« 鴨の季節の到来 | トップページ | 最後の休耕田のコチドリ »

2018年9月22日 (土)

最後の休耕田のトウネン達

4日ほど前になりますが、エリマキシギの居た、水の少なくなった休耕田には、3羽のトウネンの姿がありました。

Tounen201809180823

Tounen201809180811

泥田で採餌をするトウネン

Tounen201809180756

咥えた餌はユスリカの幼虫の赤虫のようです。

Tounen201809180728

Tounen201809180705

Tounen201809180629

Tounen201809180640

憩うトウネン達ですが、3羽の中にヨーロッパトウネンヨロネン)が1羽混じっているとか。

Tounen201809180726

左の個体がヨロネンかな?

Youroppatounen201809180827

トウネンよりも小さく、嘴、足が長い。

Youroppatounen201809180829

初列風切が尾羽の先端から突出し、幼鳥の背中にはV字の白帯があり、やや前傾姿勢で採餌する傾向にある。 というトウネンとのほんの少しの違いを無理矢理採用して、上の2枚の写真の背の黒っぽい個体をヨーロッパトウネンと致します。

Tounen201809180758_2

コチドリの隣でストレッチをするこの個体は?

次の日にはこの休耕田の水も完全に抜かれて干上がっていたそうです。

|

« 鴨の季節の到来 | トップページ | 最後の休耕田のコチドリ »

トウネン」カテゴリの記事

ヨーロッパトウネン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/555434/67192079

この記事へのトラックバック一覧です: 最後の休耕田のトウネン達:

« 鴨の季節の到来 | トップページ | 最後の休耕田のコチドリ »