« 舳倉島の鳥(ササゴイ) | トップページ | 舳倉島の鳥(シギ・チドリ類②) »

2018年6月23日 (土)

舳倉島の鳥(シギ・チドリ類①)

今日の舳倉島の野鳥は、シギ・チドリ類①と題して、サルハマシギキョウジョシギです。

島の西の海岸では、渡り途中のシギチが観られます。

打ち上げられたホンダワラの中の虫を捕食しているシギチの姿がありました。

Saruhamashigi201805147816_2

夏羽に換羽中のサルハマシギでした。

Saruhamashigi201805147826

Saruhamashigi201805147883

背の羽色がなんとも言えず綺麗でした。

其処に、もう一羽のシギチが現れて、仲良く採餌を始めました。

Saruhamashigi201805147838

Kyoujyoshigi201805147861

これまた綺麗な夏羽をしたキョウジョシギの雄鳥でした。

赤茶色のホンダワラの中では保護色となる羽色でしたが、並んで採餌する綺麗な夏羽の2ショットを撮らせて貰いました。

Saruhamashigi201805147912

Saruhamashigi201805147915

Saruhamashigi201805147932

|

« 舳倉島の鳥(ササゴイ) | トップページ | 舳倉島の鳥(シギ・チドリ類②) »

キョウジョシギ」カテゴリの記事

サルハマシギ」カテゴリの記事

舳倉島」カテゴリの記事

コメント

サルハマシギですか。本当に嘴が長いですネ❗
言われて解ります‼
よくこれだけ写せました。

投稿: hiroyuki | 2018年6月23日 (土) 17時39分

hiroyukiさん
コメントありがとうございます。
サル(=猿子=赤)と言うことで、赤いハマシギですが。
完全夏羽の個体はもっと赤くて綺麗ですね。
明日から宮古島に行って来ます。
梅雨も明けたそうで、貴兄の行かれる7月の小笠原同様に暑いでしょうね?!

投稿: 瑞鳥庵の住人 | 2018年6月23日 (土) 18時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/555434/66820002

この記事へのトラックバック一覧です: 舳倉島の鳥(シギ・チドリ類①):

« 舳倉島の鳥(ササゴイ) | トップページ | 舳倉島の鳥(シギ・チドリ類②) »