« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »

2018年9月

2018年9月30日 (日)

九十九里の大軍艦鳥 ⑥ 羽繕い

今日の野鳥もまたまたオオグンカンドリcoldsweats01 これでお終いです。

今日は、羽繕いのシーンをお見せ致しましょう。

Oogunkandori201809191020

Oogunkandori201809191029

オオグンカンドリの止まりものはなかなか撮れるものではないのでしょうが、塒としているアンテナの鉄塔に止まった姿です。

下は、長い嘴を使った尾羽の羽繕い。

Oogunkandori201809191041

Oogunkandori201809191047

Oogunkandori201809191050

広い海原を飛び廻るオオグンカンドリにとって、何処かに止まって羽繕いをするなんてのは滅多のことではないのでは? いつもは羽繕いはしないのかな? と勝手に心配してしまいますが、

それが、

Oogunkandori201809191555

飛びながら羽繕いをするんですね。?

Oogunkandori201809191563

Oogunkandori201809191565

尾羽の先までも。

広い海原では、前方不注意で、滅多に、と言うかまったく、ぶつかりはしないのでしょうね?

Oogunkandori201809191573

これは?何をしているのかと思ったら、短い足での頭搔きでした。coldsweats01

Oogunkandori201809191574

こんな短い足じゃ、頭を掻くにも難儀しますよね。

短足指での「前方確認ヨシ!」の指差呼称も、これじゃ無理ですな。happy01

親父ギャグが出たところで、長々と続けました「九十九里の大軍艦鳥」シリーズを終了致しましょう。

オオグンカンドリ、幼鳥でしたが好い鳥でした。

(撮影日:2018.09.19)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月29日 (土)

九十九里の大軍艦鳥 ⑤ 飛翔姿

今日の野鳥もオオグンカンドリで、すみませんcoldsweats01

やはり、グンカンドリ系は、青空を雄大にソアリング(帆翔)するその姿です。実は、オオグンカンドリはライファーでした。

前にも書きましたが、翻弄する秋雨前線と鳥の抜けを心配しながら、晴天の日を待って悶々とした日を送っていたのも事実でした。

9月19日。クルクルと変わる天気予報を朝方に最終確認して遠征を決行しました。片道3時間の遠征でした。

下は、数撮った中から選んだ稚拙な飛翔、帆翔姿の数々です。

Oogunkandori201809190845

Oogunkandori201809190851

Oogunkandori201809190856

Oogunkandori201809191161

Oogunkandori201809191183

Oogunkandori201809191186

Oogunkandori201809191192

Oogunkandori201809191762

Oogunkandori201809191765

Oogunkandori201809191785

Oogunkandori201809191851

Oogunkandori201809191852

Oogunkandori201809191859

Oogunkandori201809191875

Oogunkandori201809191876

以上、青空を舞うオオグンカンドリの飛翔、帆翔の姿でした。

(撮影日:2018.09.19)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月28日 (金)

九十九里の大軍艦鳥 ④ 餌の横取り

今日の野鳥もオオグンカンドリです。

漁港の中には十数羽のウミネコの群が居て、係留してある漁船の周りで餌さ捕りに余念がありません。

偶にウミネコが餌を捕食すると、それを横取りしようとオオグンカンドリが突っ込みます。 オオグンカンドリの本来の採餌方法です。

Oogunkandori201809191779

上空から何か見つけたようで、

Oogunkandori201809191797

港内目掛けて急降下。

Oogunkandori201809191819

餌を咥えたウミネコの若鳥を見付けたようです。

Oogunkandori201809191820

Oogunkandori201809191825

Oogunkandori201809191826

港内を執拗に追い掛け回しますが、

Oogunkandori201809191832

係留してある漁船の間に入られて餌の横取りは失敗に終わったようでした。

最近、台風の後に突然遣って来た、見たこともない泥棒の様な2羽のオオグンカンドリには、ウミネコ達も困っている事でしょうね。happy01

(撮影日:2018.09.19)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月27日 (木)

九十九里の大軍艦鳥 ③ 採餌再び

今日の野鳥もオオグンカンドリです。

無事を確認出来て一安心したオオグンカンドリでしたが、またまた漁港の同じ一角で採餌を始めました。

Oogunkandori201809191843

餌を目掛けて降りて来ましたが、まったく同じコースです。

Oogunkandori201809191844

この子はもう一方の個体ですね。

Oogunkandori201809191845

Oogunkandori201809191846

上手く咥えましたが、今度は幸い、釣り糸は絡んでいないようです。

Oogunkandori201809191847

釣り人の前を通過しながら咥え直しました。 偶々、釣れていない時で良かったというものでしょう。

再発は時間の問題の様な気がしますが、杞憂でしょうか? 何か再発防止策は?

(撮影日:2018.09.19)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月26日 (水)

九十九里の大軍艦鳥 ② 編隊飛行

昨日のオオグンカンドリの続きです。

Oogunkandori201809190952

放鳥後に、2羽連れ立って、塒にしていると聞いていたアンテナに止まりました。

右側が被災した個体です。

Oogunkandori201809190974

背に顔を埋めて動きません。心配していましたが、爆音を響かせて上空を飛んだヘリに驚いて飛立ちました。

その後は、2羽絡みの編隊飛行伴翔という言葉を使いたいのですが無いのですよね。伴走があるぐらいだから伴翔の造語も可でしょうかね。?)を見せてくれ、一安心致しました。

以下、編隊飛行の写真ですが、

Oogunkandori201809191307

Oogunkandori201809191331

右(前)の被災した個体の様子を伺う様にもう1羽が寄り添い、

Oogunkandori201809191414

Oogunkandori201809191523

時には、それに答えるかの様に、

Oogunkandori201809191525

仲良く並んで飛翔していました。

下は、時折見せる絡み合いのシーンです。

Oogunkandori201809191545

Oogunkandori201809191546s

Oogunkandori201809191613s

腹部の白斑の一部が翼に食い込み、下腹部が茶色、そして、翼の上面の雨覆の白色が濃い方が、釣り糸が絡んで被災した個体ですが、飛翔には何の問題も無いようで安心しました。

(撮影日:2018.09.19)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月25日 (火)

九十九里の大軍艦鳥 ① 事故

今日の野鳥はオオグンカンドリです。

今夏、釣針の付いた糸が絡んで保護の後に放鳥されて話題を呼んだ東京湾のオオグンカンドリでしたが、聞くところによるとその後落鳥したとか。

そんな悲しい話を聞く前に、今度は、九十九里の漁港に2羽のオオグンカンドリの幼鳥が入っているとの嬉しいニュースが飛び込んできました。

青空バックの飛翔姿を是非にと、晴天の日並みを探す内に野暮用も重なり行けず仕舞い。 「○○と秋の空」とは良く言ったもので、天気予報もコロコロと変わって・・・・・

10日も経過した9月19日の水曜日、当日朝の外房の天気予報を確認して決行しましたが、いつもの首都高の渋滞に遭遇し、到着したのは11時過ぎでした。

肝心のオオグンカンドリですが、朝方飛立って丁度漁港に帰って来たところでした。

港内が見渡せる順光側に陣取って、オオグンカンドリの姿を追いました。

Oogunkandori201809190901

餌を見付けたのか、埠頭の岸壁に沿って水面に突っ込みます。

Oogunkandori201809190904

Oogunkandori201809190906

Oogunkandori201809190908

Oogunkandori201809190910

Oogunkandori201809190911

見事に小魚を捕食しました。

捕食のパターンが解ったので、立ち位置を変えようと移動したその瞬間、

Oogunkandori201809190924

目の前でオオグンカンドリがホバっている!

Oogunkandori201809190926

Oogunkandori201809190930

Oogunkandori201809190931

逆さまになって、

Oogunkandori201809190934

ドスン!と音を立てて埠頭のコンクリートの上に落下しました。

咄嗟のことで何が起こったのか分かりませんでしたが、どうも釣り人が釣った魚を捕食したようで、黄色いテグスが全身に絡んで落ちたようでした。

駆け寄って状態を診ると、既に魚は吐き出し、大きな嘴で噛み付く動作をするほどで、大丈夫な様子。 しかし、釣り糸は体に十字に絡み、釣り餌のゴカイが付いたもう一本の釣り針が左翼の翼角の辺りに食い込んでいる。

こんな時はモタモタして居れません。側のCMの方に嘴を押さえていただき、かえしの付いた釣り針を慎重に外し、絡んだ糸を歯で切って体から引き抜きました。これが羽を痛めない最良の方法です。

他に外傷は無かった様で、すぐさま放していただき、元気に飛んで行きました。

平日でしたが、漁港の中には10人ぐらいの釣り人、オオグンカンドリの採餌スタイルからしてこの様な事故は何時起きても不思議ではないですね。

フレーム一杯に入った写真を視ると、

Oogunkandoriaccident

① 口にナス型オモリが見えます。落とし込み釣りの釣果を捕食したようです。 ② 釣り餌のゴカイが付いたもう一本の釣り針。 ③ 釣り糸が見えます。

オオグンカンドリに触ることが出来た!」という「鳥助けのご褒美」を戴いて、その後は2羽のオオグンカンドリの撮影を楽しみました。

オオグンカンドリは好きな海鳥です。滅多に無いチャンスに、1,000回を越えるシャッターを押しました。 やっと写真の整理が終わり、これ以降、「編隊飛行」、「採餌再び」、「餌の横取り」、「飛翔姿」、「羽繕い」と、分割しての投稿を予定しております。

今回の「事故」につきましては、初回につき長文となりましたことお詫び致します。

(撮影日:2018.09.19)

尚、その後の2羽の元気な様子をブログや鳥友からの情報で知り安心しております。

**********************************************************************

長くなった序でに、

Harvestfullmoon201809242209

昨夜の中秋の名月です。 (2018.09.24 23:20’)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年9月24日 (月)

雨の調整池のシギチ達

先日、シマアジの御出座しを待つ間に様子を見に行った近くの調整池でしたが、休耕田の水抜きと稲刈りの開始に伴い、シギチ達が入って来ていました。

Kochidori201809201911

雨の中で採餌するコチドリ。 5、6羽の群がそっくり休耕田から引越して来たようでした。

Aoashishigi201809201923

Aoashishigi201809201927

2羽のアオアシシギ。 お宅は何処の休耕田から?happy01

Kusashigi201809201943

1羽で居たクサシギ

Tashigi201809201934_2

草陰から出て来たタシギ

「急に何で皆ここへ来たんだぁーッ?ここは俺様の縄張りだそ!」とでも言いたそうな顔をしていました。bleah

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月23日 (日)

最後の休耕田のコチドリ

今日の野鳥は、水抜き前の最後の休耕田に居たコチドリです。

Kochidori201809180733

水嵩が減った休耕田に数羽のコチドリが居ました。

Kochidori201809180723

晩夏にはもう冬羽に換羽するそうですが、黄色いアイリングも薄く小さくなるのですね。

Kochidori201809180761

この子は幼鳥のようです。

Kochidori201809180719

下は、羽ばたきのストレッチ。

Kochidori201809180735

Kochidori201809180738

Kochidori201809180739

可愛いものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月22日 (土)

最後の休耕田のトウネン達

4日ほど前になりますが、エリマキシギの居た、水の少なくなった休耕田には、3羽のトウネンの姿がありました。

Tounen201809180823

Tounen201809180811

泥田で採餌をするトウネン

Tounen201809180756

咥えた餌はユスリカの幼虫の赤虫のようです。

Tounen201809180728

Tounen201809180705

Tounen201809180629

Tounen201809180640

憩うトウネン達ですが、3羽の中にヨーロッパトウネンヨロネン)が1羽混じっているとか。

Tounen201809180726

左の個体がヨロネンかな?

Youroppatounen201809180827

トウネンよりも小さく、嘴、足が長い。

Youroppatounen201809180829

初列風切が尾羽の先端から突出し、幼鳥の背中にはV字の白帯があり、やや前傾姿勢で採餌する傾向にある。 というトウネンとのほんの少しの違いを無理矢理採用して、上の2枚の写真の背の黒っぽい個体をヨーロッパトウネンと致します。

Tounen201809180758_2

コチドリの隣でストレッチをするこの個体は?

次の日にはこの休耕田の水も完全に抜かれて干上がっていたそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月21日 (金)

鴨の季節の到来

此処の所、大分気温も下がり、鴨鍋の季節が遣って来たというのではありません。coldsweats01

冬の使者のカモ類の飛来が方々で報告される季節となり、近くの公園の池にシマアジ(刺身の魚ではありません。coldsweats01 )が遣って来ているとのネット情報を得て、小雨の中、出掛けてみました。

Shimaaji201809201968

池にその姿はなく、近くの遊水地を下見中の10時前、来られていた鳥友さんから、「葦原の中から今出て来たよ。」との連絡を貰い引き返すと、コガモ達の中に灰色の雨覆が見えるエクリプス羽の雄のシマアジが出ていました。

Shimaaji201809202004

Shimaaji201809202035

小さな池を泳ぎまわるシマアジ

Shimaaji201809202050

Shimaaji201809202065

同じ個体ですが、左面側の雨覆は隠れて見えません。

Shimaaji201809202093

これは遅れて葦原から出て来たもう1羽のシマアジ

Shimaaji201809202130

シマアジの2羽並びですが、番の様です。ちなみに、向かって右がエクリプス羽の雄で左が雌です。

聞くところによると、数日前に入ったそうで、4羽が確認出来たそうでした。

下は、10日ほど前に湿生公園の湧水池に1羽で居たコガモです。

シマアジとの比較に。

Kogamo201809120497

Kogamo201809120501

Kogamo201809120507

今年はどんな珍しいカモ達が遣って来てくれるのでしょうかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月20日 (木)

近くの休耕田のセイタカシギ

今日の野鳥はセイタカシギです。

掛川の花鳥園で、数十羽のクロエリセイタカシギを見て帰ったばかりでしたが、近くの休耕田に久し振りにセイタカシギが寄っていました。

Seitakashigi201809180516

雌鳥でしょうか?幼鳥でしょうか?

Seitakashigi201809180521

Seitakashigi201809180523

休耕田に一羽だけ、というのも良いですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月19日 (水)

近くの休耕田のエリマキシギ

農政の変更でめっきり少なくなった休耕田ですが、それでも、ちらほらシギチが入って来ました。

情報は差し上げたり貰ったりしていましたが、サンデー毎日のこの身も結構忙しく、ブログが大穴状態 coldsweats02 でも、なかなか鳥撮りには出掛けられませんでした。

昨日、午前中の歯科検診の前に、車で十数分の近くにある休耕田に行ってみると、情報を貰っていたアカエリヒレアシシギアカアシシギは既に抜けていましたが、エリマキシギや数羽のトウネンが水位の下がった休耕田に何とか残ってくれていました。

Erimakishigi201809180591

干上がった休耕田を走り回るエリマキシギ。幼鳥でしょうか。

Erimakishigi201809180643

Erimakishigi201809180651

Erimakishigi201809180652

Erimakishigi201809180675

Erimakishigi201809180682

Erimakishigi201809180696

僅かに残った水面で採餌する姿を追いました。

余り警戒心が無く、5~6mほどの至近に来て、いきなりストレッチを始めました。

Erimakishigi201809180768

Erimakishigi201809180773

側に居たコチドリに向けていたレンズでは画角一杯。 羽ばたきでもしていればフレームアウトでした。

Erimakishigi201809180778

これは引き続き見せてくれたエンジェルポーズです。

間も無く周辺の田圃では稲刈りが始まります。 来年も来てくれるかな?!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月18日 (火)

掛川花鳥園のハシビロコウ

今日の鳥は、掛川花鳥園の飼い鳥、ハシビロコウです。

姪っ子の結婚式からの帰途、静岡は掛川の「掛川花鳥園」に寄ることにしていました。目的は、2年前に公開された「動かない鳥」と言われるハシビロコウの「ふたば」を観ることでした。

Hashibirokou201809166366

園内の奥の「ハシビロコウの森」に怪鳥・ハシビロコウが居ました。まさに怪鳥です。

給餌の時以外は「じっと『動かない鳥』」だと思っていたのでしたが、事前情報によると、飛立って狭いケージの中を飛翔することもあるとか。

先ずは、英名の「Shoebill 」 (靴の様な嘴)の由来となった嘴と頭部です。

Hashibirokou201809166382

Hashibirokou201809166433

名前「ふたば」の命名の由来である2枚の冠羽が見えるショットです。happy01

Hashibirokou201809166438

まさに「Shoebill 」。オランダの木靴です。

飛立ちはしませんでしたが、羽繕いの羽ばたきをしてくれました。

以下、連続写真で、

Hashibirokou201809166386

Hashibirokou201809166387

Hashibirokou201809166388

Hashibirokou201809166392

Hashibirokou201809166394

左、右、左、右と交互に、変わった羽ばたきでした。

Hashibirokou201809166420

飼育舎の中とは言え、足輪がされていなかったのは嬉しかったですね。

ハシビロコウの説明は割愛しますが、ネット検索で面白い飼育下でのエピソードも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月17日 (月)

木曽川の鵜飼

久し振りの投稿です。coldsweats01

この3連休の初日、姪っ子の結婚式に招待され、岐阜まで行って来ました。

式場近くの愛知県は犬山市のホテルを予約してくれていて、何んと、木曽川の鵜飼まで付いた豪華コース。心配は雨でしたが、ホテルのフロントに確認すると決行とのこと。鳥好きに限らず同伴の家内も夜が楽しみのようでした。

午後に訪れた犬山城の眼下の木曽川で行われる鵜飼。6年前に長良川で堪能した鵜飼以来です。

Inuyamaukai201809146075

城下のホテル前から屋形船で出て行き、暗闇の木曽川を遡ること約40分。しびれを切らしたころに鵜飼舟が出て来ました。

Inuyamaukai201809146096

雨の中の撮影に、今回フラッシュは使えません。ISO感度を上げての撮影です。

Inuyamaukai201809146113

Inuyamaukai201809146183

なかなか上手くは撮れません。

名鉄犬山線の電車が走る犬山鉄橋の下を下ります。

Inuyamaukai201809146167

鵜匠に獲物を吐き出されるウミウ)。

Inuyamaukai201809146212

鵜飼最後の3艘による追い込み。

Inuyamaukai201809146225

ライトアップされた国宝犬山城と鵜飼舟。小雨の中、ライトアップも強過ぎて、好い写真にはなりませんでしたが、右下に鵜達も写し込めました。

Inuyamaukai201809146231

最後に鵜匠による鵜飼の説明があり、

Inuyamaukai201809146243

獲物を吐き出させる実演を持って鵜飼は終了です。

下は、屋形船の出船後に木曽川の川中から撮ったライトアップされた国宝犬山城

Inuyamajyou201809145983

と、

Inuyamajyou201809145935

Inuyamajyou201809145965

昼間の犬山城。ここも海外からの観光客が多かった。

お城見物の後は、旧城下町を再開発した瀟洒な小店が並ぶ町筋を散歩して宿に帰り、夕刻6時過ぎの鵜飼の開始を待ちました。

ここ木曽川の鵜飼(犬山鵜飼とも)は昼間も行われる唯一の鵜飼だそうです。

久々の鵜飼を楽しませてくれた姪っ子新夫婦に感謝です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 8日 (土)

翡翠公園の蜻蛉(続き)

今日は、翡翠公園トンボ蜻蛉)の続きです。

公園の池の周りには、私の好きなギンヤンマ(田舎ではカトリトンボとも呼んでいました。)の姿もありました。

Ginyanma201809060280

接合した状態で産卵をするギンヤンマ

Ginyanma201809060299

これは飛びものです。happy01

岡山の田舎の実家は、昔商家だったこともあり、夏は、店の前から裏の水田まで吹曝し。店の間と座敷、縁側、井戸端を遮るものは簾一枚ぐらい。 ゴザ枕で昼寝をしていると、オニヤンマギンヤンマが頭上を通過して行くことも・・・・・coldsweats01

そんなギンヤンマでしたが、オスの下腹の青色が何んとも言えず綺麗で、子供の頃から大好きなトンボでした。

Ginyanma201809060358

Ginyanma201809060455

このカラフルな雌雄の姿を見て下さい。綺麗でしょう?

Ginyanma201809060466

草刈で飛んだ池中の草の葉に産卵するギンヤンマの雌雄

観察するとも無く観ていると、ギンヤンマの産卵は雌雄接合したまま。シオカラトンボの産卵は接合状態を解いた後にメスが単独で産卵するということが分かりました。

何か、ファーブルになったような嬉しい気持ちで、ハスカワが撮れなかった蜻蛉公園を後にしました。

帰路に寄った近くの湿生公園で、

Kawasemi201809060491

そうです。カワセミです。

木道から、スイレンの葉の周りの小魚を狙っていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 7日 (金)

翡翠公園の蜻蛉

台風一過の晴れ間を狙って、昨日は、近くのMFを廻ってみました。

が、この時期、何処も鳥枯れの様相で、タマシギポイントに4、5名の談笑するCMの姿を確認しただけでした。

残りのハスカワセミでもと思い、少し遠出をして県央の翡翠公園に。 

Hasu201809060151

Hasu201809060152

残りハスはあったのですが、草刈の手が入っていて、カワセミの姿は何処にも無し。

Hasu201809060157

とりあえず(鳥会えず)、残りハスを撮って、小一時間ほど居て帰ろうとすると・・・、

Syoujyoutonbo201809060170

真っ赤なトンボ(蜻蛉)が目に付きました。

Syoujyoutonbo201809060178

ショウジョウトンボ♂です。カワセミならぬアカショウビンといったところでしょうか?

周りを観るとトンボだらけ。

アキアカネシオカラトンボギンヤンマ・・・

せっかく来たのだからと、野鳥写真(愛好)家は俄昆虫写真家に急変身。

Shiokaratonbo201809060224

懐かしいシオカラトンボ♂。

Shiokaratonbo201809060373

木止まりの姿もhappy01

Shiokaratonbo201809060394

Shiokaratonbo201809060410

昔、よく追っ掛けた合体したシオカラトンボの姿も

Shiokaratonbo201809060485_2

これは、あまり人気の無かった、ムギワラトンボシオカラトンボの♀)です。

鳥枯れの時期、トンボの掲載となりましたこと、ご容赦を!

(続く)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年9月 2日 (日)

休耕田に居たのは

めっきり数が少なくなった休耕田でしたが、

Aoashishigi201808290110

探していると、道路脇に、全面に水を張った一枚の休耕田がありました。そして、2羽のシギの姿が確認出来ました。

アオアシシギタカブシギの様です。

Aoashishigi201808290088

Aoashishigi201808290092

Takabushigi201808290081

ガードレール脇にしゃがみ込んで接近を待ちましたが、集まってくるのは同業のCM達(笑)。「鳥を探すよりCMを探せ!」ですね。 あっという間に車が5、6台。

休耕田も少なく、鳥も少ないのですから仕方ありませんね。?

顔見知りに挨拶をしていると・・・ 水面にシギ達の姿は無く、

Aoashishigi201808290135

Aoashishigi201808290137

曇天を飛んで去って行く姿が・・・

帰路に寄った稲田の畦道には、

Chuudaisagi201808290052

イナゴバッタを狙う亜種チュウダイサギの姿がありました。

後でモニターで確認して分かったことですが、チュウダイサギの足元にタシギの姿が・・・。偶にこんなこともあったりして。coldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 1日 (土)

休耕田に居たムナグロ

残暑の続く先月の末、雨模様の一日を利用して、休耕田を廻ってみました。

情報を貰っていたタマシギポイントには、現在抱卵中とかで、タマシギの姿は見えませんでしたが、

Munaguro201808290045l

冬羽に換羽中の数羽のムナグロが居ました。

Munaguro201808290040

まだ少し黒い夏羽の残る個体も

Munaguro201808299975

Munaguro201808299980

Munaguro201808299983

Munaguro201808299985

Munaguro201808290049

ムナグロの群が飛立ったあとに

Takabushigi201808290050

一羽のタカブシギの姿がありました。

それにしても、年々少なくなってきた休耕田。今年は去年の半分位でしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »