« 近くの休耕田のセイタカシギ | トップページ | 最後の休耕田のトウネン達 »

2018年9月21日 (金)

鴨の季節の到来

此処の所、大分気温も下がり、鴨鍋の季節が遣って来たというのではありません。coldsweats01

冬の使者のカモ類の飛来が方々で報告される季節となり、近くの公園の池にシマアジ(刺身の魚ではありません。coldsweats01 )が遣って来ているとのネット情報を得て、小雨の中、出掛けてみました。

Shimaaji201809201968

池にその姿はなく、近くの遊水地を下見中の10時前、来られていた鳥友さんから、「葦原の中から今出て来たよ。」との連絡を貰い引き返すと、コガモ達の中に灰色の雨覆が見えるエクリプス羽の雄のシマアジが出ていました。

Shimaaji201809202004

Shimaaji201809202035

小さな池を泳ぎまわるシマアジ

Shimaaji201809202050

Shimaaji201809202065

同じ個体ですが、左面側の雨覆は隠れて見えません。

Shimaaji201809202093

これは遅れて葦原から出て来たもう1羽のシマアジ

Shimaaji201809202130

シマアジの2羽並びですが、番の様です。ちなみに、向かって右がエクリプス羽の雄で左が雌です。

聞くところによると、数日前に入ったそうで、4羽が確認出来たそうでした。

下は、10日ほど前に湿生公園の湧水池に1羽で居たコガモです。

シマアジとの比較に。

Kogamo201809120497

Kogamo201809120501

Kogamo201809120507

今年はどんな珍しいカモ達が遣って来てくれるのでしょうかね。

|

« 近くの休耕田のセイタカシギ | トップページ | 最後の休耕田のトウネン達 »

コガモ」カテゴリの記事

シマアジ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/555434/67191982

この記事へのトラックバック一覧です: 鴨の季節の到来:

« 近くの休耕田のセイタカシギ | トップページ | 最後の休耕田のトウネン達 »