置するこのため池には水が無く、深淵部に集まった魚を狙って、ダイサギコサギアオサギが群れていました。

Daisagi201811216782

驚いて飛び立つダイサギ

池に残ったのは、

Magamo201811216769

マガモの番と、

Kusashigi201811216766_2

なんと、一羽のクサシギでした。

そして次は下流のもう一つのため池です。ここには、毎年、アメリカヒドリが入って来ます。

居たのは、

Kinkurohajiro201811216822

キンクロハジロ♀と、

Kogamo201811216802_2

換羽の終了しかけたコガモ♂と、

Hashibirogamo201811216796

Hashibirogamo201811216807

ハシビロガモの雌雄と、

Hashibirogamo201811216800

まだ換羽中の雄のエクリプス羽でした。

MFを巡る道中、至る所で片側通行、通行止めの道路標識に会い、この度の水害の規模に唖然とするばかりでしたが、土建屋不足で、手の付いている箇所は数えるぐらい。来夏の雨季までに補修されるのか心配でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月22日 (木)

ため池のカモ達

帰省先の岡山の田舎での菜園作業もほぼ終了し、この週末に神奈川に帰宅致します。

7月の西日本豪雨と台風24号に寄る菜園のダメージは、県南や近隣の被災に比べると、大したことはありませんでしたが、水没した農機具小屋の耕運機や草刈機の修理、水没して使えなくなった肥料や資材の処分、そして、後片付けと掃除は、この時期に行う作物の収穫、植付作業とは比べものにならないほど大変でしたが、ここで全て終了致しました。

そして、帰宅を前に、先日、被災の爪痕を残す田舎の周辺の探鳥地(MF)を廻ってみました。

Hayabusa201811216531

先ず訪れたのは、隣町のダム湖。 オシドリミヤマホオジロが出迎えてくれる筈でしたが、周辺道路の取っ付きに猛禽のハヤブサが居て物色中。で、退散。

次に訪れたのは、ヒシが繁茂するため池。 平素は、カイツブリバンオオバンと外来獣のヌートリアが生息するため池です。

Hidorigamo201811216667

何やらカモ達が集まって賑やかな一角がありました。

ここに居た冬鳥のカモ類は、

Hidorigamo201811216625l

ヒドリガモの群と、

Hoshihajiro201811216566

ホシハジロと、

Yoshigamo201811216552

一羽のヨシガモの雄鳥と、

Okayoshigamo201811216714

オカヨシガモの番でしたが、好天に恵まれコントラストが強く、写真にはなりませんでした。

このため池での収穫は、

Hidorigamo201811216743

ヒドリガモの番が同時に羽ばたきをしてくれたこのシーンでした。

そして、次は、少し南の大きなため池へ向かいました。(続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月17日 (土)

星椋鳥がいーっぱい!

今日の野鳥はホシムクドリです。

午後3時を廻り、鳥影の無い公園を後にして干拓地に向かいました。猛禽でも居れば儲けものです。

Hoshimukudori201811146383

干拓地の碁盤の目の様な農道を流していると、電線にホシムクが!

Hoshimukudori201811146401

待っていると、椋鳥系の鳥が集まって来ました。

Hoshimukudori201811146464

なんと、全てがホシムクドリです。(この写真は別の地点で撮影したものですが、どこでもこんな感じ。)

Hoshimukudori201811146410

Hoshimukudori201811146416

Hoshimukudori201811146418

車から降りて真下まで近付いても、一向に飛び立つ気配無し! 余り警戒心が無いようでした。

Hoshimukudori201811146457

腹打ちだからかも知れませんが、真っ白く見えませんか? 白いハート型の斑が多過ぎて、これじゃ満天の星空の様です。

大昔、短期滞在していた米国東海岸の州にもホシムクドリEuropean Starling )は普通に居ましたが、今から130年ほど前にヨーロッパから New York に移入されたものが、瞬く間に全米(含むカナダ南部、メキシコ北部)に生息域を広げたそうです。

アメリカの図鑑(Field Guide to the Birds of North America : Second Edition)には、上の様な真っ白い個体の絵に、fall (秋羽)と記されていました。

Kasaokakantaku201811140382

干拓地で猛禽を探しましたが、居たのはノスリチョウゲンボウのみ。

Kite201811146485

キャベツ畑の上で舞うのは猛禽カイト! 良く出来ている小鳥脅しです。

この日、地元の顔見知りのお二人の方にお会いしました。他府県ナンバーでうろちょろしていると目立ちますものね。

聞くと、コチョウゲンボウ♂が出ていたとのこと。

少し探しましたが見付からず、陽が落ちてきたので退散致しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月16日 (金)

青足鷸の群の中に居た1羽の鶴鷸

今日の野鳥はツルシギです。

干拓地の公園の水路脇から飛び出したアオアシシギの群の中に、一羽の足の赤い鷸が居ました。

Tsurushigi201811146323

ツルシギです。

飛び立ちを待って飛翔姿を狙いましたが、

Tsurushigi201811146340

Tsurushigi201811146341

Tsurushigi201811146342

やはり、背景が悪くて・・・

Tsurushigi201811146345

駄目でした。

Kohyoh201811140379

色彩に劣る水路でしたが、水路と笠岡湾干拓の堤防に挟まれた細長い公園(かさおか太陽の広場)は紅葉真っ盛り。

しかし、鳥影はありませんでした。

(撮影日:2018.11.14)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月15日 (木)

越冬?アオアシシギの群

今日の野鳥はアオアシシギです。

岡山の田舎への帰省の目的だった菜園作業も、夏野菜の後片付けと春野菜の種蒔き植付が終わり、やっと、鳥観・鳥撮りに出掛けることが出来ました。

昨日訪れたのは県南の笠岡干拓地の公園。

Aoashishigi201811146346

細長い水路の縁に中型の鷸の姿が見えました。 アオアシシギです。

Aoashishigi201811146358

Aoashishigi201811146360

水辺を走りまわるアオアシシギを狙って水路に近付くと、

Aoashishigi201811146297

足元から数羽のアオアシシギの群が飛び立ちました。カメラを向けましたがピンとは合わず、撮れたのは、飛び去るこの一羽の後姿のみ。

その後は、長細い水路に沿って飛び交うアオアシシギの飛翔姿を追いました。

Aoashishigi201811146285

Aoashishigi201811146291

Aoashishigi201811146370

背景が良くありません。これは仕方ありません。

正確には数えていませんが、十数羽の群のようでした。県南の笠岡の地は瀬戸内海気候で、比較的温かく、この地で越冬するのでしょうかね。?

下は、水路に居たコガモですが、

Kogamo201811146325

11月も中旬だと言うのに、まだエクリプス羽から換羽中なのでしょうか?

(撮影日:2018.11.14)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月11日 (日)

そして、チュウヒにも会えた!

今日の野鳥はチュウヒです。

羽咋市の邑知潟の浅瀬で憩うコハクチョウの群を観た後、マガンの群が飛んで行った先を廻ってみることにしました。

潟の北端に広大な潟と田園風景が見渡せる橋があり、渡る直前で、

Chuhi201810186252

猛禽が前を横切りました。

Chuhi201810186262

チュウヒです!

午後3時を廻っていましたが、潟に流れ込む川の小さな橋の上で、チュウヒのお出ましを待ちました。

Chuhi201810186270

暫くして、潟の葦原から一羽のチュウヒが飛び立ちました。羽色からして異なる個体のようです。

ゆっくりと、ハシボソガラスを追い駆けます。

Chuhi201810186276

Chuhi201810186278

チュウヒの舞う素晴らしい田園風景を暫し堪能し、暮れなずむ道を輪島に引き返しました。

(撮影日:2018.10.18)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月10日 (土)

マガンの群も居た!

今日の野鳥は、マガン亜種オオヒシクイです。

秋の舳倉島からの帰りに寄った羽咋市の邑知潟でしたが、飛び立ったコハクチョウの群の後に、なんと、マガンの群が居たのです。

Magan201810186174

田圃では、背丈が高いコハクチョウしか見えませんでしたが、白い群の後に黒い群が続いて飛び立ちました。

二兎を追う者は一兎をも得ず」の諺にならい、先ず手前のコハクチョウの群の飛び立ちを撮り、続いてマガンの群を・・・。 しかし、既に遅し?

Magan201810186177

遠くを飛ぶ群の姿を追いました。

Magan201810186179

40羽ほどの群でしたが、中に一羽のオオヒシクイの姿が・・・?

一番上を飛ぶ少し大きな個体です。

Oohishikui201810186179

拡大してみると、やはり亜種オオヒシクイです。体長はマガンの1.2倍ほどあります。

舳倉島ではヒシクイを、羽咋ではオオヒシクイを・・・、何れも一羽単独でした。

(撮影日:2018.10.18)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 9日 (金)

羽咋のコハクチョウ

今日の野鳥はコハクチョウです。

一日前倒しの突っ返しで、一足早く輪島に到着した後、羽咋(はくい)市の邑知潟に行ってみました。輪島からは片道1時間強でした。

Kohakutyou201810186124

光線の具合を考えて、邑知潟の南西から回り込んだのが正解でした。

潟の手前の田圃に数十羽のコハクチョウの群の姿を見付けました。

Kohakutyou201810186166

渡って来たばかりで警戒心が強く、直ぐに飛び立たれましたが、

Kohakutyou201810186167

数羽と思っていたコハクチョウは、かなりの数でした。

飛んで行った邑知潟の上流に向かい、

Kohakutyou201810186194_3

逆光ではありましたが潟の浅瀬で憩う群れの姿を楽しみました。 もちろん、今季初見のコハクチョウでした。

Kohakutyou201810186135s

頭上を通過するコハクチョウの飛翔姿と、

Kohakutyou201810186197

水浴びのシーンです。

邑知潟の上流には、「白鳥の里」と書いた看板の立つ空き地がありました。毎冬、かなりの数のコハクチョウが渡来するのでしょうね。

(撮影日:2018.10.18)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 8日 (木)

秋の舳倉の鳥(シベリアジュリン)②

今日の秋の舳倉島の野鳥は、再登場のシベリアジュリンです。

秋の舳倉島シリーズ最後となります今日は、シベリアジュリンの羽繕いのシーンを掲載致しましょう。

Shiberiajyurin201810165469

港の側の小さな公園の広場に出ていたシベリアジュリンでしたが、グミのブッシュに入ったと思ったら、

Shiberiajyurin201810165479

何かを始めました。 時たま後頭部の羽毛を逆立てますが、それとは違う様で、

Shiberiajyurin201810165480

良く観ると、足指が見え、何と、「間接頭掻き」でした。

Shiberiajyurin201810165531

側のの木にも良く入りました。

そして、尾羽を広げるストレッチを披露してくれました。

Shiberiajyurin201810175809_2

Shiberiajyurin201810175810

Shiberiajyurin201810175811

の枝葉が被っていますが、広げた白黒の尾羽は綺麗でした。

秋の日本海側の天候は荒れることも多く、今回の舳倉島遠征最終日は欠航の様子、予定を一日繰り上げ、「突っ返し運航」(通常舳倉発15時が11時発に)のフェリーで島を離れました。

そして、輪島に着いた午後は、羽咋の「白鳥の里」まで足を延ばしてみました。(続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 7日 (水)

秋の舳倉の鳥(ハイイロオウチュウ)②

今日の秋の舳倉島の野鳥は、再登場のハイイロオウチュウです。

遠くて、空抜けで、良い写真ではありませんが、

Haiiroouchuu201810144711

虫を咥えて枝に帰って来たハイイロオウチュウと、

下は、フライングキャッチに飛び出す瞬間の写真です。

Haiiroouchuu201810144693

Haiiroouchuu201810144694

Haiiroouchuu201810144718

体型はまったく異なるのですが、同じくフライングキャッチを採餌の手法とするブッポウソウの飛び方に良く似ていました。

Haiiroouchuu201810144731

(撮影日:2018.10.14)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 6日 (火)

秋の舳倉の鳥(ムシクイ類)

今日の秋の舳倉島の野鳥は、ムシクイ類キマユムシクイオオムシクイメボソムシクイです。

毎回、新たなムシクイ類に期待して臨む舳倉島ですが、そう簡単には問屋は卸してくれません。

Ezomushikui201810155037

キマユシクイに、

Oomushikui201810144809

オオムシクイに、

Mebosomushikui201810154999

そして、メボソムシクイです。

余談ですが、メボソムシクイが居た松林の脇に、

Fishinggear201810175666

メダケの先にこんな冶具の付いた漁具が置いてありました。長さは2mほど。鳥が居ないと、こんなものに直ぐ目が行ってしまいます。

島の漁師がタコ漁に使う漁具の様です。

タコ漁でまた脱線ですが、

帰省先の岡山(魚場は四国香川の多度津沖ですが)では、今、イイダコ釣りの盛期です。しかし、昨季以来、今年もイイダコは不漁で、一日300匹を越えていた竿頭も二桁上げれば良い方だとか。先日も誘われましたが状況を聞いて止めました。

帰省の楽しみがまた一つ減りました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年11月 5日 (月)

秋の舳倉の鳥(民宿の庭に出た鳥)

変なタイトルですが、今日の秋の舳倉島の野鳥は、民宿つかさの前庭に出たオオカワラヒワコホオアカアトリアオジです。

Ookawarahiwa201810155308z

三列風切の羽縁の灰色部が幅広い亜種オオカワラヒワ

Kohooaka201810165604

Kohooaka201810165611

そして、毎年会えるコホオアカ

Atori201810144893

数の多かったアトリと、

Aoji201810165615

薮からなかなか出て来なかったアオジです。もちろん、前出のジョウビタキミヤマホオジロカシラダカノビタキ等、この庭は秋も春も大賑わいなのですが、もう少し芝が綺麗に刈込まれていればねぇー

我々が帰った後、この庭にヤマヒバリが出たとのことでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 4日 (日)

秋の舳倉の鳥(カモ類)

今日の秋の舳倉島の野鳥は、カモ類キンクロハジロカルガモマガモです。

Kinkurohajiro201810165586

毎年、渡りのカモ達が羽を休める淡水の竜神池に、一羽のキンクロハジロの雌鳥が居ました。 別の日の早朝にはオシドリの番の姿もあったとか。

北の海岸筋にもカモ類の姿があり、飛んで来る飛翔姿を捉えると、

Karugamo201810165361

カルガモでした。 カルガモも渡るのでしょうか?

そして、下は、

Magamo201810186086

能登半島方面に向け飛んで行くマガモの小さな群でした。

以下余談ですが、

今回の舳倉島では、今までに無く多くの釣り客と同宿でした。

朝早くから、

Fisherman201810154942

こんな小さい礁に渡して貰って大物を狙います。

Fisherman201810155056

この岩場も渡船でしか渡れない釣り場です。

宿で釣果を聞くと、マダイカンパチなどの大物。夕食時に、ご好意でマダイの刺身をご馳走になりました。

昨年、宿でお会いした富山の釣り人の話では、舳倉島の魚を食べたら他の地の魚は食べれないとか。

さすがに美味しかったマダイの刺身でした。ご馳走様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 3日 (土)

秋の舳倉の鳥(ノビタキ)

今日の秋の舳倉島の野鳥は、ノビタキです。

Nobitaki201810165347

シシウドの枯れ茎に止る2羽のノビタキ

舳倉島に渡る前に、神奈川の河川敷の花の公園に出たコスノビの写真を見させていただきましたが、台風の塩害でしょうか、枯れ枝の残るコスモスに止るノビタキはいただけませんでした。

Nobitaki201810165355

ここ舳倉島で、黄色いツワブキの咲く原っぱで、ツワブキを入れたノビタキの姿をものにしようとしたのですが・・・・・

鳥は高い所に止るもの。 結局、枯れ枝のノビタキになってしまいました。

Nobitaki201810175640

下は、ノビタキの居たツワブキが一面に咲き誇る竜神池

Hegurajima201810160364

そして、塩害には強い(?)ツワブキの花。

Tsuwabuki201810165564

(撮影日:2018.10.16~17)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 2日 (金)

秋の舳倉の鳥(ヒバリ)

今日の秋の舳倉島の野鳥は、ヒバリです。

島の東にある浄水場(海水淡水化プラント)横の広場には、毎年決まってヒバリの姿があります。

Hibari201810186059

一部のCMの関心は、「このヒバリは、亜種オオヒバリか?チュウヒバリか?」で、

Hibari201810186025

オオヒバリは後趾の爪が長いとか。(?)

Hibari201810186026

で、後趾の爪が見える写真を狙いましたが、

Hibari201810186030

爪は長いことは長いのですが、残念ながら、これは只のヒバリでしょうね。

下は、春でもないのに・・・

Hibari201810186063

Hibari201810186064

Hibari201810186069

揚げ雲雀です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 1日 (木)

秋の舳倉の鳥(ヒシクイ)

今日の秋の舳倉島の野鳥は、亜種ヒシクイです。

北西の海岸にヒシクイが出ているとの情報を貰い行ってみると、岩礁の波間に一羽のヒシクイが浮かんでいました。

遠くて写真にならず、数日が過ぎた頃、

Hishikui201810175685

やっと飛翔姿を観ることが出来ました。

去年は2羽のマガンが居ましたが、今年はヒシクイです。

ヒシクイが日本海側の島嶼で観られるのは珍しいのではないでしょうか?

鳥友に聞くと、寄って来た加賀の鴨池に、亜種オオヒシクイの群れの中にもヒシクイが居たとのこと。

Hishikui201810175689

Hishikui201810175694

Hishikui201810175695

曇り空でしたが、飛び物を何とか収めて、最終日を迎えたその日、

Hishikui201810185952

昨年2羽のマガンが降り立った島の東の空き地に、その姿を見せてくれました。

Hishikui201810186004

Hishikui201810186014

Hishikui201810186049

亜種オオヒシクイは何度も撮っているのですが、亜種ヒシクイをちゃんと撮ったのはこれが初めてでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »